この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

原発に「ふるさと」を奪われて~福島県飯舘村・酪農家の叫び (日本語) 単行本 – 2012/3/5

5つ星のうち4.2 6個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥6,980 ¥2,166

本2冊以上で3%ポイント還元

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


5日間のBig Sale 11/27[金] 9:00 - 12/1[火] 23:59
第1弾 ブラックフライデー 開催中
今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

子どもや孫を被曝させた苦しみ、家族同然の牛との別れ、酪農仲間の自死。除染したって村にはもう戻れない―。放射能事故の被害者にしか語れない、3・11後の壮絶な葛藤、人間ドラマ。

著者について

長谷川 健一 (はせがわ けんいち) プロフィール
福島県飯舘村の酪農家。同村出身の58歳。飯舘村前田地区区長、福島県酪農業協同組合理事。東京電力福島第一原発事故による高濃度の放射能汚染により、その全域が「計画的避難区域」に指定された飯舘村。住民が避難し、人のいなくなった村の見回りを、長谷川氏は今も続けている。原発事故発生後に購入したビデオカメラで、村で起こった悲劇や現実を克明に記録。その後、全国各地で自らの体験を語り始めた。本書は、原発事故の被災者自らが綴った貴重なルポルタージュ( 現地報告)である。

登録情報

  • 発売日 : 2012/3/5
  • 単行本 : 220ページ
  • ISBN-10 : 4796688757
  • ISBN-13 : 978-4796688758
  • 出版社 : 宝島社 (2012/3/5)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 6個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
6 件のグローバル評価
星5つ
49%
星4つ
21%
星3つ
30%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2012年3月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
53人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年3月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
38人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年5月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
殿堂入り
2012年2月23日に日本でレビュー済み
49人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告