通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
博多豚骨ラーメンズ (メディアワークス文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

博多豚骨ラーメンズ (メディアワークス文庫) 文庫 – 2014/2/25

5つ星のうち 3.0 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 博多豚骨ラーメンズ (メディアワークス文庫)
  • +
  • 博多豚骨ラーメンズ (2) (メディアワークス文庫)
  • +
  • 博多豚骨ラーメンズ (3) (メディアワークス文庫)
総額: ¥1,868
ポイントの合計: 185pt (10%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

人口3%が殺し屋の街・博多で紡がれる、市長お抱えの殺し屋、崖っぷち新人社員、博多を愛する私立探偵、天才ハッカーの情報屋、美しすぎる復讐屋、組織に囚われた殺し屋たちの物語――。

内容(「BOOK」データベースより)

福岡は一見平和な町だが、裏では犯罪が蔓延っている。今や殺し屋業の激戦区で、殺し屋専門の殺し屋がいるという都市伝説まであった。福岡市長のお抱え殺し屋、崖っぷちの新人社員、博多を愛する私立探偵、天才ハッカーの情報屋、美しすぎる復讐屋、闇組織に囚われた殺し屋。そんなアクの強い彼らが巻き込まれ、縺れ合い紡がれていく市長選。その背後に潜む政治的な対立と黒い陰謀が蠢く事件の真相とは―。そして悪行が過ぎた時、『殺し屋殺し』は現れる―。第20回電撃小説大賞大賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 312ページ
  • 出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 404866316X
  • ISBN-13: 978-4048663168
  • 発売日: 2014/2/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 114,591位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
群像劇と言われるとデュラララ!を思い浮かべてしまいますし、推薦文も成田先生です。
ただし、バッカーノやデュラララのようなものを期待して読むとガッカリすること確実です。

まず他の方がレビューで言っているようなリアリティはそれほど気にする必要はないと思っていますのでマイナスの対象としていません。
リアリティを求めるとそもそもラノベではほとんどの作品がリアリティがないと言えてしまいますし、
それを言ってしまうとデュラララなんて首なしのセルティ、超怪力の平和島などなど全くリアリティがない登場人物のオンパレードです。

この作品の悪い点を纏めます。

1. キャラの個性が薄い
むしろ私が気になったのは各キャラの個性が非常に弱く、キャラが立っていないということ。
群像劇は個性的な数々のキャラが化学反応を起こして物語を面白くしていくものだと思いますが、
この作品のキャラは個性が薄く、各章で個別キャラの視点で話を進めていくのですが、
初見だとキャラの棲み分けが理解しにくいです。

また、一応表紙になっているある人物などはほとんど話に絡まなかったりするので何で登場したのか、
ただ単に群像劇っぽく人を増やしたかっただけなのかというハリボテの印
...続きを読む ›
2 コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
群像劇だというのは試し読みで知っており、それなりに期待して読んでいったが全く持って面白くなかった。
理由は多々あるがまず群像劇を作者があまり読んでいないことが簡単にわかる。
群像劇はただ章が変わるごとにキャラクターの視点を変えて最後の方でキャラクターを絡ませればいいわけでは決してない。
せっかく盛り上がっているところで章を区切られると今までの盛り上がりが一気に冷めるし、ましてやそのキャラクターたちが無理やり集まらセた感じがするとなおさら冷める。
この作品はまさにその典型で盛り上がったところで章が切り替わり全く違う人の視点へ飛んだり、キャラクターたちを偶然に見せかけて無理やりからみ合わせている

殺しやたちが集まるともいうがもちろん殺しやが仕事を請け負っても適当に人を殺していく。
それが相手の顔を知らないけど殺す、相手の経歴を知らないけど殺す、などあまりにも仕事がおざなりである。
そんな簡単に殺し屋と職業が成り立つとは到底思えない。人に見つかってはいけないのだから場所には細心の注意を払い調査するし相手の事に関してはなおさらだ。人の顔を知らないのに殺すというがミスをしたら一体どうする気なのか。
殺し屋について調べろと言っても無理な話なのはわかるが少し考えればわかることもわからないのかこの作者は。<
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
P170くらいになってようやく話が動き始めるのだが、いくらなんでも遅すぎる。同賞の「ゼロから始める~」も序盤から延々と設定説明ばかりで退屈だったが、これはそれ以上にスロースタートである。読者に甘えるなと言いたい。しかも文章も独りよがりな部分が多々見える。この作者はちゃんと読者のことを考慮して文章を組み立てているのだろうか? 非常に怪しい。
それと、設定それ自体もかなりむちゃくちゃだ。有川浩氏の「図書館戦争」がリアリティ抜群に感じてしまうくらい説得力に欠けている。いいや、欠けている以前にそもそも本気で考えた設定ではないのかもしれない。表層的なインパクトを狙っただけのものだと考えれば合点がいく。そしてそれに編集者たちが食いついたのだと想定すれば、この作品が受賞作なのも納得がいくだろう。さらに編集者らが協議して「第19回の大賞受賞者は年配者を選んだので、今回の大賞受賞者は若い女性でいきましょう!」となったのでこの作品が大賞を受賞したのだと想定すれば、みんな納得できるだろう。そのくらい酷い。
選考に労した費用を回収するために、意地でも大賞作を選出して売り出さなければならないのだろうが、その結果「電撃大賞」というものの価値自体が失墜するのは長期的に見てマイナスだと思わないのだろうか? ブランドの安売りは結果として益にならないのはビジネスの常識だと思うのだが。まあ、そんなこ
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
今さらで、一巻しか読んでいないのですが、そこまで低評価にしなくていいエンタメ作品だと思うのでレビューします。
内容は戦乱模様です。主人公が誰だとか考えてはいけません、そこは群像劇のようですが、そういう雰囲気を楽しむだけです。
主人公の行動や物語の結末は、はっきり言って面白さとは無関係であって、殺し屋が戦争をするような世界に殺し屋のヒーローがいるという
雰囲気を楽しむものだと思いました。
この点でこの作品はとても損をしています。小中学生が楽しむエンタメとしてはよい作りなのですが、殺し屋がメインになって、
残虐や性的な表現に溢れますので、倫理的にアウトです。
中高年を対象とするなら、時代劇でやれば相応の評価はされていたでしょう。
ヒーローの演出にゲーム的であるという点で、面白かったと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー