通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
博多うどんはなぜ関門海峡を越えなかったのか がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 <爆進堂>
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーにスレ、ヤケがあります。クリスタルパックに梱包し発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

博多うどんはなぜ関門海峡を越えなかったのか 単行本 – 2015/12/16

5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/12/16
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 463

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 博多うどんはなぜ関門海峡を越えなかったのか
  • +
  • なんでお店が儲からないのかを僕が解決する
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

なぜ福岡の人々はラーメンよりも博多うどんを愛するのか? にもかかわらず、なぜ博多うどんは全国的にメジャーにならないのか? そんな疑問を持った人気外食コンサルタントが、博多うどんの謎に敢然と挑み、その秘密と理由を解明します。本書は単なるガイド本ではなく、博多うどんを通してこれからの外食産業の未来を見通したものです。うどんラバー、福岡の皆様はもちろん、外食ビジネスに興味のある方にもぴったりの一冊です!

内容(「BOOK」データベースより)

福岡一のソウルフードが東京に進出しない理由を、人気コンサルタントがついに解明!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 205ページ
  • 出版社: ぴあ (2015/12/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4835628691
  • ISBN-13: 978-4835628691
  • 発売日: 2015/12/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 218,003位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

まるでミステリーのように、最初の疑問「博多うどんがなぜ関門海峡を越えなかったのか」
に対する答えがするするとたぐられてゆきます。
主に牧のうどんを主役に進んでいきますが、他のお店についても同じこと。
そこから見えるのは、それぞれのお店が良しとする「あり方」でした。

同時に、博多うどんが実は「出汁を味わう贅沢な料理」だと知り、
「やわらかでありつつふやけない麺がどうやって生み出されているのか」を知り、
読みながら、すぐに博多うどんにありつけるありがたさを心から噛みしめました。
(遠くで読んでいたら、身もだえしただろうなー)
読み終えたその足で牧のうどんへ走り、「これがあの秘密の装置…」と眺めつつすする
わかめうどんの幸せなこと。いつもに増しておいしかった。

あと、個人的には牧のうどんより因幡派ですが「自分が何故因幡派なのか」さえもこの一冊でわかりました。

なんといっても、ここまできっちり納得のいく言葉で褒められるうれしさ。
博多っ子にとってこれほど気分の良い本はない!!と思います(笑)。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
気持ち的にはほぼ満点だけど、それがなぜか4点評価?
なぜかと申しますとちょっとたぶん結果的に簡単にまとまり過ぎ、本としての印象がちょっと軽すぎることそれが減かな。
博多で讃岐うどんを売り出したいと強気で出店も、大失敗(笑)。それをちゃんと書いているのは好印象だけど、ちょっと取材日少め表現も正直過ぎて本気で軽く感じるからかしら(笑)。地元民しては、ちゃんと取材した感が無さすぎるとその本自体に愛着わかないしね(笑)。
その上に筆者の文章表現能力が高すぎて逆に、、それも重みを削ぐ理由(笑)。
でも、単純に面白い本です(+_+)
この私のレビューが売り上げ邪魔しますかね、そんな簡単な本でもないでしょう(笑)。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
すぐれた「博多うどん」の紹介本であり
すぐれた「外食コンサル・・・今後の外食はいかにあるべきか」の考察本でした。

博多うどんを食べるために東京から日帰り。
しかも「山笠」のまっさいちゅうに
うどんを5杯食べ、帰京。

なぜ、博多うどんは東京へ出店しないのか?
それを「牧のうどん」のシステムからひもといていきます。
*牧のうどんは麺工場から始まり、工場のそばでゆでたてのうどんを提供したのが始まり
*牧のうどんの1人前の麺の量は500g(普通は300g)
*牧のうどんは工場から片道1時間半までの範囲でしか店を出さない。
*牧のうどんの麺は「やわ」で40分ゆでている。麺のゆではカン。
*牧のうどんの出汁は、毎日微妙に味が違う。しかしそれでよしとしている。
地元民でも知らないことばかり!!!

「うどんに腰はいらないんだ」といくらタモリさんがテレビで言っても
「美味しいものはぜんぶ東京にある」と思っている
東京人には理解ができないでしょうね・・・・・

北九州出身の私としては「資さんうどん」への言及が少ないのがものたりませんが
まあ、福岡出身者がこの本読んだら、おなかは「うどん!」
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
全体としては面白かったです。気になったのは、前半部分の牧のうどんの美味しさの描写がとても長く、肝心の「なぜ関門海峡を越えなかったのか」というところの考察が食い足りない気がしました。この本のタイトルにビビッとくるのは博多うどんの美味しさを知ってる人だと思います(そしてその人達にとってこれほど気になるタイトルは無いというほど秀逸なものだと思います)。であれば、前半の美味しさ紹介はほどほどに、なぜの部分をさらに様々なパターンで検証してみてほしかった気もします。あと博多うどんの代表が牧のうどんのようになっていましたが、牧のは牧のというユニークな存在であり、いわゆる博多うどんといえば、かろのや因幡ではないかというのも気になりました。とはいえ後半部分の考察は具体性があって読み応えありましたので、再度他の可能性も検証してもし続編が出るようならそれも読んでみたいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す