新品:
¥2,200
ポイント: 22pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 9月28日 火曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
5 時間 29 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
占領は終わっていない: 核・基地・冤罪そして人間 がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

占領は終わっていない: 核・基地・冤罪そして人間 単行本 – 2017/8/2


価格
新品 中古品
単行本, 2017/8/2
¥2,200
¥2,200 ¥450

購入を強化する

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

民主主義をもたらした今の日本国憲法が占領下に起草され発効したという意味で、現代日本の起点は日本の敗戦と連合国軍の占領にあるのだが、それだけではない。本書は、原爆被爆を含む核問題をはじめ米軍基地と安保条約、奄美と沖縄、在日コリアン、それに占領軍と冤罪など、様々な論争が続けられている現代の課題について、「占領下」と、それに連なる出来事を切り口に、再検討する。

著者について

ジャーナリスト。専修大学社会科学研究所客員研究員。
1960年、鳥取市生まれ。九州大学法学部卒。
元NHK記者。九州大学大学院、法政大学、大妻女子大で「平和学」、「地方分権論」等の非常勤講師を歴任。
著書に『被爆者が語り始めるまで』、『奇跡の人びと』(共に新潮文庫)、『「被爆二世」を生きる』(中公新書ラクレ)、『認知症を生きるということ』、『最重度の障害児たちが語りはじめるとき』(共に草思社)等。
共著に『スペイン市民戦争とアジア』(九州大学出版会)、『スペイン内戦とガルシア・ロルカ』(南雲堂フェニックス)、『核の時代と東アジアの平和』(法律文化社)等。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 緑風出版 (2017/8/2)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2017/8/2
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 252ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4846117146
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4846117146

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません