通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
南京大虐殺と従軍慰安婦は本当か (OR books... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

南京大虐殺と従軍慰安婦は本当か (OR books) 単行本 – 2014/9/26

5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 南京大虐殺と従軍慰安婦は本当か (OR books)
  • +
  • 天に誓って「南京大虐殺」はあったのか (公開霊言シリーズ)
  • +
  • 公開霊言東條英機、大東亜戦争の真実を語る
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 138pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「南京大虐殺論争」に終止符を打つ当事者の証言!
「虐殺など、断じてありえない。
誇り高き国に、もう一度なっていただきたい!」

朝日新聞の謝罪会見によって揺れる国際世論―――
はたして南京大虐殺と従軍慰安婦はあり得たのか!?
当時の真相を知る最高責任者・松井大将が
高天原から語った真実の歴史と現代日本へのメッセージ。


▽松井大将が語る南京入城後の様子
▽従軍慰安婦など、戦場には存在しなかった
▽旧日本軍は、世界で最も規律を守った軍隊だった
人種差別的な欧米に非難されるいわれなどない
▽日本が戦わなければ、アジア全体が奴隷になっていた

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大川/隆法
幸福の科学グループ創始者兼総裁。1956(昭和31)年7月7日、徳島県に生まれる。東京大学法学部卒業後、大手総合商社に入社し、ニューヨーク本社に勤務するかたわら、ニューヨーク市立大学大学院で国際金融論を学ぶ。86年、「幸福の科学」を設立。現在、全国および海外に数多くの精舎を建立し、精力的に活動を展開している。幸福実現党、幸福の科学学園中学校・高等学校の創立者でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 138ページ
  • 出版社: 幸福の科学出版 (2014/9/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863955553
  • ISBN-13: 978-4863955554
  • 発売日: 2014/9/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 470,170位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
そうだったか!!
私たち日本人よ過去の祖先のためにも
正しい歴史を世にしらしめよう。
なぜ、私たちが大東亜戦争で戦うことになったのか?
その時代日本の置かれている状況、白人優生、人種差別
日本のみが、ずっと昔から独立国であったことには、神々の力があったことを知ろう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 空撮屋 投稿日 2015/3/4
形式: 単行本 Amazonで購入
当時、日本軍と戦った蒋介石が「南京虐殺はなかった。聞いたこともない。」と証言している。
従軍慰安婦にしても全くの捏造であることは明白になっている。
本書は、真史であるが、やや解説不足である観は否べない。
しかしながら、自虐史観が蔓延している今日、是非、本書をあらゆる機会に拡散して欲しい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
そもそも在日一世が強制連行されてきたというのが実態は移民してきた人達でありまた不法入国者も多い今のアメリカでいうヒスパニックに近い決して黒人奴隷の人達のように無理矢理連れてこられたわけではない慰安婦も同様に無理矢理徴用した訳ではなく募集に応募してきた女性であり日本の朝日新聞が捏造した記事に韓国政府が日本からの賠償金目当てでのっかてきたさらには村山.河野談話で謝罪したことで既成事実化されてしまったのが真相だ❗

そもそも米英仏等の連合国にも慰安所は存在したしドイツ.ソ連等のファシズム国家は占領した地域の女性に対する暴行が酷かった。

また戦後の日本でもアメリカ兵による強姦等の凶悪犯罪が横行していた程だむしろ軍の慰安所を作り現地女性への暴行を抑制しようとした日本は人道的であった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
検証不能なもので歴史は語れない。逆に、虚偽、騙しといわれても反論できまい。真面目な歴史研究に対して失礼だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
【戦後70年の真実】南京戦・松井石根大将の証言

南京大虐殺と従軍慰安婦の冤罪を晴らす!松井石根大将の霊言

◇「無念!」
馬上の人として南京を歩いた陸軍大将の大和魂。
また一つ、新しい歴史の真実が明らかに!
・“南京大虐殺”の責任者として、戦後絞首刑に処せられた松井石根大将の霊言が収録され、南京事件と従軍慰安婦の真実が、当時の最高責任者の口から明かされました。
・当会ではエドガー・ケイシーや、アイリス・チャンなどの霊査・霊言によって、南京事件の真相を探っていましたが、ついに日本側最高司令官からその真意と現在に至るまでの念いが語られました。生前、日中の友好に尽力しながらも、現在、中国・韓国からは極悪人扱いされている松井大将の人柄について、ジャーナリスティックな見地から迫ります。

当事者だからこそ語れる、隠された歴史の真実
 ――霊人の言葉によって、南京開城や入城の様子がリアルに再現される

「アジアには指一本触れさせない!」
 ――大義のために戦った日本軍の「桜の心」「大和の心」がここに

過去世は高天原の一柱か
 ――現在、高天原は修復中?東條英機の霊の現状は?

馬上の人として南京を
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読んでみて、ちょっと大日本帝国陸軍のイメージが
変わりましたね。

私の親も、中学高校時代の歴史社会科の教師達も、だいたい

「陸軍は狂っていた」「陸軍が暴走した」
「海軍は優秀な人が多かったが、比較的陸軍は
 ダメな人が多かった」

のようなことを言っておりました。ごく最近、近所の
おばちゃんが、立ち話でするような内容じゃないんですが、
「あの頃はみんな狂ってた」
なんてことを、私の母相手に得意げに話しておりました。
多分テレビのドキュメンタリー番組か何かを見て
影響されたのでしょう。

まわりがそんな状態なので、私も幼少時から今日まで「そんなものかな」
と、ぼんやり思っておりました。イメージとしては
稚拙な例えですが、アニメの「天空の城ラピュタ」に
軍隊が、愚かさと貪欲さの象徴の様なかたちで登場しましたが、
あれをもっと怖くした感じでしょうか。

しかし松井大将の霊言で、そんなイメージがガラリと
変わりました。最後の方はちょっと目頭が熱くなりました。

霊言の真実性を証明する術を私は持ち合わせていないのですが、
凡人の心得
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー