通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
単純な脳、複雑な「私」 (ブルーバックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※ご注文の際は再度送り先のご住所(マンション・アパート名・部屋番号等)ご確認お願い致します。Amazonの商品コンディションガイドラインに基づき出品していますのでAmazon商品ガイドラインを必ず御確認宜しくお願い致します。中古品の為、折れ目、シミ、まれに書き込み等ある場合がございます。(万一の見落としはご容赦下さい)出荷は御注文日の当日or翌日出荷を目指しています。出荷日から1日~4日以内にポスト投函されます。運送会社の遅延にて若干遅れる事もございますのでご了承お願い致します。万が一届かない場合は追跡番号にて検索致しますのでお気軽にメール下さい。経年劣化商品は全体的にヤケがある場合がございますが本編には問題ありません。ISBNナンバーで管理している為ごくまれに出版社が一緒でも表紙画像と異なる場合がございます。※ご了承の上ご注文宜しくお願い申し上げます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

単純な脳、複雑な「私」 (ブルーバックス) 新書 – 2013/9/5

5つ星のうち 4.6 70件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 680

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 単純な脳、複雑な「私」 (ブルーバックス)
  • +
  • 進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線 (ブルーバックス)
  • +
  • 脳には妙なクセがある (扶桑社新書)
総額: ¥3,283
ポイントの合計: 100pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「心」はいかにして生み出されるのか? 最先端の脳科学を読み解くスリリングな講義。脳科学の深海へ一気にダイブ!

ベストセラー『進化しすぎた脳』の著者が、母校で行った連続講義。私たちがふだん抱く「心」のイメージが、最新の研究によって次々と覆されていく──。「一番思い入れがあって、一番好きな本」と著者自らが語る知的興奮に満ちた一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

最先端の脳科学を読み解くスリリングな講義。ベストセラー『進化しすぎた脳』の著者が、母校で行った連続講義。私たちがふだん抱く「心」のイメージが最新の研究によって次々と覆されていく―。「一番思い入れがあって、一番好きな本」と著者自らが語る知的興奮に満ちた一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 480ページ
  • 出版社: 講談社 (2013/9/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062578301
  • ISBN-13: 978-4062578301
  • 発売日: 2013/9/5
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 70件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,017位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
この本の要約は「20年前に卒業した母校で、著者が後輩の高校生たちに語る、脳科学の「最前線」。切れば血の吹き出る新鮮な情報を手に、脳のダイナミズムに挑む。かつてないほどの知的興奮が沸きあがる、4つの講義を収録。 」ということに尽きると思います。

最近、脳科学に関する本は多く、面白い本は少なくありませんが、著者がこれ以上に幸せそうな本は見たことがありません。自分が興味を持った部分を後輩に語れるということ、自分が行っている研究を情熱をもって語れるということは本当に幸せなことだと思います。特に、一番ダイナミックに動いている学問分野を、感性の鋭い後輩に語れるということは素晴らしいことでしょう。

本書は、最近の脳科学関連の多様な実験結果を示しつつ、「"心"がどの様に生まれるのか? 脳内だけで決まる話なのかどうか?」などについて議論したり、「創発」「自己組織化」などの話題にまで言及します。ここで述べられている実験結果は、知らなかったことが多く非常に興味深いですね。解釈についてはちょっと違うのではと思う話もありましたがそれも含めて刺激的でした。

今脳科学は祝福された学問といってよいでしょう。ただ、話を聞いた学生が研究をするころにどうなっているかはわからないのですが。

いずれにしても学生だけでなく一般人にもお勧めの本です。
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ウシン・ソージスト トップ500レビュアー 投稿日 2015/8/2
形式: 新書 Amazonで購入
「進化しすぎた脳」に続く、若き聴講者に対する講義を収録し
たもの。
今回は母校の高校生に対して、全校講演を1回、9名への集中講
義を3回実施している。

前作では一章に過ぎなかった「心」が、今回の全体テーマとな
っており、一層の興味をそそられた。

内容は、脳の基本的な仕組みが、丁寧に説明されるので、非常
に判り易い。
前作は脳科学という学問の紹介という面があったが、今回は脳
の仕組みの謎に集中して迫っている。

脳が時間の流れを作り出す、使い回しによる進化、脳のゆらぎ、
自由否定の自由意思、「創発」など次々と驚かさせてくれる。

その結果、認識されている世界や、自由意思や、「心」の有り
様が、大いに揺らぐことになる。
その際の著者の主眼は、「生命」「心」「自由」などは脳のシ
ンプルな機能から産み出されたものに過ぎず、我々は必要以上
に、それを神秘的に考えてしまう、ということにあるのだろう。

これからは、リカージョンの陥せいに嵌まりつつも、前作やこの本
をベースにして、脳を使って脳について思考して行くことになる。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
何か本を読みたいけど何読んで良いか...って人には真っ先に薦めたい本。

思えば僕が最初にレビューを書いたのも池谷裕二さんの「進化しすぎた脳」でした。

ともかく最近の脳科学の進歩は怖いくらい著しいのではないでしょうか。本著ではページをめくる度に驚きがやってきます。

例えば「脳には幽体離脱を起こす部位がある」だとか、「愛情測定や嘘の発見ができてしまう部位がある」とか、「自分がいつアルファ波を出しているか把握することでミスを防ぐことができる」とか...

とりあえず、1章だけでも手に取ってみてみることをお薦めします。

著者の母校の高校でひらいた講演の模様を文書に書き下ろしたものですので、読みやすくできているところも素晴らしいです。

私っていったいなんだろうかとか、人間ってなに?とかそういった問いに、哲学書以上の発見をもたらしてくれることと思います。
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
脳科学に興味を持ったので読んだ。著者の「進化しすぎた脳」の続編的な本。最新の脳科学の知見を、高校生に向けて噛み砕いて説明してある。個人的には、前作のほうが楽しめた。錯視や自己組織化の説明に、アニメーションが多用されており、真面目に参照すればもっと楽しめたかもしれない。特に、直感とひらめきの違い・好き嫌いの由来・脳のゆらぎから行為の成否が推測できること、などが面白かった。また、神経細胞のアナロジーとして、シシオドシはうまいと思った。前著にもあったが、自由意志を脳の運動前の短期的反応から語るのには抵抗がある。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー