通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、横濱屋本店【即日発送】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。
印象派はこうして世界を征服した がカートに入りました
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯付き・カバーにスレ、小キズ、若干日焼けあり【配送:ネコポス(ポスト投函)】◆中古品のため、経年劣化・色褪せ・折れ・汚れ・シール痕・帯無し等がある場合がございます。書き込みについては可能な限りチェックし出品しております。◆コンディションはAmazonマーケットプレイス「コンディションガイドライン」に準拠します。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


印象派はこうして世界を征服した (日本語) 単行本 – 2009/7/1

5つ星のうち4.8 11個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥4,400
¥4,400 ¥1,167
お届け日: 9月22日 - 23日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 印象派はこうして世界を征服した
  • +
  • ならず者たちのギャラリー 誰が「名画」をつくりだしたのか?
  • +
  • サザビーズで朝食を─競売人が明かす美とお金の物語
総額: ¥11,000
ポイントの合計: 93pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

【競売人(オークショニア)が明かす美術史の舞台裏】
 世界中で最も人気のある美術、それが印象派であることはまちがいない。展覧会には行列ができ、美術館は競うように作品を収蔵し、印象派絵画を個人所有している人は<お金持ち>とみなされる。十九世紀の誕生時には人々の嘲笑を浴びたというのに、わずか百数十年の間になぜこれほどダイナミックな変化が生じたのか。その問いに答えるのが本書である。
 主役は、コレクター、批評家、画商、オークション会社の競売人たち。前半は、仏・米・独・英など、国によって異なる印象派受容に焦点があてられ、当時の社会的・政治的状況、他国とのかけひき、国民性の違いを目の当たりにできる。後半では、戦後、印象派絵画高騰の牽引力となった二大オークション会社(サザビーズとクリスティーズ)の奮闘ぶりが赤裸々に明かされる。競売人として富裕なコレクターと身近に接し、その心理をつぶさに観察してきた著者の語り口は、率直であると同時に英国人らしい皮肉なユーモアに満ちて、痛快である。
 絵の値段というわかりやすいバロメーターも含めた<受容の変遷>にふれることで、印象派ファンもアンチ印象派も楽しめる一冊。図版76点掲載。

内容(「BOOK」データベースより)

なぜモネやルノワールは世界中で好まれるのか。なぜ富裕層は印象派絵画を所有するのか。競売人が明かす美術史の舞台裏。

登録情報

  • 発売日 : 2009/7/1
  • 単行本 : 278ページ
  • ISBN-10 : 4560080011
  • ISBN-13 : 978-4560080016
  • 出版社 : 白水社 (2009/7/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.8 11個の評価