Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,400
ポイント : 700pt (50%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[山本弘]の去年はいい年になるだろう
Kindle App Ad

去年はいい年になるだろう Kindle版

5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,400
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 17

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

内容紹介

米国同時多発テロも、あの大地震も、犠牲者はゼロ!?
2001年9月11日、24世紀から「ガーディアン」と名乗るアンドロイドたちがやってきた。
圧倒的な技術力を備えた彼らは、世界中の軍事基地を瞬く間に制圧し、歴史を変えていく。
しかし彼らの目的は、人類の征服ではなく、「人を不幸から守ること」だった――。
ガーディアンのもたらした情報によって、本来の歴史で起こった自然災害、テロ、戦争、大事故などが防げるようになった一方、
未来の自分からのメッセージに翻弄され、人生が大きく変わってしまう人も多くいた……。
主人公は、45歳のSF作家。10歳年下の妻と5歳の娘とともに幸せに暮らしていたが、
事件翌日、美少女アンドロイド「カイラ211」の訪問を受け、AQ(知り合い)に選ばれたことを知る。
未来の自分からのメッセージと作品データを、カイラから受け取る主人公。それは、彼の人生に大きな波紋を起こしていく。
衝撃と感動の歴史改変小説。

内容(「BOOK」データベースより)

24世紀からやってきた“彼ら”の目的は、「人を不幸から守ること」だった…。米国同時多発テロも、あの大地震も、犠牲者はゼロ。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 778 KB
  • 紙の本の長さ: 446 ページ
  • ページ番号ソース ISBN: 4569776639
  • 出版社: PHP研究所 (2010/4/2)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B0079A7QOM
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 8,416位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
私はミラーザーバンの方を思い出しましたが
まずはお見事。

地球移動作戦のようなすごいアイデアではありませんが、
SFファンらしくきれいにまとめて、さすがは会長!

わざとやっているんでしょうが、
クライマックスの生きている脳には思わず苦笑してしまいます
べたSFへのトリビュートでしょうか?

伏線なしを強調していますが
アレだけ強調されると、ああ、死ぬんだなあ。
と、死亡フラッグですね。

瀬名秀明もそうですが、バーチャルへの愛情が高まると
ますます少子化が進むのでしょうね。

人の悪いSFファンでも、ついつい一気に読んでしまう
展開の素晴らしさはさすがの力量です

まだ4月ですが、今年のベストワンです
2 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ゴリゴリのハード路線のSFではなく、かといってそれらしい設定だけで後は何を描いているの不明といった小説とも違う、バランスのとれた傑作です。
「日常の生活に現れた、未来からの訪問者」この設定にピンときた人には文句なくお勧めです。「私小説」とありますが、SF的展開の見せ場もあり、グイグイとストーリーに引き込んでくれます。
「去年はいい年になるだろう」とは良いタイトルだと思います。
近年のタイムパラドックス物は小川一水さんの「時砂の王」が最高だと思っていましたが、これで双璧になりました。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者の作品を読むのは初めてだが、著者自身が物語の主人公となって、ガーティアンによって歴史が変えられていく様子が丁寧に描かれていて読みやすかった。ボクはSFにはあまり詳しくないのだが、SFに詳しくない人間が読んでも理解できるよう分かりやすく描かれていたと思う。
ガーティアンの活躍による人類の発展の様子、ガーティアンに人権を与えるかべきかの議論、ガーディアンとの性的関係の有無、ガーディアンを信用しない人たちの意見、過去の自分にメッセージを送る仕組みなど、本当によく考えられていたと思う。最後の終わり方はやっぱりこうなるのかという展開だったが、最後まで読み応えがあって楽しめた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルのチープさ、それからAmazon紹介文の魅力のなさから敬遠していたが、レビューは結構良い。
山本弘の本はクセがあるけれど、これまで読んだ数冊で大ハズレというものはなかった。
むしろ新鮮で面白いものが多かった。
よし、ならば本作も、と思って読み始めてみて、最初の十数ページでは退屈さを予感した。
そして、その後すぐに、完全に惹きこまれた。
途中、いろいろと実在する登場人物が登場し、それぞれにちょっとした説明がついた時などは、
同好会で書いている小説じゃないんだから勘弁してくれよ、という気持ちに少しなったけれど、
安田均(大好きなドラゴンランス・シリーズの翻訳者)、小川一水(SF小説家)が出たあたりでは「オーッ」となった。

それはともかく、内容は一流。
SFとはいえ、難解なことなど何もない。
これを読まずにいるのはもの凄く勿体ない。ぜひぜひご一読を。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
アンチ「アイの物語」ともいえる内容!?
歴史改変SFに著者自身の歴史を組み合わせたといった内容

ラスト近くに、無制限にパラレルワールドが増していく可能性を示唆する場面があった
このシーンを読んだ時は背筋がゾクゾクした
それを容認するアンドロイド達の感性に恐怖を感じた

未来の人間社会から生み出されたアンドロイド達
それ故、アンドロイドと現代の人間とは相通じるところもある
むしろ、アンドロイド側が合わせようと努めている

しかし、この場面では根源的なところで互いが異質であることがイッキに噴出した
怖かった

偽善でも、誰かの手助けになるなら、それはそれで良いことだと思っていた
一万人救う為に数名の犠牲がでることは仕方ないとも思っていた

しかし、一兆人を救う為に9千億人を犠牲にすることはどうなのか?
理屈の上では、良いことなのだろうが・・・

ラストシーンは幸せな場面で終わる
しかし、物語自体は必ずしもハッピーエンドでは無かった

後、このラストシーンは完全に著者の趣味では!?と思ってしまった
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover