通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
友だちリクエストの返事が来ない午後 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

友だちリクエストの返事が来ない午後 単行本 – 2015/4/28

5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/4/28
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 231

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 友だちリクエストの返事が来ない午後
  • +
  • 超・反知性主義入門
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

友だちの友だちは他人!
人と人とがいともたやすくつながってしまう、
そんな世の中で、はたして友だちとは何だろう?
友だちがいるって本当はウソなんじゃないのか。
この永遠のテーマを天才コラムニストが考えに考えました。

真の友をもてないのはまったく惨めな孤独である。友人が無ければ世界は荒野に過ぎない。by フランシス=ベーコン
自分の住んでいる荒野をお花畑だと思い込むことができる人間だけが真の友を持つとができる。by 小田嶋隆

【目次】
第1章 友だちリクエストの不可思議
第2章 幼年期の王国とギャング・エイジ
第3章 夢の中の自分としての友だち
第4章 ヤンキーとの遭遇と別離
第5章 女の友情のうらやましさ
第6章 ヤクザという生き方
第7章 友情と愚行
第8章 グラスの底に友情はあるのか
第9章 コストとベネフィットとセックスレスと退廃
第10章 異邦人であることの有利さについて
第11章 コミュ力という魔法の杖
第12章 真の仲間を持たない仲間たちの論争
第13章 出発できないジモティーのためのロードサイド
第14章 友だちが死ぬことについて
第15章 友情製造装置としての新入社員研修
第16章 友だちのいない子供が勉強家になるメカニズムについて
第17章 人気者という専制君主
第18章 恋愛至上主義から友情原理主義への転換と装飾から草食への変化について
第19章 ミソまみれの日常
第20章 チームスピリットという監獄
第21章 一人一人が一人である素晴らしい家族の話
第22章 空気を読むな本を読め、ヨメの顔色読んだら負けぞ
第23章 敵を発明する能力
第24章 友だちはナマモノだよ

内容(「BOOK」データベースより)

人と人とがたやすくつながってしまう時代、はたして友だちとは何だろうか?永遠のテーマを名コラムニストが徹底的に考え抜きました!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 252ページ
  • 出版社: 太田出版 (2015/4/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 477831445X
  • ISBN-13: 978-4778314453
  • 発売日: 2015/4/28
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 114,284位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 北見 投稿日 2015/5/4
なぜか知らないが著者のことは嫌いだった。たぶん『噂の真相』のころに癪に障ることを書いていたのではないか。
はじめて著者の本を読んだところ、とても面白い。腑に落ちることをいうし、話題が飛んだのも気づかせないくらい文章の運びがうまい。しかも社会学者あたりが難しく書こうと思えばいくらでも難しく書きそうなネタをやさしく書いている。この筆力には感心した。
そもそもなぜ買ったかというと、幼稚園児の友達というのは外に出たときの臨時の遊び相手にすぎないとか、酒の席はなぜ盛り上がっているように見えるのかとか、パラパラみたときに「あーそうそう」と思うことが書いてあったから。つまり切り口も冴えている。
タイトルはよくない。『〜の午後』なんて凡庸狙いだ。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kogonil VINE メンバー 投稿日 2015/4/30
Amazonで購入
小田嶋隆さんの友情論です。
子供が社会化されていくプロセスや、年齢に応じた関係の持ち方、見えないところで進んでいる社会的
分断など、友達付き合いをキーとして、社会と、その社会の中での個人のあり方のさまざまを点描した
優れた世相エッセイとなっています。

著者ご本人は、「自分がアカデミックなことを書いてもしょうがない」的なことも書かれていますが、たとえば
編集者なりの第三者が、社会化や逸脱などのトピックに応じた文献注をつけていけば、社会化や教育
社会学、社会心理学の、たいへんに読みやすい入門書になるのではないでしょうか?
誰かやってくれないかな。

また、章の合間に著名どころのエピグラフが挿入されていますが、そのエピグラフに対する著者のコメント
(?ツッコミ?パロディ?)が秀逸で、いつの日か、小田嶋版『悪魔の辞典』の刊行を期待したいところ
です。

論じられている内容も多岐にわたりながら、ときに重く、読者に、思考だけではなく、自分のあり方、
来し方、行く末までも、「覚悟」を迫るようなものとなっており、その一方で読みやすく、わかりやすいこと
は驚嘆します。

最後に、一般論として論じながら、いずれ友情とか恋愛
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
40歳が近くなってきた今日この頃「最近友達ができなくなったなぁ」と思っていました。年賀状を出すのは毎年同じ人ばかり。疎遠になる人もいて、友達は増えるどころか減少傾向です。人生豊かにするにはもっと積極的に人と付き合うべきかも、と自問することもありましたが、どうやら年齢とともに友達が減るのは自然なことのようです。なぜなら「友達」とか「仲間」は基本的に子供のためのものだから。「つまり自分は順調に年を重ねているわけだな」と勝手に納得したのでした。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 一緒に酒席を催した友達が、「終電だから」と席を立とうしたら、「何だ、もう帰るのかよ」「学生時代の友は、いつまでも放埓でいてもらいたい」と書いていた小田嶋隆さんがねえ。
 断酒は、ここまで人を変貌させてしまうものなのか。
 『我が心はICにあらず』からのファンとしては、優等生的になってしまったと言うか、おとなしくなったと言うか。
 一読、昔、四畳半でせこせこ爆弾作っていた大先輩が(作ってはいないだろうが)、何時の間にか、警察官になってしまったような、そんな気分に陥ってしまった。

 テーマを「友達」に絞った本。
 えーっ!
 昔の小田嶋さんなら、有り得ないが、やっぱ、編集の役割を心得ている編集者もいらっしゃるのだな。
 ミクシー、ツイッターやフェイスブックなどSNSの出現で、「友達」、「仲間」の定義を根本から見直さざるを得なくなり、小田嶋さんは、パソコン黎明期から、自分で全く理解していない「取り説」を書いていた、テクニカル・ライターという名刺の肩書きで、一儲けした人だ。
 編集者の頭の中には、それが、引っ掛かりとしてあったのだと臆測する。
 そして、それは、素晴らしく的確だったと思う。
 小田嶋さんが、それまで留まっていたところからの明瞭な「抜け」、嫌な言葉だが「成熟」を看
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
高校生の息子にプレゼントしようと買いましたが、おもしろくて自分で読んでしまった。大人になると「友達」が居なくなりますが、その理由には思い当たるところがありますね。息子は友達を求めているが現在はネットワークでのバーチャル交際ばかり。この本を手にする頃には大人になっているのでしょう。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー