¥3,240
通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
危機管理&メディア対応 新・ハンドブック (養成講... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

危機管理&メディア対応 新・ハンドブック (養成講座シリーズ) 大型本 – 2018/2/20

5つ星のうち 4.5 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
大型本
¥3,240
¥3,240 ¥3,176

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 危機管理&メディア対応 新・ハンドブック (養成講座シリーズ)
  • +
  • 企業不祥事・危機対応 広報完全マニュアル
総額: ¥7,020
ポイントの合計: 70pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


本はまとめ買いでポイント増量!
2冊を購入はクーポンコード「2BOOKS」、3冊以上は「MATOME」の入力で最大4~10%ポイント還元 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

昨今、世の中を騒がせている企業・団体・自治体の不祥事。
昨年1年間でも多くの企業が謝罪会見を行いました。

情報流通の構造が変化した今、
ツイッターやフェイスブック、ブログの投稿、週刊誌の記事などをきっかけに、
インターネットを通じて広がり、マスコミが取り上げ、一気に増幅・炎上します。
対策を誤れば、あっという間に企業の信頼もブランドも失い、企業存亡の危機に追い込まれてしまうことすらあります。

そうした環境では、これまでの広報部門を中心とした危機管理だけでなく、
経営層のメディア対応はもちろん、若手・中堅社員などのリスク意識の醸成が重要であり、全社を巻き込んだ対策が必要になっています。

本書は、マスメディア×ソーシャルメディアの力がますます強まるこの時代に必要な、最新の危機管理広報とメディアトレーニングについてまとめています。
何か起こる前に対策を練っておくためのテキストにも、
そして緊急時のマニュアルとしても活用できる1冊です。


【目次】

第1部 危機管理広報

第1章 新時代の危機管理広報 ~全社員が「危機管理広報」を身に付ける時代~
01.これが新時代のメディア構造
02.マスメディア×ソーシャルメディアの恐るべき力
03.組織における「リスク」とは?
04.「リスク」と「危機」は違う
05.取り組むべきは「リスク管理」?「危機管理」?
06.全社員で取り組む、新時代の危機管理広報
07.子会社・関連会社を多数もつ企業や官庁の危機管理広報体制

第2章 危機が発生する前に ~事前の備えを強化する~
01.自社のリスクを洗い出してみる
02.危機に強い体制を整える
03.危機管理広報マニュアルを作る
04.マニュアルで見落としがちな「危機を発生させないための取り組み」
05.全社員に徹底! ネット利用の3つの掟

第3章 危機が発生したら1 ~危機発生時にこなすべき14のToDo~
01.ToDo01:危機拡大を防ぐなら、発生時の迅速・的確な伝達がキモ
02.ToDo02:リスク管理室と広報部が最初にやるべきこと
03.ToDo03:ホールディングコメントの用意<広報担当>
04.ToDo04:「ネガティブに報道されるか」どうかを判断する<広報担当>
05.ToDo05:「状況報告書」を作る〈広報担当(リスク管理室)〉
06.ToDo06:「危機管理広報対応方針」をまとめる
07.ToDo07:緊急対策本部の立ち上げ
08.ToDo08:危機管理広報実施計画を作る
09.ToDo09:ホールディングコメントを使ったメディア対応
10.ToDo10:無視する(コメントしない)場合のメディア対応
11.ToDo11:ニュースリリースを作る
12.ToDo12:ニュースリリース発表後の問い合わせと対応
13.ToDo13:キーメッセージを徹底する
14.ToDo14:個別インタビュー「特ダネ」を狙う記者とは上手に付き合うべし

第4章 危機が発生したら2 ~緊急記者会見虎の巻~
01.緊急記者会見とは
02.開催が決定したら<準備>
03.記者会見開催の具体的な準備
04.記者会見の開始

別章 ケーススタディ ~チョコレート異物混入事件~

第2部 メディアトレーニング

第1章 幹部から現場まで、全社員でメディアトレーニングをしよう
01.メディアトレーニングとは何か?
02.メディアトレーニング5つの鉄則
03.鉄則1:マスコミを通して話すことの責任の重大性を意識する
04.鉄則2:話し方は「ニューススタイル」
05.鉄則3:キーメッセージを用意する
06.鉄則4:意地悪な質問にはまともに答えない
07.鉄則5:「直接対応」と「間接対応」を使い分ける

おわりに

巻末:組織の各部署と広報部の危機対応のチェックリスト

内容(「BOOK」データベースより)

企業・団体・自治体のトップや広報担当者約4,500名を対象に、メディアトレーニングと危機管理広報セミナーをおこなってきた著者が、そのすべてを凝縮!

商品の説明をすべて表示する

出版社より


登録情報

  • 大型本: 137ページ
  • 出版社: 株式会社宣伝会議 (2018/2/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883354180
  • ISBN-13: 978-4883354184
  • 発売日: 2018/2/20
  • 梱包サイズ: 25.4 x 18.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,380位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

5件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.5

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

5件中1 - 5件目のレビューを表示

2018年3月20日
形式: 大型本Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年2月11日
形式: 大型本Amazonで購入
2018年3月8日
形式: 大型本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年3月9日
形式: 大型本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月2日
形式: 大型本