中古品
¥ 800
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

友情 単行本 – 2005/4/27

5つ星のうち 4.2 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 800
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

北辺の地に生い立ち、行動面での八九三の世界に入った友と、思想面での八九三の端くれとなった私。二人の交友が四十五年にも及んだ秋、友は憤怒と絶望の余り、自ら命を裁つ。誇りと共に、厖大な手記を私に託して…。BC級戦争犯罪の廉で処刑された朝鮮人の父と、家族のため苦界に身を沈めた母との間に生れ、半日本人奴と呼ばれた男。私が出会った数多くの人物の中でも最も感動に値する男。その友と私が、愁い顔の騎士よろしく刃むかい通して生きた「時代」―敗戦期からバブルの破裂以後に至るまで―を思い出し感じとり、深々と考えぬく自伝的長篇評論。

内容(「MARC」データベースより)

君が自分の友を誇りに思えるように-。そう言い残して自裁した男との交友を軸に、二人が刃むかい通して生きた敗戦から現在に至る「時代」を深々と考えぬく、自伝的長篇評論。


登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/4/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103675047
  • ISBN-13: 978-4103675044
  • 発売日: 2005/4/27
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 440,965位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 sirou55 トップ1000レビュアー 投稿日 2006/8/19
形式: 単行本
著者が65歳になって自分の死期を察する、もしくは死期の眼をもって自分を眺めるようになったとき、中学時代からの友人から送られてきた膨大な量の原稿用紙に13年ぶりに立ち向かう気力が生まれた。著者は友人とあの時代、あの時代の札幌や北海道を語ることによって自らの過去を振り返り、自分と友人との交友が何であったのかを明らかにしようとする。

中学二年のときに知り合った彼とは空腹仲間であったのだが、道内最上位の名門高校に揃って進学すると同じクラスに彼もいた。二人は一年間不思議なくらい勉強して、その1年が終わる頃には高校3年分を粗方終えていたほどであった。高校二年になっても二人は同じクラスだったが、彼は空腹に耐えて勉強する気力を失って次第に荒廃していき、ついには退学する。著者も妹を交通事故に遭わせてしまった出来事をきっかけに自閉した高校生活を送る。

彼はやくざの世界にまい進し、著者は学生運動で名を馳せたが、その後彼はヒロポン中毒と暴力沙汰の連続の生活から刑務所暮らしを、著者は東大教授を辞めて評論家の道を選択する。最後に彼はやくざの面子を貫き通して、任侠に反することなしには生きられぬとなれば死んでみせることしかないと自死の道を選んだ。著者は本の最後に彼に成り代わって手記を完成させる。

著者は彼のことを自分が会ってきた厖大な数の人々のうち
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
初めて読んだ西部氏の著作。TVでの彼の姿をこそ知らなかった私が、何故、彼の著作を読んだかといえば、新聞書評にあった「ヤクザと学者の・・・」という奇妙な取り合わせの一行と、TVでの西部氏のイメージとのギャップからだった。西部氏の著作名に共通してみられる、ある種、紋切り型のタイトルの典型でもある「友情」にも興味を持ったのが発端という気軽な動機とは裏腹に、一気呵成に読了した。
極貧からヤクザになり、遂には自殺でその一生を終える友と大学教授となって生き永らえる彼との友情を辿る物語である。学者である西部氏の著作だからといって、なにも評論や思想本として読む必要も無く、どちらかと言えば、私には小説のように思われた。
勿論、彼一流の考え方や人生の処し方は、随所に盛り込まれている。しかし、どうもそんな部分は「友情」にたいする照れのようなものであり、むしろヤクザである親友とのかけがえのない歴史を語るための音楽であるかのように、私には思えた。
この著作が実話であろうがフィクションであろうが、私にはいっこうに構わない。ただ、書かれたものがそこにあるだけ、というのがすべての著作に与えられた、この上ない自由と前提であるとすれば、私は上質で、深く心に浸透してくる「友情の顛末」と「時代」との軋みを読んだという読後感に満たされ、なにか、とてもよく出来た小説を読み終えたのだ。
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/7/6
形式: 単行本
読み終えるまでに落涙数回。
「センチメンタルジャーニー」に次いで著者の本は2冊目。ヤクザとして自殺した友への一冊分量の弔辞、ともいえるこの本を読み終えて、西部邁の思想の最良の部分が、要は、おとこぎ(侠気)へのこだわりにあるのだ、と思わせられた。
著者の他の理論書は読んでないが、その長く考えてきたことが思想としてホンモノであることを、ゴミのように生き、死んだ一友人に捧げたこの一冊が証明している、のではないか。虚飾ない洞察がちりばめられたまっとうな人間論である。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
すらりと読み通せる本ではなかった。

「朝生」での彼は、やや鼻に抜けたかん高い声で、左派陣営を

口当たりなめらかにこき下ろすのに。

ごく真面目に誠実にこの本を書いたのだろうなぁ、と思わせる

一冊。誠意が伝わってきて、よいと思う。

保守主義者と在日朝鮮人。

水と油である。かく言う評者は「れっきとした」在日

三世であり、西部氏とは意見を異にすることが多い。

が、人間へのまなざしと愛という一点については、正直評者は

氏に頭が上がらない。かくも醜き人間、かくも愚かな人間、

けれどもかくも愛すべき人間。

氏はこのような人間を、氏の隣で青年期を過ごし、やがて「周縁」

の地である「北」(今日び槍玉にあがる、かの国ではない)の

裏社会(ヤクザな世界)に足を踏み入れた在日朝鮮人と、クスリに

手を出して悶々としていた自分自身を通して描き出す。

つたない文章でつづった、在日の彼の自伝の一部が、本書に収録

されている。それは、文章テクニクからすると読むに堪えない
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー