再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

南京 戦線後方記録映画 [DVD]

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー

再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら
この商品をチェックした人は、これらの取り扱い商品もチェックしています

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 形式: Black & White
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通) (DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: コニービデオ
  • 発売日 2004/07/21
  • 時間: 56 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0002E4H4Y
  • JAN: 4988467006741
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 184,308位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

半世紀以上の時を経た数々の歴史的映像を収録し、戦前・戦中の記録を伝えるドキュメンタリーシリーズ第4弾。昭和12年12月の南京入城後の日本軍と荒廃した市内のリアルな映像を収録。今なおその存在の有無が争われている“南京大虐殺”を巡る話題作。

内容(「Oricon」データベースより)

昭和12年12月の南京入城後の日本軍と、荒廃した市内の町並みをリアルに描写し、収録。戦争の真っ只中にある話題作である。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
この映画が再現映像も有る、良く言ってセミ・ドキュメンタリーというのは、その通りだと思います。 ただ、当時の日本政府が国民にどういう日中戦争に対するイメージを持たせようとしていたかが判るのは興味深いです。 ナレーションに、中国軍が軍服を脱ぎ捨てて難民区に逃げ出した事や、ゲリラ戦について述べられた部分が有るのも参考になります。所謂「南京大虐殺」が極度に誇張されて宣伝(と私は考えていますが)されているのはこのゲリラ戦が原因ではないでしょうか? 虐殺派もまぼろし派も中間派も南京戦に興味がある方には一見の価値があると思います。 当時の日本に言論・表現の自由が無かったというのも本当ですが、現在の中国にも言論・表現の自由は無いのに、中国及びその同調者の日本人の主張だけを認めるのはバランス感覚に欠けると思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 FUMIBO 投稿日 2006/10/18
さて、南京陥落から70年経とうとしている訳ですが当時を知らない人間としては、中国側の主張と、「たとえ一発でも実弾を勝手に使うことが出来なかった。我々は、被服用補修糸で何重にも縛った実弾ケースを左前盒というわざわざ取り出しにくい位置で携行するよう指導された」という日本軍兵士の証言とが何故ここまで違うのか?と純粋な疑問があるのです。

ウェッブ裁判長も帰国後「間違いであった」と述べている東京裁判についてはひとまず横においておきましょう。

中国側が主張する「一晩で57418人が虐殺されるのを見た!」という証言も、一人数えるのに平均一秒かかったとして休憩なしで数えても16時間が必要であり信憑性に著しく欠ける、という事実があります。

「歴史の連続性を踏まえ、願望や妄執を捨て去り、客観的に検証する」という態度こそがこれからの時代にふさわしい、と気付かされる貴重な映像資料であると考えます。

もはや大東亜戦争について特定の政治思想などから虚言/妄言を書き連ねるなど時代遅れも甚だしい、と我々は認識すべきです。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
図らずもこの映像が南京で撮影された事を証言してくださった方がおられるようですが、これを撮影した後、中国政府が主張する30万人の虐殺が行われたということになるのでしょうか?人口20万人の街で・・ね。
虐殺を主張する方々は南京陥落直後、12月13日から虐殺が行われたという主張がなされていますので、まさにこの映画の撮影されている瞬間にも何所かで日本軍の虐殺が行われていないと辻褄が合わなくなります。
規模、開始日、どちらにも嘘が含まれています。
嘘を吐いた人間の全てを疑ってかかるべきなのでは?
この映画から見て取れる秩序レベルを保つ事と住民皆殺し・・果たしてどちらが楽なのでしょうね?
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
当時の南京の雰囲気が理解できる貴重な一品。
東京”デタラメ”裁判で自虐史観を植えつけられた
人にぜひ勧めたい。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告