Facebook Twitter LINE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

原稿の書き方 (講談社現代新書 433) 新書 – 1976/3

5つ星のうち 3.4 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書, 1976/3
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

日本語はゆれている。「わが地所に不可能の文字はない」「献上の美徳あるのみ」と書く学生がいる一方では、「耳ざわりがよい」「乱ペン乱文にて失礼」という表現がまかり通る。現代は、だれもが原稿を書く時代である。しかも原稿が、メモや日記とちがって、他人に見せ、印刷されるものである以上、そこにはルールがあり、よりよい伝達のための工夫がなければならない。本書は、原稿用紙の正しい使い方から文章表現の技術まで、長年の経験に基づくノウハウを公開し、巻末には、現代日本語の標準表記と校正記号一覧を配した現代人のための文章教室。

固有の考えを共通のことばで――慣用句と、情報による発想の画一化に、決まり文句の危うさがある。「疎外」といえば、必ず「歯車」がくる。さらに、「ぎすぎすした」「とげとげしい」「しらけた」という一連の語がつづく。概念的に固定化してしまうと、それだけ自分のものが限定されてしまう。そこから、はみ出ている部分をも包みこむためには、ことばを精密に選ばなければならない。固有の考えを、共通のことばで表現する――それが文章表現の矛盾であり、本質である。――本書より

著者について

1917年、朝鮮に生まれる。1940年、京城大学国文科卒業。広島大学大学院国文研究科修了。国語表現論専攻。関西学院大学・桃山学院大学・梅花短期大学を歴任。著書に、『極限のなかの人間――死の島ニューギニア』(大宅壮一ノンフィクション賞受賞)――筑摩書房、『文章の書き方』――講談社現代新書、『文章表現入門』――創元社――などがある。


登録情報

  • 新書: 218ページ
  • 出版社: 講談社 (1976/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061158333
  • ISBN-13: 978-4061158337
  • 発売日: 1976/03
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 283,295位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?


3件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.4

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件中1 - 3件目のレビューを表示

2013年9月24日
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
殿堂入りNo1レビュアー
2010年4月24日
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年12月13日
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告