卒業 [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご観覧ありがとうございます。注)レンタル専用商品でディスクは1枚です。メーカーの承諾を得て販売している正規品です。★ケース交換、クリーニング済み。ジャケット、ディスクに若干のスレがありますが全体的に良好な状態です★ディスク、ジャケットに管理シールが貼られている場合があります。(説明書等は入っておりません)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

卒業 [DVD]

5つ星のうち 4.1 25件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,800 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆24時間管理で迅速丁寧に梱包配送し専売とお急ぎ便や多様な支払い可を約束☆綺多マルチメディア商会が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 4,000より 中古品の出品:12¥ 449より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アン・バンクロフト, ダスティン・ホフマン
  • 監督: マイク・ニコルズ
  • 形式: Color, Dolby, Letterboxed, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東北新社
  • 発売日 1999/12/24
  • 時間: 107 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 25件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HARH
  • JAN: 4933364710017
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 94,129位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   大学を卒業したベンジャミンは、そのお祝いのパーティーでロビンソン夫人と知り合い、夫人の誘惑に負けて関係をもった。一方彼は、両親のすすめでロビンソン夫人の娘、エレーヌとつき合う。はじめは嫌々つき合っていたベンジャミンだが、エレーヌの純情さに次第に心惹かれていく。それに嫉妬した夫人は、娘に自分とベンジャミンの関係をバラしてしまう。
   監督マイク・ニコルズが67年のアカデミー監督賞を受賞し、世界的にヒットした作品である。サイモン&ガーファンクルの歌に乗せて、流麗な映像が若い2人の心をとらえている。ダスティン・ホフマンがスターとなり、エレーヌを演じたキャサリン・ロスが、その清純な瞳で世界の男たちのハートをつかんだ作品だ。青春恋愛映画のバイブルともいうべき1編だ。(アルジオン北村)

内容(「Oricon」データベースより)

映画と共にテーマ曲「サウンド・オブ・サイレンス」も大ヒットを飛ばした、若き日のダスティン・ホフマン主演で贈る青春映画の名作。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

花嫁を強奪するシーンばかりがクローズ・アップされるが、実は細かい所まで粋な演出がなされていて、心憎いばかりによくできた映画なのである。 大学出の秀才で堅物のベンジャミンが、人生の荒波に揉まれて右往左往する姿は文句のない可笑しさだし、例の行動の是非はともかくとして、若さのもつマグマのようなエネルギーというのがみごとに表現されていると思う。ダスティン・ホフマンの演技、監督の演出、共に「只者じゃない・・・」と思わされる傑作です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 話の内容は、ラブコメの定型の、なぜか理由はわからないが主人公がモテると言う、思春期の中学生の願望が詰め込まれた夢の様なご都合主義な話しです。アニメの超時空要塞マクロスやあだち充の漫画と同じです。
 この映画が名作映画として残っているのは、脚本は、ご都合主義でバカな、ラブコメのような話でありながら、演出は、その逆でかなり凝った大人な演出をするので、そのギャップに驚きます。撮影や編集などかっこいいです。
 そして、ラブコメなので出てくる女性キャラの魅力が重要になります。
その重要な役どころのミセス・ロビンソン役のアン・バンクロフトとエレーン役のキャサリン・ロスは最高の演技を見せてくれます。男は絶対好きになります。
 あと製作者のこの物語に対する、大人な批判性がちゃんと劇中の背景にいる人々をとうして描かれていので、大人も楽しめるようになっています。
例えば、後半でアパートの大家さんに、話しの流れに不自然なくらい主人公に「おまえは嫌いだ!すぐに出て行け!」と何度も言うセリフは、
あきらかに意図的に製作者が物語に対する批判性を強調して、表現していると思います。 最後のバスの乗客の視線などもそうです。
 大人な人が見ると女性キャラが主人公に都合良過ぎる行動が理解できずに物語を楽しめない人がいると思います。なのでそこは、中学
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
卒業を観たのは中学1年の時だったかな?38年も前です。当時サウンドオブサイレンス、スカボローフェア、ミセスロビンソンはヒット曲でした。子供だったから、映画の内容は良く分からなかったけど、サイモンとガーファンクルはビートルズ、ストーンズ、と並ぶ位人気があった。当時はミセスロビンソンは不潔な印象で、美人だったことにも気付かなかったし、キャサリンロスがそんなに可憐だとも思わなかった。20才位の時、飯田橋の佳作座で観た時にも、そんなに良い映画だとは思わなかった。25才位の時に会社の研修でサンフランシスコに行った折、バークレーにも行きましたが、中年過ぎたこの頃になって初めて素晴らしい青春映画だと気付き、観ていると涙が出てきます。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
あと、配役も良かった。ダスティン・ホフマンやキャサリン・ロス最高でした。特にエレーナはとても魅力的でした。
しかし、キャラクターの心境がつかみにくい、理解しにくい映画でもあります。
いたるところに不自然な展開をする場面があり、その度に(?〜?)って感じです。
まず、エレーナがベンを好きになる展開が全然描かれていなかった。映画を見ていて一番気になったのが、どうしてエレーナはベンの事を好きになったの?……です。
恋愛モノなら主人公はもちろん相手の気持ちもしっかりと描くべきだと思いました。恋の裏付けじゃないですけど、理由は必要です。
もっと丁寧に作ってほしかったです。映画は短いですから、もう20分ぐらい継ぎ足しても良かったと思います。
たしかに、印象に残るシーンの多い映画でしたが、けして名作とは言えない非常にもったいない作品だと思いました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
スチューデント・アパシーなんて言葉は、知らなかった34年前の中学2年生の時に、見た時からベン(ダスティン・ホフマン)の無気力感、生きる意味の喪失感は共感できた、アンバンクロフトが良かった、中年になってくずれて行く人妻役を魅力たっぷりにリアリティを持って演じていた、特に高級なテーマや仕掛けがあるわけではないが、卒業というタイトルからも想像できるが、人が人生のある時点で持つであろう感情をうまく表現してくれている。サイモンとガーファンクルの音楽が最高にあっている。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 当時のアメリカを象徴した映画です。この映画が上映されたのは1969年で、僕が小学生の頃。その頃のアメリカは、ベトナム戦争に嵌っていく一方で、初の月面着陸を果たすなど、強い国と技術先進国のイメージがありました。そして自由主義の中心国。その国が作りだした感性のある映画です。

 音楽は、当時一躍スターになったサイモン&ガーファンクル。彼らは、初めて映画音楽を担当し、注目を浴びました。

映画は、ダスティ・ホフマンとキャサリン・ロスが共演し、69年には優秀監督賞を受賞。ミセス・ロビンソン役で、亡くなったアン・バンクロフトの存在も忘れ難いものです。

 ラスト・シーンで教会から花嫁とともに去っていくベンジャミンことホフマンの表情と、二人の笑顔が非常に印象的でした。

 ストーリーだけを取ると、大人版「小さな恋のメロディ」なのですが、将来を見失った青年とアメリカが二重写しになる社会派恋愛物語です。

 

 この映画は、音楽と映像を重ねた映画としても貴重です。サントラ「卒業」と「ミセス・ロビンソン」は、69年のグラミー賞を受賞。音楽も、ふたつの新曲は採用されませんでしたが、「サウンド・オブ・サイレンス」「スカボロ・フェア」など既存の曲が、映画のイメージを作るだけでなく、「
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す