通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
占領下の新聞《別府からみた戦後ニッポン》 がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯付・初版本(2015/8)。 軽い焼け、カドに軽微なスレ程度はあります。 一通り確認し書込は見つかりませんでしたが、確認ページも多いため見落としている可能性もあります。予めご容赦下さい。 水濡れ防止用ビニールで包装し、封筒もしくはクラフト紙で梱包します(梱包後の厚さが3cm以内(商品実測値が2.5cm以内)に収まる品に関してはプチプチ付き封筒orプチプチ包装+包装紙を使用します)。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

占領下の新聞《別府からみた戦後ニッポン》 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/7/22


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2015/7/22
¥2,310
¥2,310 ¥1,405
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

国破れて新聞あり。GHQの占領下、温泉観光都市・別府で検閲を受けながらも発行された52種類の新聞が、収蔵されていたプランゲ文庫から甦る。その活字の向こうに地方の名もなき人々の声が聞こえる。

著者について

昭和22年、大分県別府市生まれ。九州大学大学院博士課程満期退学(フランス文学専攻)。大学非常勤講師、日本文理大学をへて、現在「大分プランゲ文庫の会」主宰。「プランゲ文庫に見る大分県の活字文化と検閲 地方誌は閉ざされた言語空間に囚われていたか」(『インテリジェンス』20世紀メディア研究所)「大分プランゲ文庫の会」記録集1号~4号

登録情報

  • 発売日 : 2015/7/22
  • 単行本(ソフトカバー) : 230ページ
  • ISBN-10 : 4863291248
  • ISBN-13 : 978-4863291249
  • 出版社 : 弦書房 (2015/7/22)
  • 言語: : 日本語