通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫) 文庫 – 2007/2/6

5つ星のうち 4.3 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫)
  • +
  • 旅人  ある物理学者の回想 (角川ソフィア文庫)
総額: ¥1,274
ポイントの合計: 40pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「私は一歩前に出るが、犬たちは後ずさりする。私と犬との距離が狭まらない。にらみ合いが続き、今度は犬たちが前に進むと、私はそのぶん下がってしまう……」(本文より)
 タロとジロの再会はかつて映画で描かれたようなシーンではなかった、と著者・北村氏は明かす。氏は南極第一次越冬隊の隊員にして「犬係」、さらに帰国一年後の第三次越冬隊にも参加し、タロジロと再会を果たした唯一の証人である。
 無人の昭和基地に置き去りにされた十五頭のカラフト犬たちのなかから、二頭の犬の生存が確認された、という奇跡のニュースが日本を沸かせた昭和三十四年。なぜ、カラフト犬は置き去りにされたのか。そもそも日本初の南極観測事業とは、どのようなものだったのか。あれから五十年が経った今だからこそ、伝えたいことが山ほどある。
その真実を知る唯一の証人による、真実と感動のストーリー。

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ一五頭のカラフト犬は無人の南極に置き去りにされたのか。そもそも日本初の南極観測事業とはどのようなものだったのか―。南極第一次越冬隊の隊員にして、タロジロとの再会を果たした唯一の人物である著者による、映画『南極物語』にも描かれていない探検と観測の一年。そして犬たちとの日々―。50年を経て甦る、素晴らしい本物の感動。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 344ページ
  • 出版社: 小学館 (2007/2/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094060049
  • ISBN-13: 978-4094060041
  • 発売日: 2007/2/6
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 235,018位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Soup #1殿堂トップ100レビュアー 投稿日 2011/4/5
形式: 文庫
「タロ、ジロ」の物語は、邦画でも洋画でも映画化されたり、東京タワーの下の銅像があったり、多くの人が知るストーリーです。
本作は今まで刊行された本を再編集したものですが、実際に体験した隊員による手記なので非常にリアルで感動があります。

犬たちとの南極で過ごした日々、置き去りにせざるおえなかった経緯、そして奇蹟の再会。
高倉健演じる映画では、人間目指した嬉しそうに走ってくる二匹の犬に健さんが「タロ!ジロ!!」と呼びかけますが、実際には基地にいた二匹は人間を警戒し、近寄ると後ずさりをし、一見ではどの犬か分からないほどに変わっていました。
再会による感無量で「人間への恨みで噛み殺されても良い」という思いで犬に近づく作者。自分の名前を呼ばれた時の犬の反応。
演出された内容ではないだけに映画を超える感動があります。

後日談として、平年より温かい年に基地の周りの雪が溶けて、もう一匹、リキと思われる遺体が基地付近から発見されたと述べられています。
途中まで三匹で頑張っていたのですね…。
二匹がどのようにして生き残ってのか、作者の予想も書かれていますが、実際のところは分かりませんし、仲間が死んでいくのどのように感じたのかも分かりません。(さぞ辛かったことでしょう…)

「タロジロ物語」を後世へ伝えるためにも一家に一冊あってもよい本でしょう。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヤマボー 投稿日 2007/3/5
形式: 文庫
第一次南極越冬隊が昭和基地を建設してから50年の歳月が流れた。取り残され無人となった基地周辺で1年あまりも生き延びていたそり犬、タロとジロのことは知らない者がいないだろう。なぜ彼らは置き去りにされたのか、また南極での暮らしはどんなだったのか。50年というときを経て、南極での全ての記録を風化させたくないと、元隊員である著者が改めて筆を取ったのが本書。

期待に胸を躍らせて南極までやってきたものの、全てが初めての経験。基地の設営から荷物の運搬、犬たちの世話と訓練。これらの重肉体労働を極寒の中でやってのけた11人の男と犬たち。雪上車が通れないようなコースを犬ぞりで踏破し、未踏の地の観測を続けた彼らの命をかけた闘いの記録でもある。

犬たちを置いて帰ることは誰ひとりとして想定していなかった事態であり、断腸の思いで帰還したことがよくわかる。南極というのはそれほどまでに厳しい世界なのである。最後の最後まで犬たちの身を案じ、燃料を捨ててまで仔犬を連れ帰った操縦士の心情も察するに余りある。

第二次越冬隊は実現しなかったが、第三次に再び隊員として参加した著者はそこで生存していたタロとジロに再会した。犬たちの環境に対する適応力の高さのなせるわざなのか、生命力の強さなのか、もはや奇跡としか言えない。むろん残ったのはこの2頭だけで、その他の13
...続きを読む ›
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 作者は北村泰一氏で、第一次南極越冬隊の犬係の方です。北村氏は後に九州大学の教授になられたのですが、現在は退官されているとのことです。
 実際にあの伝説のタロ・ジロ達とふれあった方が書く、南極越冬隊の物語。著作中、犬たちの比重はタイトルに比してそれほど大きくはないのですが、南極越冬隊の生活も興味深いですし、犬たちの描写も『生きている』感じがして非常に好感がもてますね。
 苦渋の決断を迫られた第二次越冬隊派遣断念のくだりの無念さも直に読み手に伝わってきます。
 そして歴史上知られている、第三次越冬隊到着時の『南極大陸に1年間自力で生き残った兄弟犬』との再会シーンもしっかり描写されています。
 これは、映画(南極物語)のように劇的なまでに感動的なシーンではないんですけど、なんというか生の事実だからこその感動というものがあって、いいんですよ^^

 そしてもう一つ、この本を読んでおおっと思ったことが一つ。
 第9次越冬隊が昭和基地に行ったとき、昭和基地近くで、一頭の犬の遺体が発見されたという事実が書かれていたのです。当然第一次越冬隊が残していかざるを得なかった15頭の犬の一頭でしょう。北村氏はリキであると推測されていますが、なんとも言えない思いにかられました。

 日本南極史を彩った犬たちに乾杯です。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
子供の頃に映画「南極物語」を観たときは
犬好きなこともあり、犬たち中心でしかこの映画を観ていなかった。

今は、この著者の当時の心に同調して涙が出る。
首輪をはずしてやれなかった無念さやタロ・ジロが生きていた喜びを思い、
繋がれて死んだ犬たちを葬むったときには魂を潰されたという著者の言葉に
自分の魂も潰される思いがした。

今も鎖から逃れた犬たちの数匹は南極の氷の中にいることだろう。
下っ端かつ犬係であった著者が書いたこの本こそが
残された犬たちの真実を語っているのだと思う。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック