この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

占領都市 TOKYO YEAR ZERO II 単行本 – 2012/8/28

5つ星のうち3.0 5個の評価

価格
新品 中古品
単行本, 2012/8/28
¥6,160 ¥1

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1948年1月26日。雪の残る寒い午後。帝国銀行椎名町支店に白衣の男が現われた。男が言葉巧みに行員たちに飲ませたのは猛毒の青酸化合物。12人が死亡、四人が生き残り、銀行からは小切手と現金が消えた。悪名高い“帝銀事件”である。苦悶する犠牲者たちのうめき、犯人の残した唯一の物証を追う刑事のあえぎ、生き残った若い娘の苦悩、毒殺犯と旧陸軍のつながりを知った刑事の絶望、禁じられた研究を行なっていた陸軍七三一部隊の深層を暴こうとするアメリカとソヴィエトそれぞれの調査官を見舞う恐怖、大陸で培養した忌まわしい記憶と狂気を抱えた殺人者。史上最悪の大量殺人事件をめぐる12の語りと12の物語―暗黒小説の鬼才が芥川龍之介の「薮の中」にオマージュを捧げ、己の文学的記憶を総動員して紡ぎ出す、毒と陰謀の黒いタペストリー。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ピース,デイヴィッド
1967年、ヨークシャー生まれ。1999年、『1974ジョーカー』で作家デビューを果たす。2003年、イギリスの文芸誌「Granta」の選出する若手イギリス作家ベスト20の一人に選出される。2004年、『GB84』でジェイムズ・テイト・ブラック記念賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 文藝春秋 (2012/8/28)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2012/8/28
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 383ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4163755705
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4163755700
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.0 5個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
星5つ中の3
5 件のグローバル評価
星5つ
47%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
16%
星1つ
38%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2015年12月31日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年6月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2012年10月15日に日本でレビュー済み
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2012年9月13日に日本でレビュー済み
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年2月12日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告