Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 0

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

[直木 三十五]の南国太平記

南国太平記 Kindle版

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 0

【無料配信】
東京の多様な地域特性、都市構造、都民のライフスタイルなどを考慮してつくられた、完全東京仕様の防災ブック。知識をつけるだけではなく、今すぐできる具体的な“防災アクション”を多く掲載。Kindle版でいつでもどこでもチェック可能! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 988 KB
  • 紙の本の長さ: 765 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009MA713S
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 無料タイトル - 1,504位 (Kindleストア 無料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
 前々から読んでみたいと思っていて、PCで青空文庫でチラリとは見ていたんだけど、なかなか読めないでいました。でも、キンドル(ペーパーホワイト)を入手したので、読みました読みました。さすが・・・と思いました。
 さすがにさすがの直木三十五ですね。幕末、お家騒動、武士道、呪術、人情、恋愛、いろんな要素が絡まっているにもかかわらず、スムーズな展開。文章が読みやすいし、バトルシーンなんかもわかりやすいです。日本大衆文学の金字塔ですね。こんな作品が80年以上も前に書かれていたなんて、吃驚です。
 難癖をつければ、ときおり、講談とかの言い回し(?)みたいなのが挿入されるのだけど、これがノレません。その他にも、気の利いたセリフとして書かれたものなんだろうけど、ピンとこない・・・ということもあります。80年以上も前に書かれた作品なんだからしかたないんだけどね。80年後に読んでいる立場としては、☆をひとつ減らしました。
 キンドル+青空文庫でいろんな本を読み初めているところなんだけど、目下のところ、ナンバーワンはこれです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
薩摩のお由羅騒動を題材とした幕末の物語。
近代化のアンチテーゼとして呪殺をガジェットに使っているので、伝奇小説と評する人もいるが、今に至る時代小説の原型を成す名作と思う。
島津斉彬、久光、西郷、大久保などの有名どころから、江戸っ子掏摸、講釈師、常磐津の師匠など、今からみれば登場人物が類型化されていると感じるが、それはこの作者が造型した故か。
ストーリー展開は、決して勧善懲悪ではなく、登場人物の心理描写も豊かである。
これが電子版で読める時代が来るとは、嬉しい限りです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
日本の文明開化近代化の礎 日章旗考案の島津藩 斉彬の時世を見据えた事業は
磯公園 磯浜にのこされ功績は計り知れない 著者の表現に魅入る
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover