通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
単純な脳、複雑な「私」 (ブルーバックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに擦れ、よれ。その他きれいな状態です。◆迅速・丁寧な発送を心がけております。◆除菌済み◆防水梱包◆万が一品質に不備があった場合は返金対応※あくまで中古品の販売のため記載以外の書き込み、折れ目、ヨゴレ、経年ヤケなどある場合がございます。ご了承下さい。◆領収書が必要な方は注文履歴より領収書を印刷して頂く事が出来ます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

単純な脳、複雑な「私」 (ブルーバックス) 新書 – 2013/9/5

5つ星のうち 4.6 70件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 990 ¥ 647

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 単純な脳、複雑な「私」 (ブルーバックス)
  • +
  • やりたいことがある人は未来食堂に来てください  「始める」「続ける」「伝える」の最適解を導く方法
総額: ¥2,916
ポイントの合計: 87pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「心」はいかにして生み出されるのか? 最先端の脳科学を読み解くスリリングな講義。脳科学の深海へ一気にダイブ!

ベストセラー『進化しすぎた脳』の著者が、母校で行った連続講義。私たちがふだん抱く「心」のイメージが、最新の研究によって次々と覆されていく──。「一番思い入れがあって、一番好きな本」と著者自らが語る知的興奮に満ちた一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

最先端の脳科学を読み解くスリリングな講義。ベストセラー『進化しすぎた脳』の著者が、母校で行った連続講義。私たちがふだん抱く「心」のイメージが最新の研究によって次々と覆されていく―。「一番思い入れがあって、一番好きな本」と著者自らが語る知的興奮に満ちた一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 480ページ
  • 出版社: 講談社 (2013/9/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062578301
  • ISBN-13: 978-4062578301
  • 発売日: 2013/9/5
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 70件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,887位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ウシン・ソージスト トップ500レビュアー 投稿日 2015/8/2
形式: 新書 Amazonで購入
「進化しすぎた脳」に続く、若き聴講者に対する講義を収録し
たもの。
今回は母校の高校生に対して、全校講演を1回、9名への集中講
義を3回実施している。

前作では一章に過ぎなかった「心」が、今回の全体テーマとな
っており、一層の興味をそそられた。

内容は、脳の基本的な仕組みが、丁寧に説明されるので、非常
に判り易い。
前作は脳科学という学問の紹介という面があったが、今回は脳
の仕組みの謎に集中して迫っている。

脳が時間の流れを作り出す、使い回しによる進化、脳のゆらぎ、
自由否定の自由意思、「創発」など次々と驚かさせてくれる。

その結果、認識されている世界や、自由意思や、「心」の有り
様が、大いに揺らぐことになる。
その際の著者の主眼は、「生命」「心」「自由」などは脳のシ
ンプルな機能から産み出されたものに過ぎず、我々は必要以上
に、それを神秘的に考えてしまう、ということにあるのだろう。

これからは、リカージョンの陥せいに嵌まりつつも、前作やこの本
をベースにして、脳を使って脳について思考して行くことになる。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 plankton 投稿日 2015/10/8
形式: 新書 Amazonで購入
面白かった。ただ,著者が最初に書いている通り,どこまで相関性があるのかわからないので,ここに書いてあることをすべて鵜呑みにするのも怖い。細かく疑問に思うことも多々ある。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
生きているうえで無意識の部分がとても多く、意識している部分が少ないことに驚きました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2017/5/23
形式: 新書
「ひらめき」と「直観」は
全く違う、という指摘が特におもしろかった。

どちらも「ふと思いつく」のは同じ。違うのは

ひらめきは、思いついたあとに理由が言える。

直感(第六感、勘)は、自分でも理由がわからない。

ひらめきは、理屈や論理に基づいている。

直感は訓練によってしか身につかず、
歳をとるほど、経験を積むほど正確になる。

たとえばコップを持つときに、わたしたちは
「ここで上腕二頭筋を3ミリ弛緩させて」なんて計算しないで、
無意識のうちに、うまく持つ。実は、厖大な計算を、正確に行って
何十という腕や指の筋肉を連動させないと、
コップはつかめないのに、なにも考えなくても、コップをうまくつかめる。

直感はそれと同じで、その人の「無意識の経験の積み重ね」が生むもの。

もちろん厖大なデータを集めて
分析・計算を重ね、論理的に思考することで
正解がひらめくこともある。
ただ、時間と手間がかかるし、
集める資料を誤ると、
残念なひらめきに終わる。

わたしたちは「意識」「心」を
特別
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
脳科学に興味を持ったので読んだ。著者の「進化しすぎた脳」の続編的な本。最新の脳科学の知見を、高校生に向けて噛み砕いて説明してある。個人的には、前作のほうが楽しめた。錯視や自己組織化の説明に、アニメーションが多用されており、真面目に参照すればもっと楽しめたかもしれない。特に、直感とひらめきの違い・好き嫌いの由来・脳のゆらぎから行為の成否が推測できること、などが面白かった。また、神経細胞のアナロジーとして、シシオドシはうまいと思った。前著にもあったが、自由意志を脳の運動前の短期的反応から語るのには抵抗がある。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本を読んで、人間が眼で見ているものが
すべて真実かどうか?

目の前のものは何がほんと?

自分の目で見たものは、真実でなかったりする。
人間の目の錯覚があり、

「人がこうでなければいけない、あーでなきゃいけない。」
そんな思い込みもそのいい例で、
錯覚で見たものの例を見ることもできる。

なぜか、人のちっぽけさを感じ
あまり、目の前のことにくよくよすることなんてない。
錯覚だ。

楽しく、生きたほうがいいじゃん。

そんな気がした本でした。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー