通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
危険すぎる恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクシ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。カバー、本体に若干の傷み、使用感はありますが、その他は書き込みなどはなく、中古品としては、おおむね問題のない状態です。しおり同封の上、丁寧に梱包してお送りします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

危険すぎる恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション ラ 11-1 ) 文庫 – 2009/2/23

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 895
¥ 895 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 危険すぎる恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション  ラ 11-1 )
  • +
  • 眠れずにいる夜は (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
  • +
  • 悲しみの夜が明けて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
総額: ¥2,787
ポイントの合計: 85pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介


いつか 奇跡のような 夜が生まれる
イブの日に現れた男は、危険な雰囲気をまといながらも、どこか見覚えがあった……
ロマンス界に旋風を巻き起こす リサ・マリー・ライスの新シリーズ!

キャロラインにとってその日は、最愛の弟を失ってはじめて迎えるクリスマスイブだった。外はひどいブリザードで、
経営している書店を訪れる客もない。そこへひとりの男が現われ、部屋を借りたいと申し出る。
くたびれた服を着て無精ヒゲを生やし、危険な雰囲気をまとったジャックをひと目見て心臓が高鳴るキャロライン。
たちまちふたりはその聖夜に結ばれるが、巨額なダイヤモンドの行方を探る何者かに、ジャックは追われていた……
ノンストップのエロティック・ロマンス第一弾!
原題:Dangerous Lover

内容(「BOOK」データベースより)

キャロラインにとってその日は、最愛の弟を失ってはじめて迎えるクリスマスイブだった。外はひどいブリザードで、経営している書店を訪れる客もない。そこへひとりの男が現われ、部屋を借りたいと申し出る。くたびれた服を着て無精ヒゲを生やし、危険な雰囲気をまとったジャックをひと目見て心臓が高鳴るキャロライン。たちまちふたりはその聖夜に結ばれるが、巨額なダイヤモンドの行方を探る何者かに、ジャックは追われていた…ノンストップのエロティック・ロマンス第一弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 438ページ
  • 出版社: 二見書房 (2009/2/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4576090186
  • ISBN-13: 978-4576090184
  • 発売日: 2009/2/23
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 268,076位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
訳者あとがきに賛否両論あるラストだとあった。
それがきっと作者の狙いだったのでは、と思うほど、欲求不満に七転八倒し、妄想で一晩悶々としてしまうほどのラストだった。
あまりにおもしろくて一気に読みすすめ、この作家らしくヒーローのヒロインへのメロメロぶりとベッドシーンのホットさは期待を裏切らず、最後に近づくほど期待感が膨れ上がり、最後にばっさりと牛刀でたたき切られる感覚を味わいました。はっきり言って、読者いじめ?と思うくらいのラストで。
勝手な妄想としては、やはり、ラストの翌日、あるいはその週のうちに、ヒーローは脅したりなだめたりすかしたりして、引きずるようにしてヒロインと結婚してしまうんだろうなぁ。その翌日には本編でヒーローが妄想したように、アルバ島にハネムーン出発とかぁ。その間に、お屋敷を改装してしまって、役立たずのボイラーも付け替えさせて、ハネムーンから帰ってきて、ヒロインびっくりみたいなぁ。で、ハネムーンベイビーでヒロインそっくりの娘にヒーローめろめろとかぁ。ああああ、妄想に眠れなくこと請け合いなラストに、勘弁してくれぇって感じ。そんなラストを味わいたい方、是非読んでみてください。欲求不満をお約束します。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ラスト、そこからもうちょっと描いてほしかったかも…とは感じました。途中のお互いに対する思いや近づく過程が詳しく濃密に描かれているだけにえ〜っ?そんなにあっさり、ばっさり終わっちゃうんだぁ!と思いました。でもリサ・マリーライスらしい笑っちゃうほどのヒーローのヒロインに対する熱い情熱はやっぱり!って感じでよかったと思います。最近、大好きなリンダ・ハワードがなんだかなぁって感じなだけにリサの描く傲慢で精力過多で過保護なヒーローはうん、いいですよ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最高の作品です。
シンクオブミー(オペラ座の怪人の曲)をピアノで弾くシーンや
トビーが勇ましかったと語るシーンなどはロマンス小説なのに
涙無くして読めない。

不幸な育ちのヒーローがヒロインを勝ち取る現代版オペラ座の怪人か。

2人のエピローグが無いのが寂しいが、映画のような劇的なラストを際だたせている。
作者の書いた2人のエピローグを米アマゾンのレビューからコピペします。

Jack and Caroline marry just before Easter, in a quiet civil ceremony, with only a few friends attending.
As a young girl, Caroline had dreamed of her wedding. She wanted a huge, elaborate wedding and spent many delightful afternoons designing a gown. With yards of lace and tulle, a pearl-encrusted bodice and a 12-foot train. Twelve bridesmaids, 250 gue
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告