中古品
¥ 500
中古品: 良い | 詳細
発売元 BOOK大阪
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆多少の傷、折り目、書き込み、日焼け等見られますが通読には問題ない状態です。 ◆Amazon専用在庫のため、各種支払い対応・倉庫より迅速発送されます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

原点回帰オーディオセッティング再入門 ~アナログからオーディオPCまで、あなたの常識は通用しない?~ 単行本(ソフトカバー) – 2007/6/6

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 34,579 ¥ 145
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

アマチュアオーディオにおける使いこなしに焦点を当て,アマチュアオーディオを総合的に分析・解説する書籍.アマチュア自作オーディオもデジタル化が進ん だ現代ではデジタル機器(PCをCDトラポに見立てて自作)も無視できないものとなってきました.本書積ではアナログ・デジタルといった両面からア マチュアオーディオのあり方を解説します.

著者からのコメント

1956年に日本オーディオ協会から「アマチュアオーディオハンド
ブック」が発行され、半世紀が経ちました。1950年代後半の日本はまだまだ高度
経済成長が始まったばかりで、ラジオを始め、オーディオをやりたくても自作
オーディオが幅を利かせていました。その為、1956年に発行された「アマチュア
オーディオハンドブック」は、アマチュア自作オーディオを強く意識したものに
なっています。オーム社の雑誌記事が元になっていることもあり、メーカーの技
術者が仲間であるアマチュア自作オーディオを応援すると言う形でまとまってい
ます。
1956年から半世紀経った今、アマチュアオーディオの定義は大きく変わりまし
た。内外の名だたるオーディオメーカーの機器を購入し、どのように使いこなす
のかがアマチュアオーディオの中心課題となっています。
本書はアマチュアオーディオにおける使いこなしに焦点を当て、アマチュアオー
ディオを総合的に分析、解説しようとする試みです。

内容の一部をご紹介すると、

■無意識は極めてアナログ的
■PCをオーディオで使うときに考えておくべきこと
■デジタルオーディオとアナログオーディオを根本から考え直す
■デジタル化とは情報が落ちにくくなるレベルまで、情報を落とすこと
■セッティングと部屋
■Vintage Audioとの付き合い方

など盛りだくさん。
今回は3つのパート構成されていますから、Part 3のオーディオセッティングの
ところからハンドブック的に読んでいただいても構いませんし、Part 1の哲学的
オーディオ論から、一気に頂上を目指す直登コースでお読みいただいてもいいでしょう。

なお、この本には28分のオマケの音声が付いています。
本のカバー紙の後ろにURLが記載されていますが、手違いがあり、間違ったURLに
なっています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 248ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2007/6/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774131288
  • ISBN-13: 978-4774131283
  • 発売日: 2007/6/6
  • 梱包サイズ: 20.8 x 15 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 602,204位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
オーディオを聴く人間の心理面からリスニングルームの広さと再生限界周波数、電源の考察、音源(レコードプレーヤーやCDプレーヤー)、
アンプ、アクセサリーに至るまで、かなり広範囲に渡ってこだわりの考察がされています。技術者らしい真っ当な論理展開で、オーディオに
真剣に取り組もうという方には参考になるでしょう。

ただデジタルオーディオの限界を指摘していながら、冒頭と最後の章をPCによるオーディオに割いているのが気になるところ。
ピュアオーディオを目指す人は飛ばして読みましょう。アナログオーディオについても細かく言及されていますので、レコード愛好家に
とっても指針となる本だと思います。

でもこの本だけでセッティング完成と言うわけには行かないと思います。特にハイエンドオーディオを目指すオーディオファイルには
物足りない内容かなと感じました。

同じ著者による「原点回帰オーディオセッティング&メンテナンス」もあり、こちらは具体例が示されています。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
オーディオを哲学、心理学と結び付けて論じている点、商用規格の変遷を社会学的に語っている点は大変興味深く参考になる。

筆者はコンピュータエンジニアだそうで数字を使って様々な説明をしているが、物理的におかしなことが散見される。
例えば低音再生において、低音は波長が長いためそれに見合った部屋の大きさが必要であるとしていながら、ヘッドホンは大きな空気を動かす必要が無いのでOKだとしている(P.79)。これは自己矛盾している。放射インピーダンスのことを言うべきところだと思うが、好意的に言って説明が足りない。「何事にも例外があって・・・」としているが物理法則に例外はない。
またレコードの溝の幅を0.17μmとか0.25μmとしている(P.127)が、こんなに狭くては紫外線の波長であって目で見えない。せいぜいCDの様に虹のような干渉が見えるだけだろう。ひょっとしたらμmとmmを取り違えているのかもしれないが、こう言う間違いをするということは物理に明るくないのでしょう。無理にこんな議論をするくらいならば専門のデジタルオーディオについてもっと詳しく語って欲しかった。

良いところ悪いところ総合して★★★です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
私は、オーディオマニアというにはほど遠い
しがない若造の“ヘッドホン”専用マニアではあるが、
この本が与えてくれた影響はとてつもなく大きかった。

哲学から始まり、オーディオの歴史、そして現代へ。
実に興味深く、しかしあくまでわかりやすい言葉で
オーディオのあるべき姿を説いた、素晴らしい内容だ。

この書籍を読むオーディオマニアは、
出鼻を挫かれ、自分のシステムを否定された気分になるかもしれない。
読むからには、覚悟が必要かもしれない。

私も、この本から多くの指摘を受け、痛感した。
もちろん、マニアらしく「これが全てではない、俺の流儀もある」
と、斜に構えた気持もなくはないが、
それ以上に、この本から得たものがあまりにも多すぎる。

タブーといえる分野にも果敢に踏み込んだ筆者には大変感謝するとともに、
私自身のオーディオ理論の土台として、
愛用システムの傍らに置き続け、初心忘れたころに何度も読み返すだろう。
最新刊
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告