¥ 1,620
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
即戦力がつく英文ライティング がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

即戦力がつく英文ライティング 単行本 – 2013/2/8

5つ星のうち 4.7 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/2/8
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,198

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 即戦力がつく英文ライティング
  • +
  • CD付 即戦力がつくビジネス英会話 改訂増補版: 基本から応用まで
  • +
  • CD付 即戦力がつくビジネス英会話2
総額: ¥6,156
ポイントの合計: 187pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

正式に教わる機会が少ない、センテンスとセンテンスのつなぎ方やパラグラフの構成の方法など、説得力のある長い英文の書き方を懇切丁寧に解説する。

◯第1部 センテンスをととのえる
第1章 センテンスとして通用する条件を満たす
第2章 英語らしいセンテンスを書く:14のカンドコロ
第3章 センテンスどうしをつなげる
第4章 センテンスどうしの論理関係を示す(機能からのアプローチ)
第5章 センテンスどうしの論理関係を示す(実質からのアプローチ)
◯第2部 パラグラフをととのえる
第1章 パラグラフは文章の基本単位
第2章 パラグラフは日本語の「段落」とは違う
第3章 パラグラフはTEELで書く
第4章 パラグラフどうしをつなぐ
◯第3部 長めの/量のあるテキストをととのえる
第1章 目的別の展開パターンに応じて書く
第2章 4大類型はEDNAと覚える

内容(「BOOK」データベースより)

長いひとまとまりの英文を書くときに必要な“構成力”を鍛えます。日本人の英文ライティングの弱点を総点検。英文ライティングの常識を学ぶ。効果的で説得力のある英文パラグラフの作り方を学ぶ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 208ページ
  • 出版社: ディーエイチシー (2013/2/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4887245394
  • ISBN-13: 978-4887245396
  • 発売日: 2013/2/8
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,693位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 本格的に英文ライティングを学ぶ上で、良い本に巡り会うことができた。日本の英語教育では、大学受験レベルでも、せいぜいパラグラフ程度の和文英訳で、最初から英語で文章を書くという訓練がない。つまり、実際に必要に迫られて英語を書かねばならないときのための訓練がおこなわれていない。現実問題として、学生の英語レベルもそれ以前の文法や読解のレベルでも問題があること、英語での作文を教えられる人材が限られていることが理由だろう。そのことを端的に示しているのが、カンマ、コロン、セミコロンなどの用法についてきちんと習っていないことだ。このギャップを埋めるための手始めとして、本書は実践的な好著だと思った。

 ライティングの本としては、デヴィッド・セインの「英語ライティング・ルールブック」も目を通したのだが、こうした作文の「てにをは」とでもいうようなところを、ネイティブは当たり前のこととして体得しているので、頭ごなしに、こうするものだからこうする、という説明にならない説明になりがちである。外国語として英語を学ぶ人間としては、やはり、論理的に理解できる説明が欲しい。フィーリングだけでは自信が持てないし、学習の効率も悪いからだ。その点、本書は、英語を母国語とする人たちが受けている作文教育を知っている日本人が書いているので、読んでいて納得することができる。この点でも、本書を高く評価したい。
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
大学受験用のライティング参考書が陥りやすいのは、「受験英語」という狭い枠組みの中でしか英語をとらえていないがゆえ、説明が恣意的であったり、例示される英文自体が不自然きわまりなかったりする点である。一方、本書はそういう陥穽から自由である。第1部は誰でも知っているであろう初歩的ルールの丁寧な説明で始まり、著者の真骨頂だと思われる第2部と第3部での長めのパラグラフ・ライティングに関する部分にいたるまで、一貫して英語らしい英語を志向していることは、一読すれば明らかである。

個人的には第1部にある「カンマを正しく使う」(77〜85頁)というセクションに唸った。上述したように、第1部で説明されるルールの多くはそれなりに英語を学習してきた者にとってはごく当たり前の事柄なのだが、そのような中に「不可欠の情報の前後にカンマは打たない」という、英文を書く上できわめて重要な原則の1つがいくつかの例をもとに繰り返し説かれている。例えば、主節に続くbecauseなどの従属節の前には基本的にカンマを打たない、ということ。これに関しては、例えば同じ出版社から出ているデイヴィッド・セイン『英語ライティングルールブック 第2版』(2011年)にも、「because / when / if などの接続詞を用いた従属節を文の後半に置く際に、その前にカンマを入れるネイティブもいるが、これは置かない方
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 4649 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/2/9
Amazonで購入
この本はライティングのみならずリーディングにおいても応用できるところが大きいので受験英語から実用英語に舵を切ったならば誰が読んでも有益な本だ。100ページまでは大学受験の学参と重なる部分が多いが学参だと散発的な知識の提示となりがちなところを語句レベルから複文レベルまで積み上げ式で書かれているので学参で得た知識を体系化できるようになるだろう。101ページ以降が日向先生の真骨頂で、センテンス間の論理関係アプローチとパラグラフライティングの書き方が非常に簡潔明快に書かれており素晴らしい。よくパラグラフリーディングなどという言葉を聞くと思うが、書物は誰かが書いて初めて成立するものである以上それはすべてライティング技術を延長したものに過ぎないということがよくわかるはずだ。遠い昔に予備校でディスコースマーカーやドミナントモーションを強調されて教えこまれたものの何で?というタネ明かしはされずに長らくモヤモヤしていたのだが本書で積年のモヤモヤがスッキリと消え去ってとても満足した。折を見ては何度も参照しエキスを完全に吸収しておきたい本だ。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Hiroke 投稿日 2013/9/5
Amazonで購入
英語がロジカルであるとは、どういうことか教えてくれる本
英米人が通常受けてくる教育が何か教えてくれる本
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 大山 真輝 トップ500レビュアー 投稿日 2016/7/6
本書は一般的な英語の参考書と切り口が異なります。
センテンスの書き方から始まり、センテンスのつなぎ方、センテンスどうしの論理関係と続きパラグラフの書き方、最終的には長めのテキストの書き方へと進んでいきます。
米国の小学生、中学生などが学ぶ内容のようです。
英文の組み立て方(書きかた)の基礎を学ぶのに良い本です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック