通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
南海トラフ地震 (岩波新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態】帯あり。全体的に良好な状態です。表紙に多少のキズがございますが、内部に目立った汚れは見当たらず綺麗な本です。除菌消毒済み。【注釈】アマゾンより発送以外は、ゆうメール、メール便、レターパックのいずれかでお届けします。丁寧、迅速な対応を心掛けます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

南海トラフ地震 (岩波新書) 新書 – 2016/1/21

5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 46

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 南海トラフ地震 (岩波新書)
  • +
  • 首都直下地震 (岩波新書)
  • +
  • 西日本大震災に備えよ (PHP新書)
総額: ¥2,505
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

南海トラフ地震。それは、日本列島の宿命ともいえる地震だ。マグニチュード8~9クラス。今後30年以内の発生確率が約70パーセント。日本の経済と社会の中枢を直撃する巨大地震は、ひとたび起これば未曽有の大災害をもたらす可能性がある。いつ来るのか。何が起きるのか。どう備えるのか。第一人者が語る。

内容(「BOOK」データベースより)

南海トラフ地震。それは、日本列島の宿命ともいえる地震だ。マグニチュード8~9クラス。今後三〇年以内の発生確率が約七〇パーセント。日本の経済と社会の中枢を直撃するこの巨大地震は、ひとたび起これば未曽有の大災害をもたらす可能性がある。いつ来るのか。何が起きるのか。どう備えるのか。第一人者が語る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2016/1/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4004315875
  • ISBN-13: 978-4004315872
  • 発売日: 2016/1/21
  • 梱包サイズ: 17.5 x 10.7 x 0.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 182,983位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
実は「南海トラフ地震」のことは、これまでよく知りませんでした。
トラフというのは、家畜を飼育するための桶のことで、このような形状をしているということだったのですね。

この本を読んでいると、地震学というのは物理学(エネルギー保存の法則とか運動方程式とか)だけでなく工学(コンピュータによるシミュレーション)、さらにはフィールドワークといったいくつかの学問が複雑に絡み合って成果を上げているというのがよく分かりました。
私の場合は、311の時に1週間以上避難所生活をしていたため、大規模な災害のまさに真っ只中に生きていたのですが、それでもやっぱり日本列島で生きていたいと思っていますので、この自然現象に付き合っていきたいと思います。
本書を読んで、そのためのコツに触れたような気がしました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
山岡先生の提唱される防災(地震など)の知識、現実性の高い災害に対するアドバイス、参考になりました。
皆さんに読んで、参考にしていただきたいと、私は思います。良い本でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/3/26
形式: 新書
南海トラフでは過去に何度も巨大地震が繰り返されてきた。マグニチュード8~9クラス。今後30年以内の発生確率は約70%。それが、日本の人口と経済と産業がもっとも集中する地域を襲う。

揺れの被害大きいが、それだけではない。木造住宅の密集地では火災が発生する。海抜ゼロメートル付近では堤防が決壊する可能性も指摘されている。津波の被害もまた甚大になると想定される。南海トラフ地震の場合、地域によっては津波発生から到達までわずかな時間しかない。東日本大震災では980万人の被災者を日本の残りの人口である1億1700万人で支えたが、南海トラフ地震では3500万人の被災者を残りの9200万人で支えることになる。しかも、過去の例から、余震が続くだけでなく、しばらくして富士山の噴火がやってくる可能性が高い。

西日本では電力供給能力は5割程度になるという。製油所の稼働が止まることも大きな影響を及ぼす。電気や水道や物資の輸送に必要なルートの復旧だけでも3~7日程度は必要。通信もしばらく遮断されたりつながりにくくなる可能性がある。鉄道、道路、空港、港湾施設もダメージを受ける。工場の多くが停止し、サプライチェーンは寸断され、影響は世界に及ぶ。大きな損害を受けた太平洋ベルト地帯が元のように回復するには大変な労力と時間が必要になる。

自助・共助・公助の
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
▼「南海トラフ」とは、駿河湾から四国沖にいたる海底の幅広い溝。 ▼トラフ(trough)とは家畜飼育用の桶のこと。 竹を縦に割った半月状の器を思い描けば良い。フィリピン海プレートが北上して潜り込んでいる地殻の動きは、当然一定時間で応力を産み、南海トラフが連動して動く恐れが大きい。 ▼プレートは年間5センチで列島の下に沈み込む。地殻の応力が一気に解放されれば、静岡~高知の沿岸には地震から10分で大津波が押し寄せる。 ▼本書では南海トラフ地震のメカニズムから歴史の記録の分析、地殻の動きの解析だけでなく、地域ごとの被害被害の想定から復旧見通しまでを検証している。防災・減災の意識が格段に違ってくるだろう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 koku 投稿日 2016/3/4
形式: 新書
阪神淡路大震災、東日本大震災に続く 次の大地震として、南海トラフ地震が注目されていますが、この本では、発生のメカニズムや予想される被害などについて、分かりやすく解説しています。

南海トラフ地震は、千年以上前から、100~150年周期で起きています。前回が1946年ですので、地震のエネルギーは、次第に高まっているのでしょう。
発生した場合は、静岡から宮崎・鹿児島までの広範囲で、津波の被害を受けるようです。
特に最大クラスの地震が起きると、静岡では20万棟以上が、高知では約5万棟が全壊すると、想定されています。
しかも、津波到達までの余裕は3~20分とのことで、逃げ遅れる人も、相当出そうです。

「終章」によると、地震の被害を防ぐ有効な対策は、なかなか見当たらず、日本列島(太平洋岸)に暮らす以上は、ある意味 仕方がないことのようです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 南海トラフ地震という言葉をよく聞く。大きな被害が予測されていると言われている。一方、僕は南海トラフ
については全く無知である。という背景で本書を読むことにした。

 東日本大震災の時には僕はインドネシアに住んでいた。あの災害を日本で経験した友人や会社の同僚と、経験して
いない僕は、ある意味では話が合わない。彼らの体験したものが僕にはない。これはある種の欠落感にも
なっている。
 そんな僕だけに、本書を読んでいても現実感にやや欠けるのはしょうがないと思う。但し、本書で
展開される「想定される被害」の大きさにはいささか驚いた。

 本書の最後の部分で著者は以下のように言っている。

 「技術の進歩により、小さくて頻度の高い現象から徐々に災害防止がなされてきた。自然のままならば
  毎年土砂災害や洪水に見舞われる地域でも、一生に一度も災害を受けないで済むようになってきた。
  そのため、私たちは自然を克服してしまったかのような錯覚に陥っている」(206頁)

 著者が指摘されている「錯覚」はまさにその通りだろう。僕ら人間は弱い存在である。地表がちょっとくしゃみを
しただけで、大災害に遭ってしまう存在だ。地球からしてみるとなんとい
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー