中古品
¥ 659
+ ¥ 256 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付属。●Amazon専用在庫●注文確定日から1~2営業日以内に発送(日曜日は定休日)●プチプチ又はフィルム袋にて防水梱包。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

南島イデオロギーの発生―柳田国男と植民地主義 (岩波現代文庫) 文庫 – 2004/5/18

5つ星のうち 2.8 4件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 290
文庫
¥ 10,291 ¥ 657
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

山人論を放棄して,柳田はなぜ南島論へ転じたのか.日本人の起源を南島に求め,同質的な日本を見出す「新国学」たる民俗学の成立は柳田の韓国併合への関与によってもたらされた.その他,『花祭』で知られる早川孝太郎,沖縄学の父・伊波普猷も俎上にのせ,近代日本における民俗学と植民地主義との関連を徹底追及する新編集版.

内容(「BOOK」データベースより)

山人論を放棄して、柳田はなぜ南島論へ転じたのか。日本人の起源を南島に求め、同質的な日本を見出す「新国学」たる民俗学の成立は柳田の韓国併合への関与によってもたらされた。その他、『花祭』で知られる早川孝太郎、沖縄学の父・伊波普猷も俎上にのせ、近代日本における民俗学と植民地主義との関連を徹底追及する新編集版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 364ページ
  • 出版社: 岩波書店; 新版 (2004/5/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4006001223
  • ISBN-13: 978-4006001223
  • 発売日: 2004/5/18
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 730,779位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

ベスト500レビュアー2014年9月9日
形式: 文庫
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
ベスト1000レビュアー2010年8月11日
形式: 文庫
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年5月26日
形式: 文庫
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年2月25日
形式: 文庫
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告