ポイント: 15pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 12月10日 金曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日12月 9日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 2022年1月31日まで返品可能です
2021年の年末期間においては、返品・交換の条件に基づき、11月1日から12月31日までに購入された返品可能な商品は、原則として2022年1月31日までに返品することができます。
原発亡国論 -3.11と東京電力と私- がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥347 ): 12月11日 - 13日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: ★ご注文24時間受付中・迅速発送いたします( ^^) _旦~~★商品は使用感が少なく非常にきれいです。商品コンディションや梱包、その他ご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。折り返しご案内申し上げます。※尚、品質には十分に注意しておりますが万が一、不良があった場合は迅速に返金にて対応致しますので、ご評価前にご連絡いただけますようお願い申し上げます。※尚、品質には十分に注意しておりますが万が一、説明外の不良があった場合は迅速に返金にて対応致しますので、ご評価前にご連絡いただけますようお願い申し上げます。創業36年の実績と親切・丁寧・安心の翔竹林書房を今後ともよろしくお願いいたします。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

原発亡国論 -3.11と東京電力と私- 単行本 – 2021/3/3

5つ星のうち4.2 14個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,540
¥1,540 ¥710

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 原発亡国論 -3.11と東京電力と私-
  • +
  • 私が原発を止めた理由
  • +
  • 官僚と国家: 菅義偉「暗黒政権」の正体 (970) (平凡社新書 970)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

出版社からのコメント

事故から10年が経った現在でも、福島第一原子力発電所の事故原因は解明されていません。この事故が津波ではなく地震によるものだった可能性があるからです。事故原因すら解明されていないにもかかわらず、どうして原発を再稼働することができるのでしょうか? 経済効率のために絶対に人類が共存できない核廃棄物を生み続けて良いのでしょうか? これはわたしたちの生存権にかかわる問題です。たんなる理想主義ではなく、具体的/現実的な脱原発の方法を示した、最良の手引書です。

著者について

木村俊雄(きむら・としお) | 1964年秋田県生まれ。元東京電力福島第一原発エンジニア。東電学園高等部を卒業後、東京電力に入社。
福島第一原子力発電所では、原子炉の燃料設計やプラントの運転管理、各種検査などを長きにわたって担当する。
在職中に原発の危険性に気づき、2000年に退職するとともに反原発運動の旗手となる。 2005年1月に発行されたミニコミ誌上にて、福島第一原発が津波の来襲を受けた場合、非常用を含めて全電源を喪失し、メルトダウンを引き起こす可能性に言及していたことで、「福島第一原発事故を予見した唯一の人物」として、国内外のメディアから一躍注目を集める存在となる。
事故後に高知県土佐清水市に移住し、オフグリッド生活を実践しながら、原発再稼働の危険性に警鐘を鳴らし続けている。
著書に『電気がなくても、人は死なない。元東電原子炉設計者が教える愉しい「減電ライフ」』(洋泉社)がある。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 駒草出版 (2021/3/3)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2021/3/3
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 160ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4909646388
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4909646385
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 14個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
14 件のグローバル評価
星5つ
40%
星4つ
36%
星3つ
23%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年3月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年3月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年3月24日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 この時代だからこそ、いろんな人に読んでもらいたい!
ユーザー名: Amazon カスタマー、日付: 2021年3月24日
Covid-19、コロナ過より
ますます、生きにくい世の中
になってきたように感るこの時代。

子供たちにも読んでもらいたい書
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する