¥ 799
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
友だち幻想 (ちくまプリマー新書) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

友だち幻想 (ちくまプリマー新書) 新書 – 2008/3/6

5つ星のうち 4.3 54件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 799
¥ 799 ¥ 901

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 友だち幻想 (ちくまプリマー新書)
  • +
  • 究極の男磨き道 ナンパ
  • +
  • 「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書
総額: ¥4,039
ポイントの合計: 69pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon.co.jp限定】君たちはどう生きるか(Special Note付き)
作中でおじさんからコペル君に宛てられたノートをモチーフにした、特製「コペル君ノート」の付録付き。ギフトにもおすすめ。 ⇒詳しくはこちら

商品の説明

内容紹介

「みんな仲良く」という重圧に苦しんでいる人へ。

人付き合いのルールを知り少しの作法を身に付けるだけで、複雑な人間関係の中で必要以上に傷つかず、しなやかに生きられるようになる処方箋のような本!
友だちは何よりも大切。でも、なぜこんなに友だちとの関係で傷つき、悩むのだろう。人と人との距離感覚をみがいて、上手に“つながり"を築けるようになろう。
「みんな仲良く」という理念、「私を丸ごと受け入れてくれる人がきっといる」という幻想の中に真の親しさは得られない! 人間関係を根本から見直す、実用的社会学の新定番書。
これでもう、「みんな仲良く」のプレッシャーとはさようなら。


【反響の声、ぞくぞく! 】
まずは目次を見てほしい。
友だち、人との付き合い方のすべてが書かれています。
この本に書かれているのは、生きていくために大切なことのすべてです。
人間関係とは何か。どうすればいいか。
カンタンで深い答えがここにあります。
齋藤孝さん(明治大学教授)

わたしは、人付き合いが苦手。
でも「他者と共存することはできる」とこの本は教えてくれました。
多くの人が独りでいたいし、皆といたい……
そんな矛盾の原因と対処法を教えてくれる本です。
壇蜜さん(タレント)

近いと大変で遠いとさびしい他人との「間合い」のとり方。
共感という幻想から自由になる方法。
刊行から10年の「現代の古典」には、生きる上で大切な「心の智慧」が詰まっている。
茂木健一郎さん(脳科学者)

かつて同調圧力に服する共同体的な作法は、生存戦略と結びついたリアリズムであった。
だがシステムが生存戦略を用済みにした今、意外にも若者の同調圧力は強くなるばかり。作法を知らずに多様性が不安なのが背景だ。
本書は不安を超えるべく新たな作法を示す。
これを読めばあなたの人生は変わるはずだ。
宮台真司さん(社会学者)

お互いを縛る、窮屈な友だち関係になっていませんか?
自分たちの「関係」を見つめなおす視点を、菅野さんは鮮やかに提示してくれます。
西研さん(哲学者)

菅野さん、こんな素晴らしい本を残してくれて、本当にありがとうございました。
この本は、これからもずっと、多くの若者の心に届き続けるに違いありません。
苫野一徳さん(哲学者/教育学者)

「既読スルー」「即レス」といった言葉が関係性を操る言葉として浸透してしまったように、人間関係という幻想にわざわざ輪郭を与え、わざわざ傷ついている。
10年前の本が、今改めて読まれているのは、「幻想」の強要が、いよいよしんどくなってきたからなのだろうか。
武田砂鉄さん(ライター) 朝日新聞「売れてる本」2018年5月19日付

友だちの多い子を理想化してしまいがちな大人たちにも読まれるべき本だと思う。
朝比奈あすかさん(作家) 読売新聞「ひらづみ! 」2018年6月4日付

近しい関係こそ大切だと思っているから、十分気をつかっていたつもりなのに、うまくいかないのはなぜだろう。この本を読んで、その理由がわかった。
(読者)

冷静なまなざしは残しつつ、こんな風に自分の身の上話を交えながら読者に優しく語りかけてくれる社会学者に初めて出会った。
読みながら心の底のモヤモヤが晴れていく。「人づき合いは苦手だ。でも、一歩踏み出してみよう」そんな勇気が湧いてくる1冊に出会えた。
(読者)


【目次】
第1章 人は一人では生きられない?
第2章 幸せも苦しみも他者がもたらす
第3章 共同性の幻想―なぜ「友だち」のことで悩みは尽きないのか
第4章 「ルール関係」と「フィーリング共有関係」
第5章 熱心さゆえの教育幻想
第6章 家族との関係と、大人になること
第7章 「傷つきやすい私」と友だち幻想
第8章 言葉によって自分を作り変える

出版社からのコメント

本書は、もともとは2008年に社会学を専門とする著者が人間関係で初めてつまずきを感じる多感な年頃の中・高校生に向けて書いたものです。
他者との距離感についてもう少し敏感になることで、もっと豊かな関係を築くことができると説いています。
今では学生だけでなく、老若問わず深く共感する声が多数寄せられています。と同時に、初学者向けに社会学を紹介するテキストとしても定評があり、
中学から大学の課題図書や入試問題文としても繰り返し使われています。

【各メディアでぞくぞく紹介!】
日本テレビ「世界一受けたい授業」で又吉直樹さん紹介 2018.4.14OA
朝日新聞「売れてる本」で武田砂鉄さん評掲載 2018.5.19付
読売新聞夕刊「ひらづみ! 」で朝比奈あすかさん評掲載 2018.6.4付
産経新聞「話題の本」で紹介 2018.6.9付
週刊文春「ベストセラー解剖」 2018.6.14号
婦人公論「Bestseller ――ベストセラー散歩」 2018.6.26号で鵜飼哲夫さん評掲載

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 156ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2008/3/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480687807
  • ISBN-13: 978-4480687807
  • 発売日: 2008/3/6
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 54件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 100位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2018年5月30日
形式: 新書|Amazonで購入
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年5月20日
形式: 新書|Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年6月10日
形式: 新書|Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年6月12日
形式: 新書|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年6月13日
形式: 新書|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年6月15日
形式: 新書|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年6月16日
形式: Kindle版|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年9月6日
形式: Kindle版|Amazonで購入
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告

最近のカスタマーレビュー