通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
博士の愛した数式 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

博士の愛した数式 単行本 – 2003/8/28

5つ星のうち 4.4 677件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,008 ¥ 349
単行本, 2003/8/28
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 博士の愛した数式
  • +
  • 夜のピクニック
  • +
  • 舟を編む
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

受賞歴

第55回(2003年) 讀賣文学賞小説賞受賞
第1回(2004年) 本屋大賞受賞

商品説明

   1990年の芥川賞受賞以来、1作ごとに確実に、その独自の世界観を築き上げてきた小川洋子。事故で記憶力を失った老数学者と、彼の世話をすることとなった母子とのふれあいを描いた本書は、そのひとつの到達点ともいえる作品である。現実との接点があいまいで、幻想的な登場人物を配す作風はそのままであるが、これまで著者の作品に潜んでいた漠然とした恐怖や不安の影は、本書には、いっさい見当たらない。あるのは、ただまっすぐなまでの、人生に対する悦びである。

   家政婦として働く「私」は、ある春の日、年老いた元大学教師の家に派遣される。彼は優秀な数学者であったが、17年前に交通事故に遭い、それ以来、80分しか記憶を維持することができなくなったという。数字にしか興味を示さない彼とのコミュニケーションは、困難をきわめるものだった。しかし「私」の10歳になる息子との出会いをきっかけに、そのぎこちない関係に変化が訪れる。彼は、息子を笑顔で抱きしめると「ルート」と名づけ、「私」たちもいつしか彼を「博士」と呼ぶようになる。

   80分間に限定された記憶、ページのあちこちに織りこまれた数式、そして江夏豊と野球カード。物語を構成するのは、ともすれば、その奇抜さばかりに目を奪われがちな要素が多い。しかし、著者の巧みな筆力は、そこから、他者へのいたわりや愛情の尊さ、すばらしさを見事に歌いあげる。博士とルートが抱き合うラストシーンにあふれるのは、人間の存在そのものにそそがれる、まばゆいばかりの祝福の光だ。3人のかけがえのない交わりは、一方で、あまりにもはかない。それだけに、博士の胸で揺れる野球カードのきらめきが、いつまでも、いつまでも心をとらえて離さない。(中島正敏)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: 新潮社 (2003/8/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410401303X
  • ISBN-13: 978-4104013036
  • 発売日: 2003/8/28
  • 梱包サイズ: 19.3 x 13.5 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 677件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 45,333位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
読書感としては衰えていく博士の姿が痛々しくてとても読めたものではありませんでした
ある程度歳をとった理系男性が読むと少年でも主人公でもなく哀れな庇護対象たる博士に感情移入してしまうのではないでしょうか
知能の高さも豊富な知識も難病の前ではとりたてて役に立たず、主人公とルートくんの気を惹くためのスノッブ程度にしか役に立ちません
博士の記憶は失われても数学の美しさを理解する博士の心は残っている、というような形で終わるのですが読んでいて楽しい結末、というわけではありませんでした
ただ、博士の苦悩を数学がある程度癒してくれていたのは間違いないと思います
何時間経とうとも同じ数式は同じ論理を示す式として読み取ることができ、博士は時間の連続性をそこに見出すことが出来たのだと思います
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
小説も映画も大変話題になったことを知っていましたが、
ずっと読んでいませんでした。
kindleで読んでみたら、やはりレビューを裏切らず大変面白かった。
数学嫌いの私でも博士の語る数学の「美しさ」にホレボレしました。
又、家政婦の「私」と息子「ルート」の博士の受け止め方、10年にも及ぶ付き合いと、
それを複雑な思いで見つめる「未亡人」の心模様が丁寧に描かれ、
平凡な日常がどれほど尊いか、記憶が残っていくことがどれだけありがたいかを
ひしひしと感じさせてくれる作品です。

読んでよかったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
最近数学にはまって、とあるホームページからこの本の存在を知り、なんとなく購入してなんとなく読み始めたんですが、本当に幸せな気持ちになりました。私も生粋の阪神ファンであり、あの八木のマボロシのホームランのことはよく覚えています。ですがそれ以上に背景を多く説明せず、非日常が日常的に過ぎて行く様相がなんだか凄く素敵でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
天才的な頭脳を持ちながら、記憶に支障をきたした老数学者の抱える矛盾と、それまで数学に一切興味のなかった若い家政婦の前に開かれてゆく、数の世界の普遍的で深遠な魅力。古い家の、ひんやり湿った匂いまで伝わって来そうな、リアルな物語展開の中に、数の神秘がわかりやすく、そして実におもしろく散りばめられています。ああ、数学とはそんな世界なのか、と、初めてぼんやり興味を持ちました。学生時代に読みたかったなあ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
7,13とかの「素数」たち。素数が織りなす美しい姿や不思議な関係、オイラーの公式。そして愛すべき博士、母子家庭の家政婦さん、そのお子さんルートが織りなす疑似家族。この2つが織りなす興味深くも暖かい物語。従って、とてもユニークな小説です。音楽で言うと、音符たちの行進と、美しい詩が織りなすバレエみたいに歌曲ができるみたいに、数論と家族が織りなすストーリー。不思議なお話ですがとても面白い。自然対数の底、とか出てきますが、素数の説明も丁寧で文系の私にも読みやすく興味を惹かれました。最後の、2以外の素数は「4n+1か、4n-1の2つに1つだ」(nは自然数)これは知りませんでした。衝撃的。

小川先生の他の小説と違って、大変読みやすいです。家政婦さんの心理が丁寧に描かれています。また、博士も行動の描写から違和感なく、その思いが思い浮かべることができます。江夏投手を入れたことで、即ベストセラーという、大成功の本でした。ただ、余りにも暖かく読みやすいので、いつもの小川先生のふわっとしながら冷徹な記述が懐かしく、微妙に違和感も感じました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
多くの小説では普段使わない気取った単語が数多く使われ、作家の気負いを感じますが、この小説は全くの口語です。
自然に物語の中に入り込み、次々と起こる異常な出来事にドキドキしながら、最後まで読み進んでしまいます。
少しばかりの難点は、数学が多少判らないと面白くないかも知れません。(素数が分かればOK)
多分これはモデルがいて書かれたものではありません。その創造性に芥川龍之介の蜘蛛の糸を想起しました。
しかも見事なハッピィーエンド。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 39マイフレンド トップ1000レビュアー 投稿日 2016/10/6
形式: 文庫 Amazonで購入
人を愛する、そんな事を優しく考えさせてくれる小説でした。
心温かく、そして切なく。また数学の考え方、子供との接し方、学ぶことも沢山ありました。
読んで良かった、そう思える本でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー