ポイント: 48pt  (3%)  詳細はこちら
無料配送: 12月9日 木曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日12月 1日, 4PM-6PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 2022年1月31日まで返品可能です
2021年の年末期間においては、返品・交換の条件に基づき、11月1日から12月31日までに購入された返品可能な商品は、原則として2022年1月31日までに返品することができます。
南海トラフ地震:その防災と減災を考える (東京安全... がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥257 ): 12月2日 - 4日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 style001
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◆表裏にスレ、キズがあります。◆書籍の中には目立った大きな傷汚れは見られません。◆帯なし。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

南海トラフ地震:その防災と減災を考える (東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ) 単行本(ソフトカバー) – 2019/3/15

5つ星のうち5.0 1個の評価

価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2019/3/15
¥1,650
¥1,650 ¥1,295

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 南海トラフ地震:その防災と減災を考える (東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ)
  • +
  • 首都直下地震:被害・損失とリスクマネジメント (東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ)
  • +
  • 南海トラフ地震・大規模災害に備える 熊本地震、兵庫県南部地震、豪雨災害から学ぶ
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

この未曽有の大災害にいかに立ち向かうか。今後30年間に70~80%の確率で起こる南海トラフ地震。大地震・大津波による被害から人々を守る方策を考える。

著者について

秋山充良(あきやまみつよし)
早稲田大学創造理工学部社会環境工学科教授、特定非営利活動法人国境なき技師団理事長。1997年日本工営(株)入社。東北大学助手、講師、助教授、准教授を経て2011年より現職。2008年科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞、2016年IABMAS Junior Research Prizeなど、受賞歴多数。所属学会:土木学会、ASCE、IABMAS、IALCCE、IABSEなど。
主な研究論文:「Toward life-cycle reliability-, risk-, and resilience-based design and assessment of bridges and bridge networks under independent and interacting hazards: emphasis on earthquake, tsunami and corrosion(Structure and Infrastructure Engineering, 2019)」,「Shaking table tests of a reinforced concrete bridge pier with a low-cost sliding pendulum system(Earthquake Engineering and Structural Dynamics, 2018)」,「Time-dependent reliability analysis of existing RC structures in a marine environment using hazard associated with airborne chlorides(Engineering Structures, 2010)」。

石橋寛樹(いしばしひろき)
1991年大阪府生まれ。2016年早稲田大学大学院修士課程修了。同年、西日本旅客鉄道(株)入社、線路の維持管理業務に従事。2018年早稲田大学大学院博士後期課程入学、秋山充良研究室にて「構造物および道路ネットワークのリスク・レジリエンス評価」に関する実験・研究を行う。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 早稲田大学出版部 (2019/3/15)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/3/15
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 152ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4657190016
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4657190017
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません

0のカスタマーレビューおよび1のカスタマー評価があります。