中古品
¥ 287
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 《送料無料》アマゾンから発送いたします。ヨレ・折れ・日焼け・経年の劣化などはありますが読むのに支障はありません。状態や書き込み等の確認はしておりますが、見落としがある場合が御座います。古本ですので神経質な方はご遠慮ください。本の裏側にアマゾン管理用のシールが貼ってあります。はがしやすいものを使用していますが、破れる恐れがございますので、ご注意ください。付属品・付録などがあれば文中に記載いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

原子力発電で本当に私たちが知りたい120の基礎知識 単行本(ソフトカバー) – 2000/11/18

5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 5,066 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

原発のすべてについて、待ち望まれた初の標準的なテキスト。原発がなくなったらどうなる?地震は大丈夫?廃棄物の処理はどこにどうするのか?今、誰もが知りたい疑問を最新のデータで解説。

内容(「MARC」データベースより)

原発がなくなったら・地震は大丈夫か・廃棄物の処理は? 頻発する地震やJCOの事故が起きている今、誰もが知りたい疑問を最新のデータで解説。原発の基礎知識・120を掲載した初の標準的テキスト。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 344ページ
  • 出版社: 東京書籍 (2000/11/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4487795427
  • ISBN-13: 978-4487795420
  • 発売日: 2000/11/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 412,267位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
共にチェルノブイリ以前から原発問題に取り組むジャーナリストの広瀬隆氏、物理学者である藤田氏による、「原発の全てが分かる本」である。

タイトルにある通り、原発の仕組みや放射線の仕組みなどの基本的なものから、原発に絡むあらゆる話題を取り上げており、これ一冊で原発という事象の全体像を知ることのできる極めて優れた本である。
例えば、
・日本の発電量の約3割を原子力発電が占めることのトリック
・高速増殖炉で本当にプルトニウムを増やせることが夢のエネルギーとしての原発推進の理由だったが、実際には増殖が起こらないことが判明しており、原発の存在意義がすでに失われていること
・プルサーマルの危険性
・再処理の危険性
・使用済み核燃料の処分方法が確立されておらず、仮の保管場所もすでに満杯であること
・膨大な時間とコストを要する「絶望的な」放射性廃棄物処理
・原発の耐震性の嘘
・原発労働者の被曝の実態
などなど、要点を書き出すだけで膨大な分量になるほど中身の濃い、原発の恐ろしさと、嘘で固められた原発推進体制の実態を全て書き出した感のある「原発大辞典」のような書である。

一つ一つの項目がうんざりするほど希望の見えない事実ばかりであり、途中で読むのが嫌になる。しかし我々はこれらの事実をしっかりと認識した上で、エネルギー問題、原発問題に向かっていかなければならないのである。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
福島の原発事故が起こり、この書に書かれた心配事が実際に起こるという本来なら望ましくない形で、この本の正しさが証明されてることになりました。
原発を推し進めてきた立場の人たちは、連日「想定外」という言葉を繰り返して責任逃れをしながら、かつ、未だに本当のことを隠し続けています。

過去のレビューに、この本は原発反対の立場で書いている、というものがありました。それはそのとおりでしょう。
ですが、その方は本当にこの本の中身を読まれたのでしょうか。
ただ、お決まりの「温室効果ガスを出さない」等の子供だましの論理を持ち出しているだけで、何一つこの本の内容の具体的な反論になっていません。
そもそもCO2による温暖化説自体が眉唾ものです。果たしてこの10年ほどで何℃「地球の平均気温」が上がったというのでしょうか。
膨大な熱を発生し、地域の海を毎秒何万トンもの温排水を年中24時間休まず出して加熱し続ける原発、
そして処分場すらない放射性廃棄物を大量に生み出す原発は、本当に環境に優しいのでしょうか。

いろいろな意見があっていいと思います。
ですが、現実に今、起こっている被害と犠牲者のこと、それに対応している人のこと、その対応に要している莫大な費用とエネルギーを考えたとき、
原発を肯
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
当方は全くの素人です。
先にレビューされた方が仰せのとおり、この本で原発に対する基礎知識を得ることは出来ないだろうと思います。
反対することを目的とした本というのも読めばすぐに分かります。
しかし、今回の福島原発での事故を予見するようなことが記述されています。
東電・御用研究者たちは想定外を繰り返していますが、本当にそうだったのでしょうか。
人は立場が違えば、それぞれ考えがありましょうが、
原子力は一度重大事故を起こせば取り返しの付かない事態が起こります。
電力会社・研究者・政治家は本当に真摯に問題に取り組んでいるのでしょうか?
今回の事故とこの本で深く考えさせられました。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
十代の頃にチェルノブイリ事故のニュースを見て衝撃を受け、以来反原発です。
私の住まいの近所にも原発があり、事故がこれまで起きていますが、電力会社がすみやかに情報開示したことはありませんでした。

この本は、約十年程前に書かれたものですが、それまでの原発事故や、被ばく労働者の問題や、なぜフランスは原発をやめないのか、原発を止めた場合の代替エネルギーの事やら、ともかく原発に関わる諸問題を網羅しています。
このお値段で、ここまで資料が豊富で、原発について知る事の出来る書籍は、あまりないと思います。

テレビのニュースは、これほどの事故が起きても、経産省目線の原発推進の姿勢が根っこにあるように感じられます。
特に放射能汚染の危険性については、極力報じないような傾向があるように思われます。
原発について全く素人なままでは、その報道姿勢に引きずられてしまう危険性があるでしょう。

この本とともに、原発が置かれる過程をルポした書籍をも読まれる事をおすすめします。
地元住民の多くが必ずしも自由意思に基づいて原発誘致に賛成した訳では無い事をも、多くの方に知って頂く必要があると思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告