¥ 994
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
%E5%8D%97%E3%82%B7%E3%83%8A%E6%B5%B7%E3%81%8C%E2%80%9C%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%B5%B7%E2%80%9D%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%97%A5+%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%B5%B7%E6%B4%8B%E8%A6%87%E6%A8%A9%E3%81%AE%E9%87%8E%E6%9C%9B+... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

南シナ海が“中国海”になる日 中国海洋覇権の野望 (講談社+α文庫) 文庫 – 2016/1/21

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 994
¥ 994 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 南シナ海が“中国海”になる日 中国海洋覇権の野望 (講談社+α文庫)
  • +
  • 中国4.0 暴発する中華帝国 ((文春新書))
総額: ¥1,836
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

米中衝突は不可避となった! “赤い中国”による新帝国主義的覇権主義の危険なゲームが始まる。
海底資源が豊富で、インド洋と東シナ海、日本海を結ぶ世界経済の大動脈・南シナ海。海洋大国をめざす中国は南シナ海の覇権奪取を目論み、周辺諸国と一触即発の状態になっている。

すでに国力の貧弱なフィリピンは完全に見下され、スプラトリー諸島を戦火を交えることなく中国に奪われた。
だが、南シナ海周辺諸国には経済力のあるシンガポールや台湾、マレーシア、中国を恐れぬ国ベトナムなど強敵がひしめいている。

“影のCIA”とも噂される民間情報機関「ストラトフォー」の地政学アナリストのロバート・D・カプランが、周辺国を歩いてつぶさに観察し、現地の学者や政治家に取材して、今後の南シナ海情勢を予測する。

危険な中国の野望とアジアの将来。

マーティン・デンプシー米統合参謀本部議長絶賛!

内容(「BOOK」データベースより)

米中衝突は不可避となった!新帝国主義の危険なゲームが始まる。海底資源が豊富で、インド洋と東シナ海、日本海を結ぶ世界経済の大動脈・南シナ海。海洋大国をめざす“赤い中国”は南シナ海の覇権奪取を目論み、周辺諸国と一触即発の状態になっている。“影のCIA”とも噂されるアメリカ民間情報機関「ストラトフォー」の地政学アナリストが占う、危険な中国の野望とアジアの将来。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 400ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/1/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062816431
  • ISBN-13: 978-4062816434
  • 発売日: 2016/1/21
  • 梱包サイズ: 15 x 10.5 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 224,594位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 はらたいらさんに3000点 トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/9/11
形式: 文庫 Amazonで購入
 本書は、中国が如何にして南シナ海に覇権を広げるかという(海軍)戦略的視点で述べている、というよりも、南シナ海に面している国々の、歴史や文化に根差す政治的思惑が、どのように南シナ海問題を捉えているか、という内容となっています。それは、国によって捉え方の温度差があり、そこが中国の付け入る隙を与えている現状を伝える物ともなっています。
 第1章と第2章は、それ以降の章と比較すると、歴史書の記述を少し引用しながら地政学の考え方を用いて南シナ海問題を俯瞰してます。ここは正直言ってしまえば、予備知識がないと読み進めていくのはやや困難かもしれません。地政学入門―外交戦略の政治学 (中公新書 (721))も併せてお読みいただくのが一番
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 setsuzi 投稿日 2016/12/22
形式: 文庫
隣国とはいえ、大変にわかりにくい国ですので、勉強になります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告