通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」 単行本(ソフトカバー) – 2012/4/6

5つ星のうち 4.4 31件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」
  • +
  • 采配
  • +
  • コーチング―言葉と信念の魔術
総額: ¥4,752
ポイントの合計: 143pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



フィギュアスケートLife Vol.9
羽生結弦 限界への挑戦ほか、「ユーリ!!! on ICE」特集も >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

名将・落合監督の右腕、懐刀として8年間、ドラゴンズのコーチを務めた、人望ある参謀が、落合監督の素顔から、若手の育て方、強い組織の作り方を、8年間のドラゴンズでのエピソードを例に、余すところなく書いた。
なぜドラゴンズは強かったのか? ジャイアンツを苦しめた選手起用の妙。
徹底した情報管理の秘策。落合采配はどこがすごいのか?
落合監督も、「またユニフォームを着られるなら、必ずシゲを呼ぶ」と、断言、本書の内容に太鼓判

内容(「BOOK」データベースより)

上司が頼り、部下がついてきた。その人望でしぶといチームができあがった。名将の右腕が明かした落合監督との8年間。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 226ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/4/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062175983
  • ISBN-13: 978-4062175982
  • 発売日: 2012/4/6
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 176,306位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 落合監督のもと、8年間右腕としてドラゴンズ黄金時代を築いた、森繁和・前ヘッドの著書。落合監督の「采配」と比較してみると、やはり、プロをどう育て、どう使うかという視点がこちらのほうが濃い感じだ。現役選手を引退してから一度もユニフォームを脱いだことがないというだけあって、現場を見てきた場数の多さが語る内容は、野球をしていない人にとってもうなずける点はたくさんある。

 私がもっとも共感したのは最後のほうのページにある、「潰れない選手、伸びる選手に絶対必要不可欠な要素、それは孤独の時間をきちんと過ごせるかどうか、ということである」という内容である。孤独な時間の中で、自分について考え、野球について考える。私はこの箇所を読んで、あぁ、これが生まれ変わったあの8年間のドラゴンズの強さだったのだ、と思った。落合政権1年目のキャンプで、練習メニューが白紙なのをテレビで見て、正直言って、「選手はどうやって、時間を埋めるんだろうか」と興味深かった。「考えるとはどういうことか」ということと、「野球って集団スポーツと言っても、やっぱり一人の個が強くなければ勝てないんだ」とも思い、大変考えさせられた。この「孤独の時間をきちんと過ごす」の一説は早速持ち歩く手帳に写した。ポツンとしていることではなく、孤独の時間をいかに過ごすか。大変大切なテーマだと思う。

 それにして
...続きを読む ›
コメント 121人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本文に何度も落合博満前監督と著書「采配」のことが出てくるので
采配と比較しながら書かせてもらいますね。
失礼な言い方かも知れませんが,「采配は買わないけど参謀は買う」という方は少ないと思いますので・・・

まず初めに断りを入れておきます。私は落合博満前監督と森前コーチを大好きなので,贔屓(ひいき)目が入るレビューになると思いますので,購入するかどうかのご判断はご自身でお願いします。

8年間のドラゴンズの投手に関する采配を「全て」任されていた森前コーチの著書です。
例の山井完全試合降板を決めたことから始まって,ドミニカでの行動も書かれています。

組織運営について書かれている采配に比べると,参謀はドラゴンズについて(特に投手陣)が主体で書かれています。
過去の思い出を基軸に書かれているように思います。

「落合さんはこんな良いことをしてくれたよ」という裏話がいくつか書かれていておもしろかったです。
...続きを読む ›
コメント 96人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
冒頭、投手だけの飲み会である「投手会」に呼ばれる森の回想から始まる。選手の飲み会には出席を遠慮しながら、「いいなあ」とつぶやき軍資金をポンと渡す落合。森は選手に「必ず監督にお礼言えよ」と告げ、礼を言う選手。
無駄な根性主義や管理はそこにはなく、日本人特有の信頼関係と「風通しをよくして、ストレスを溜めないためにはどうすればいいか」という合理性だけがある。

昭和時代の鉄拳制裁(精神的なものを含む)による管理や、欧米型の行き過ぎた成果主義や個人主義、あるいは新興国に見られる拝金主義でもない、合理的な組織管理の姿がここにある。それは21世紀に生きるわれわれが持たなければならない、日本独自のスタイルによるしなやかさとしたたかさと言える。そしてその姿は、ほれぼれとするほどかっこいいのである。
私はこのやり方だったら、日本は世界に勝てると思った。

采配が鼻もちならなかった落合アンチにこそ、読んで欲しい一冊。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
落合さんの『采配』がとてもよかった。
『采配』のレビューを見ると、本書もセットで読むと良いとすすめられていた。
で、読んでみた。わたしも本書を熱心なプロ野球ファンの方々におすすめします。

『采配』は野球という専門にとどまらぬ普遍性に感嘆しましたが、
本書は野球、それも落合野球中心の記述です。落合野球の内側を覗きみたいという人は必読の一冊でしょう。
『采配』に比べゴシップ的にも楽しめます。

ただ、その視点はあまり分析的なものではありません。
技術論・戦術論的な記述は少ないので、それを期待する人は肩すかしかもしれません。
強いていえば戦略論・組織論的な視点で書かれていますが、それとて‘論’というほどのものではない。

ざっくり言って落合野球見聞録です。
自分がなにを見、なにに感心し、なにを学んだのか。
森さんは落合さんへのリスペクトとともに素直にそれを記している。

一方で、おれのことなんか書いたってしょうがねえだろ、全体からそんな匂いが漂ってきます。
そういうスタンスからして明らかですが、本書の魅力は内容のおもしろさだけにあるのではなく、
森氏の謙虚さと男気が底流にあります。こりゃ選手、ついていくよなっ
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー