単騎、千里を走る。 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 注)レンタル専用商品でディスクは1枚です。メーカーの承諾を得て販売している正規品です。★ケース交換、クリーニング済み。ジャケット、ディスクに若干のスレがありますが全体的に良好な状態です★レンタル用ラベルなど商品を傷つける恐れがある場合には剥がさずにそのままの形での郵送となります。(説明書等は入っておりません)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,818
通常配送無料 詳細
発売元: 顔見世
カートに入れる
¥ 3,918
通常配送無料 詳細
発売元: 前田本舗 メーカー直送
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

単騎、千里を走る。 [DVD]

5つ星のうち 4.1 32件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 3,818 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,366 (26%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 3,818より 中古品の出品:11¥ 1,280より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 単騎、千里を走る。 [DVD]
  • +
  • 君よ憤怒の河を渉れ [DVD]
  • +
  • 冬の華 [DVD]
総額: ¥8,344
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 高倉健, リー・ジャーミン, ジャン・ウェン, チュー・リン, ヤン・ジェンポー
  • 監督: チャン・イーモウ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2006/09/22
  • 時間: 108 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 32件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000ELGLBW
  • JAN: 4988104034632
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 57,297位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   息子が病床にいると聞いた高田だったが、息子との間には確執があり、長年会うこともなかった。しかし、余命いくばくもないと知り、彼は息子と中国の役者リー・ジャーミンとの約束を果たすために、単身中国へ。言葉も不自由な彼が、中国でいろんな人と交流を持ちながら、リー・ジャーミンを求めて旅をする。
   中国の名匠チャン・イーモウと日本が誇る人気スターの高倉健が初めてタッグを組んだと話題になった作品。驚くべきは、個性派のチャン・イーモウ作品でも、高倉健は、高倉健のまま存在しているということ。そのゆるぎない存在感は圧倒的だ。中国の人々との交流の中には、ユーモアもあり心温まるロードムービーの趣。不器用で頑固な高田、息子も同じような性格ゆえに、なかなか和解できなかったふたりだが、父から歩み寄っていく、その高田の心情には胸にグッとくるものがある。(斎藤 香)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『HERO』のチャン・イーモウ監督、『ホタル』の高倉健主演で贈るヒューマンドラマ。1組の親子を中心に、人と人との心の交流を感動的に描く。長く疎遠だった息子が余命僅かだと知り、父親は息子ともう一度やり直したいという想いから中国へ渡る。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 日本では、「親子の断絶」ということが人々の口に上っていたころ、この映画は異なる状況であるが、親子の絆を再確認させるものであった。
 映画で、チャンイーモー監督の実に細やかで丁寧な描き方に感心した。それと同時に、主人公高田が、決して自分の感情を押し付けず、相手の気持ちを思いやる心使いが随所に見られた。監督の姿勢であると同時に、高倉健の演技力に負うところが大きいと思う。特に高田が、息子の病院に見舞うシーン、リー・ジャーミンが「息子に会いたい」と号泣するシーンで高田が息子を想う父の気持ちを察するシーン、子供が父に会いに行くことを拒否するシーンで、「子供の気持ちが、未だ十分熟していない」と子供を連れて行くことを諦めるシーンなどなど見どころ満載である。ただアクションではないので、派手さはないが、渋い演義はやはり大きな見どころの一つである。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
高倉健という日本の大スターのために作られた映画と言っていい。

長年確執が続いていた死にかけている息子のために唯一できること、それが彼が撮影できなかった伝統人形劇を彼の代わりに撮影する事と思い、父(高倉健)は中国辺境の地に旅にでる。そこで待っていたのは暖かい中国の人々と多くの出会い、そして別れ。

ストーリーとして、ありえないような設定が多い。雄大な自然の中で旅する不器用な男はまさに高倉健そのものである。

静かで奥深い彼の魅力を満喫し、美しい中国の風景、群像を見ただけで、この映画の難点はすべて許せるような気がする。

又日本の部分は高倉健と親交厚い日本の監督の撮影によるものであるが、二人の監督の違いが見事に融和している。

この映画の制作は100人の外交官が中国に行くより、日本と中国の距離を縮めてくれたのではないだろうか。

娯楽作ではないので、単調だという人も多いであろう。しかし見た後、心が洗われるような映画である。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
チャン・イーモウ監督(降旗)×高倉健/主演 での、顔合わせで期待して見た作品です。

劇中、

健さんが、携帯電話やデジカメやデジカムを多用してます・・・。

しかも、

デジカメの配線をTVにセットして、デジカメ画像を、皆に見せる場面も有ります!

驚きますが、

デジカメの撮り方も、携帯の電話の掛け方も、高倉健らしく『カッコ良く』写ってます。

今後、

高倉健がデジカメを撮ってる姿は、見られないと思いますので、貴重な映像だと思います。

内容的には、

チャン・イーモウ監督(降旗)作品の中では、レベルが低い作品だと思います・・・。

が、

高倉健は高倉健の まんま で写ってる、素晴らしい俳優だと思いました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 ロマンチックな武侠映画を2本撮った後、雲南の世界遺産の村を舞台に、チャン・イーモウ得意の「あの子を探して」のような、素朴で温かいドキュメンタリータッチのドラマに仕上がった。本編の主人公のように高倉健もまた、撮影のない時は海外を旅しているという。そんな彼の孤独感をいっそう引き立てるのが、村総出の食事の場面である。仮面劇の踊り手が、刑務所で息子の写真を見るときもらい泣きする囚人たち、孤独な父の血を、息子もまた継いでいることを知ったときの高倉健の涙が、もっとも切ない場面である。本編に併せて、NHKで放映されたドキュメントと、メイキングがすばらしく、かなりお得感がある。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 irooa VINE メンバー 投稿日 2006/3/2
中国側の出演者は殆ど現地で探した素人さんですってね。

皆さん上手でした。

儚げな寺島しのぶさんも良かった。

健さん? 私如きが批評しちゃ失礼です。

前2作の様な派手さ、華麗さはありません。

でも、こちらの方が張芸謀監督の、本来のイメージに近いようです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
日本の俳優を主人公にして中国の監督が撮った映画です。

内容は良かったです。
取り敢えず国交交流が目的で作りました、というような企画先行映画に終わらない魅力を持っています。
それは、監督であるチャンイーモウが本当に高倉健が大好きで、心からこの映画を撮りたかったからなのでしょう。

ですから、これは良くある日中交流の映画ではありません。
言ってみれば、”高倉健と中国人との交流”の物語です。
中国でも高倉健は非常に人気があるようですが、この映画をみると中国人が健さんに感じている魅力というのは日本人と何ら変わらないのだと気づかされます。
寡黙だけど溢れるほどの誠実さが顔の表情ひとつひとつから滲み出る、健さんのそんな魅力は中国でも多くの人たちを動かす力を持っているのだという監督の強いメッセージが全編を通して伝わってきました。

普段ビジネスや政治を通して中国という国の人々を見ると、彼らの考えていることは得体が知れないと途方に暮れる気持ちが湧くときがありますが、本映画ではもっと深いところではお互い分かり合えるという気にさせてくれます。

確かに出てくる中国人はみな親切だし、役人にかなり無理を言っているにも拘わらず良く聞く賄賂の類の話は一切出てきませんし・・・中国に
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。チャン・イーモウ

関連商品を探す