通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
数量:1
原発のない世界へ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: (B)少スレ、少ヨレがある場合がございますが、きれいな状態です。コンディション中古「非常に良い」ですので若干の使用感はありますが外観上、綺麗なものを販売しております。但し、カバー・天地小口に、薄汚れ、薄ヤケ(中ページ含む)があるもの、中ページ(カバー折り返しを含む)に数ページ角折れが有る物も含まれますので、ご承知下さい。(カバーの折れが有る場合は、別途記載致します)※新品同様の品質ではありません。出品後、OPP袋に入れ品質が変わらない様に大切に保管しています。●記載ない限りCD・DVD・解答集・付録・外函等は付属致しません。※毎日発送ですが、発送できない場合もございますので、ご了承下さいませ。到着日の指定はできません。※OPP袋に入れ、水濡れ対策をし、丁寧に発送させて頂きます。※併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

原発のない世界へ 単行本 – 2011/9/7

5つ星のうち 3.6 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 原発のない世界へ
  • +
  • 知りたくないけれど、知っておかねばならない 原発の真実
総額: ¥2,108
ポイントの合計: 20pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

いま最も信頼される、反原発を貫く原子力専門家が、今後の原発の危険性、今後取るべき原発廃絶の道筋、放射能下での暮らし方などを伝える。対談=鎌仲ひとみ。

出版社からのコメント

反原発という生き方−−。 小出さんの生き様が、これまでの本の中で、もっともよくあらわれている一冊です。 小出さんはいいます。 「自分で考えて、一人ひとりが判断してくださいと、それだけをずっと言い続けてます」。 さて、あなたはどう生きるのか? そんな問いかけが詰まっています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2011/9/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480860738
  • ISBN-13: 978-4480860736
  • 発売日: 2011/9/7
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 677,833位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
本書とほぼ同時に発売された、小出裕章が答える原発と放射能と同様、楽観的な内容は全く含まれていない。
冒頭、ドキュメンタリー映画監督の鎌仲ひとみ氏との対談では、Q&A形式ではなく、小出助教のより生々しい気持が伝わる。
「(福島原発事故が)夢であってほしいと思った」という言葉に、その気持が端的に表れている。

とにかく、世界はもう変わってしまった。福島第一原発から拡散した放射性物質は世界中に及んでいて、
地球上で被曝から逃れることができる場所は、最早、存在しない、という覚悟を決めなければならない。
知りたく無いが知らなければならないことが、強調されている。

それは辛いが、はっきり認識すべきことなのだ、という現実が分かる。
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
3・11以降、日本は変わった。それは日本全国が今に至るまで、放射能で汚染され続けているというだけでなく、日本人の意識が、明確に分けられていったという点でも、分岐点となるものだった。

反原発に傾くもの、金のために原発を推し進めるもの、核武装のために原発を容認するもの、日本を見捨てる人、あいかわらず無関心に日々を送っている人達。

言うまでも無く、小出氏は、反原発であり、基準としては最も厳しい、「しきい値無し直線仮説」をとっており、本書でもそれを説明している。閾値は本来ないのに、容認できるレベルを識者が勝手に決めてしまっているのが現状だという。

政府が施策を行う場合、何らかの基準を設けなければいけない。だからレベルを決めるのは致し方ないにしても、我々一人一人は、「閾値は本来ない」というのを、常に意識しているべきだろう。

本書によると、年間20mシーベルトは、125人に一人が死亡、子供は30人に一人が死亡するレベルだという。それを、許しがたいとするか、あるいは、国体を維持するためにはやむを得ないとするかは、人それぞれである。しかし、弱いものかから、被曝により先に死んでいくという、事実を見るとき、「やむを得ない」という言葉は、どうしても吐けない。

「みんなで渡れば恐くない」という時代
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
小出が、研究費を削られながら「反原発」を貫いていることには
敬意を表すべきだろう。しかし、その彼とて、原発一基も止めら
れなかった。

放射線が粒子が細かく水に溶けているという説明は戦慄を覚える、
汚染がいかに深刻かよく分かる。ひまわりや菜の花の話など、気
の遠くなる話だ。

1964年、東京オリンピックとともに、コンクリートの建物が
都市を変貌させた。地震列島の日本にとっては、ここから悲劇が
はじまったのかもしれない。

もんじゅも六カ所も事故に溢れている。
どう考えても、結局、原発を全て止めることが経済的にも費用対
効果が成立するようだ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
小出氏の過去の著作や講演の内容を載せるということに価値はあると思う。
しかし、何のために載せるのかという価値判断なく“そのまま”詰め込んだ感じの本。
3.11前の社会が前提となっている内容なので、現在の状況に合わせた補足や、読ませる工夫が必要だったのでは?
事故後半年たった時点で出す内容ではないと思います。編集者の力量がまったく感じられない。
小出氏のほかの著作が売れているからといって、お手軽出版してしまったのでは?という印象を受けました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック