Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432
(税込)
ポイント : 4pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[藤田和日郎]の双亡亭壊すべし(3) (少年サンデーコミックス)
Kindle App Ad

双亡亭壊すべし(3) (少年サンデーコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 双亡亭壊すべし(少年サンデーコミックス)の4の第3巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463 ¥ 36

紙の本の長さ: 177ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

総理が懸けた莫大な報奨金の元に開始された「双亡亭破壊作戦」。
奇怪な屋敷に立ち向かう“破壊者達”は、
不自然に飾られた自らの肖像画に取り込まれる。
彼らを待ち受けていたのは、耐えがたい絶望の世界…
恐怖に呑まれた者達が次々と己を失ってゆく中、
凧葉と紅の運命は…!?
震撼のスペクタクル・モダン・ホラー、第三巻!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 59545 KB
  • 出版社: 小学館 (2017/1/18)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01NBY9XDT
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 GOGO37 投稿日 2017/2/4
形式: Kindle版 Amazonで購入
 何が誰がどうして?そんな物語り、当方こんな感じ好きです。
人物像も深く、藤田先生最高。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みちん 投稿日 2017/5/3
形式: コミック
肖像画の中にとりこまれる人々。なんか過去のトラウマ見せてくるみたいね。
手強いな。
タコハかっこいいね。この作者のキャラらしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
普通に近年のマンガの中では充分に面白いです。

近年の漫画にありがちな「早めにネタを出しておかないと打ち切られる」という危機感を感じない
ある程度安定感のあるマンガ。
しかし独特の危うさやら熱さ、魅力的な主人公群と敵など、
藤田節というにはまだまだこれからと言った感じ。

明らかに長編を意識したつくりなので
ここはひとつ楽しみにしながら読みましょう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 1009 投稿日 2017/1/22
形式: コミック
家は、ただの入り口だった。
ダンジョンと呼ぶには、あまりにも不条理で非常識で無慈悲な空間。
心弱き者は、死ぬ。
それが、当たり前の世界。
如何に強烈なキャラクターであっても、心優しい人であっても、
双亡亭のルールは絶対。

…ホントに、こんなものを誰が何のために作った(?)のか。
そういう謎が、全く解明されないまま、奥へ奥へと進まざるを得ない緊張感。
壊さなければ、解決しない。
ただ、壊さなければならない理由が分からない。
第3巻では、いくつかのキーワード、キーパーソンが登場しますが、
それはそのまま、当然のように第4巻以降に引き継がれます。

家、という密閉空間の中で、無限に展開される絶望空間。
前進=真相へたどり着く保障にならないという恐怖。
何とも不思議な世界です。
おすゝめ!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover