中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 紙面の状態は良好です。中古につき多少のキズ、使用感はご容赦下さい。発送は迅速に致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

原発のウソ (扶桑社新書) 新書 – 2011/6/1

5つ星のうち 4.7 194件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 761 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

危険性を訴え続けて40年
“不屈の研究者”が警告する原発の恐怖

“安全な被曝量”は存在しない! 原発を止めても電力は足りる!
いま最も信頼されている原子力研究者の、3.11事故後初の著書

著者の小出裕章氏は、かつて原子力に夢を持って研究者となることを志した。
しかし、原子力を学ぶうちにその危険性を知り、考え方を180度変えることになる。
それ以降40年間、原子力礼賛の世の中で“異端”の扱いを受けながらもその危険性を訴え続けてきた。
そんな小出氏が恐れていたことが現実となったのが、2011年3月11日に起きた福島第一原発事故だった。
原発は今後どうなる?
放射能から身を守るにはどうすればいい?
どのくらいの「被曝」ならば安全?
原発を止めて電力は足りるの?
など、原子力に関するさまざまな疑問に“いま最も信頼されている研究者”がわかりやすく答える。

内容(「BOOK」データベースより)

“安全な被曝量”は存在しない!原発を全部止めても電力は足りる、福島第一は今後どうなるのか?危険性を訴えて続けて40年“不屈の研究者”が警告する原発の恐怖。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 182ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2011/6/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594064205
  • ISBN-13: 978-4594064204
  • 発売日: 2011/6/1
  • 商品パッケージの寸法: 17.3 x 10.9 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 194件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 171,316位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
著者の生涯を賭けた名著」である。「核物質は人間の手には負えない。放射能の被害には安全な閾値はない。廃棄物の飛散・拡散は防げない。人体に入った放射性物質の被害は長期・甚大。核廃棄物の捨て場はない。隔離は 30万年を要するが、人間にはその様な歴史はない。地震国では無理。原発は直ちに廃止すべき。原発に安全などない、福島を見よ。原発推進者は福島原発の事故で何を学んだか。」などの提言は心を打たれる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
日本中の皆さんに一読してほしい
最初から最後まで「原発」の恐ろしさに驚きです
一つの例 「安全な被爆は存在しない」として
 「被爆」とは私たちの体を作っている遺伝子情報を傷つけること
 少しの被爆では少しの遺伝子情報が傷つくだけで「ただちに健康に影響を及ぼす量ではありません」と政府マスコミが報道している通り、なるほど 「”ただちに影響はない」 というのは確かでしょうが、
 恐ろしいのは10年、20年、30年、50年後、少し傷ついたDNAが細胞分裂で増やされていき徐々に影響が出てくるということ
 広島、長崎の被爆者がそれを教えてくれている、
「人体に影響のない程度の被爆」と言うのは”完全なウソ”と書かれています、どんなにわずかな被爆でも放射線がDNAを含めた分子結合を切断・破壊するという現象は起こる と言っています
更にアメリカ科学アカデミーの委員会BEIRでは 「被爆のリスクは低線量にいたるまで直線的に存在し続け、シキイ値はない」
このような原発の驚き、と怖さがが182ページにわたって紹介されています 私は原発の知識がまったくありませんが素人にもわかりやすく説明されています、もしこれら書いていることにウソ、誇張、歪曲があれば この本の内容に対しての反論をしていただきたいのものです
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 学部時代、著者に論文を頂いたことがあり、何だか親近感がありました。
 原発問題では武田教授の著書を読んでいたせいか、知っていることがあるものが多いということで星は4。
 以下、関心があった点をピックアップしてみます。

【癌で死ぬ確立】
-年間1ミリシーベルト:1万人に1人 (日本の法律)
-年間20ミリシーベルト:500人に1人  (政府の決めた暫定基準値)

【日本の原子力計画】 
原発ではウランを燃やした後に大量のプルトニウムが廃棄物として生まれる。
⇒プルトニウムは核兵器に転用できるので、国際的にみてマズイことに。
 どうにかしてプルトニウムを処分しないといけない。
⇒廃棄物をリサイクルして再利用する計画を立案。
①「もんじゅ」(高速増殖炉):燃えないウランをプルトニウムに変換する。
 (1980年代前半に実用化を目指すが、現在の計画では2050年までに変更)
 ・・・試運転時936回警報が鳴り、32箇所の不具合が発見される。
   「燃料交換炉内中継装置」が落下し、現在も引き上げられていない。
    ⇒ 結果:多々問題発生のため、上手くいっていない。
②プルサーマル計画:ウラン燃焼用の原発
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ごたもん 投稿日 2014/5/6
形式: 新書 Amazonで購入
収束されることない事故。原発の恐ろしさを再確認し、内部被ばくを防ぐためにも
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
原発事故後、間もなく出された本です。原発の危険性を正確なデータ分析で、誠実に解説しておられます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
多くの読者が評しておられるように、原発についてのわかりやすく的確な情報を得るのには最適な教科書と言えよう。
 原発にかかわる総合的な「ウソ」と「欺瞞」、「非合理性」が穏やかな文体ながらしっかりと伝わってくる。福島第一原発の事故後原発の恐ろしさを初めて認識した人々の多くは、同時にこれまで妄信してきたテレビ、大手メディアの頼りなさを感じ始めた。「直ちに健康に影響はない」「大丈夫です」を連発する東大教授達。本当にそうなのか?と素朴な疑問がわく中で、何故か他の学者や研究者と声色においても分析にしても異なった波長、だが確実にこちらの方が信頼できそうだ、そう感じさせる小出氏からの発信にようやく人々は気づいた。
 今日では多くの人の知る所となったが、本書の冒頭にもある通り「40年間一貫して」専門家の立場から原発に反対・警鐘を鳴らしてきたのが小出氏だ。何事にも「反対」するのには勇気もエネルギーもいる。日常の些細なことですら近年は意義が唱えにくい社会になっているきらいすらある。研究者として40年原発に反対を続けるということは「40年間個として国と闘ってきた」事を意味し、それは今日小出氏の穏やかな人柄・語り口から想像もしえないほどの困難の連続だったに違いない。闘争の歴史である!
 小出氏は専門家として「原発に反対する」だけではなく根本に「不正や差別は許せない」という鍛え抜
...続きを読む ›
コメント 303人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー