この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

卒業 [Blu-ray]

5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 1,834より 中古品の出品:2¥ 1,467より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルブルーレイ】 - ブルーレイ2枚 3090円などのセール情報や、初ブルーレイ化作品・新作など、NBCユニバーサルのブルーレイ情報はこちら

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ダスティン・ホフマン, キャサリン・ロス, アン・バンクロフト, マーレイ・ハミルトン, リチャード・ドレイファス
  • 監督: マイク・ニコルズ
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日 2012/04/13
  • 時間: 106 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B006QJT3TI
  • JAN: 4988102055707
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 17,937位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

あの感動との再会を
新たな感動との出会いを

ユニバーサル 100周年
ユニバーサル シネマ・コレクション ブルーレイ


サイモン&ガーファンクルの音楽、語り継がれるラストシーン!アメリカン・ニューシネマの永遠の傑作!

【キャスト】
ダスティン・ホフマン/キャサリン・ロス/アン・バンクロフト/マーレイ・ハミルトン/リチャード・ドレイファス

【スタッフ】
監督:マイク・ニコルズ

制作年:1967年

(C) 1967 StudioCanal Image. All Rights Reserved.

※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』のマイク・ニコルズ監督によるアメリカンニューシネマの名作。ロビンソン夫人と逢瀬を重ねていたベンジャミンは、彼女の娘と付き合うことに。“ユニバーサル・シネマ・コレクション”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
何回かの購入をしましたが、画像は今一でした。
今回はようやく、GOODです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
1967年。 監督はマイク・ニコルズ。

原作はチャールズ・ウェッブの同名小説。

大学を卒業して帰郷したけど目標を失っている男(ダスティン・ホフマン)が、
アラフォーの人妻に誘惑されるお話。

Hello darkness, my old friends という暗くて最高な歌い出しで始まる
「The Sound of Silence」(サイモン&ガーファンクル)で幕を開けるのでテンションが
マックスになった。 サイモン&ガーファンクルのメロディとハーモニーに美しさと、
メランコリックな雰囲気がすばらしすぎる。

テンポのいい展開と、やりすぎなストーリーに大満足。 エレーンを演じたキャサリン・
ロスがまた美しい。

ラストのバスの中のシーンでの、2人の表情にやられた。 名シーンだと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hw トップ500レビュアー 投稿日 2016/3/23
サイモンとガーファンクルの名曲「サウンド・オブ・サイレンス」「4月になれば彼女は」「スカボロー・フェア」「ミセス・ロビンソン」が流れ、ダスティン・ホフマンがキャサリン・ロスを略奪してバスに飛び乗るラストシーン。1960年代を代表する青春映画の名作だ。愛を貫いた2人は幸せいっぱいのはずなのに、エンディングに漂う虚無感が印象深い。

大学を卒業し前途洋々のベンジャミン(ダスティン・ホフマン)。卒業祝賀パーティで中年女性ミセス・ロビンソン(アン・バンクロフト)に誘惑され、逢瀬を重ねる。それまでの自分自身を「卒業」して新しい世界に踏み出そうとするベンジャミンと、夫婦関係も倦怠期を迎え、火遊びのセックスを楽しみたいミセス・ロビンソン。だが彼女の娘エレーン(キャサリン・ロス)が現れ、その不倫関係は崩れていく。ベンジャミンは両親の勧めで不承不承エレーンと付き合うことになり、次第に彼女に惹かれていく。その若い2人に嫉妬するミセス・ロビンソン。やがてエレーンは母親とベンジャミンの関係を知ることになるが……。

両親の反対を押し切り、周囲からの妨害も乗り越えて、結婚式が行われている教会から花嫁を強引に奪い取るというお伽噺のようなストーリーだが、この映画はそれで終わるような単純な話ではない。ウェディングドレスのままのエレーンとベンジャミンはバスに飛び乗ったものの、
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 話の内容は、ラブコメの定型の、なぜか理由はわからないが主人公がモテると言う、思春期の中学生の願望が詰め込まれた夢の様なご都合主義な話しです。アニメの超時空要塞マクロスやあだち充の漫画と同じです。
 この映画が名作映画として残っているのは、脚本は、ご都合主義でバカな、ラブコメのような話でありながら、演出は、その逆でかなり凝った大人な演出をするので、そのギャップに驚きます。撮影や編集などかっこいいです。
 そして、ラブコメなので出てくる女性キャラの魅力が重要になります。
その重要な役どころのミセス・ロビンソン役のアン・バンクロフトとエレーン役のキャサリン・ロスは最高の演技を見せてくれます。男は絶対好きになります。
 あと製作者のこの物語に対する、大人な批判性がちゃんと劇中の背景にいる人々をとうして描かれていので、大人も楽しめるようになっています。
例えば、後半でアパートの大家さんに、話しの流れに不自然なくらい主人公に「おまえは嫌いだ!すぐに出て行け!」と何度も言うセリフは、
あきらかに意図的に製作者が物語に対する批判性を強調して、表現していると思います。 最後のバスの乗客の視線などもそうです。
 大人な人が見ると女性キャラが主人公に都合良過ぎる行動が理解できずに物語を楽しめない人がいると思います。なのでそこは、中学
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TACO VINE メンバー 投稿日 2014/9/26
2014年現在ですが、過去の「名作映画」がテレビで再放送されなくなったのはなぜだろう。
この映画には、WASP、ユダヤ、プロテスタント、当時の金持ち階級や教会への皮肉などなど
アメリカ社会へのメッセージが含まれている。当時のアメリカを知っている人ほど
この映画への理解は深くなると思います。私は70年代生まれなので分からない点も多いとは思っています。

主人公のベンジャミン(ダスティン・ホフマン)は、大学を奨学金で卒業するほどの
優れものだが、女も知らず、将来何をしたらいいのかわからない、悩める青年。
そんな、ぎこちないお坊ちゃんであるベンジャミンは、親戚が集った大学卒業記念パーティーで、
お父さんのビジネスパートナーであるロビンソン夫妻と再会します。
そしてベンジャミンはロビンソン夫人(アン・バンクロフト)に誘惑され、その後肉体関係を持ちます。
(あんな美貌のご婦人なら、どんな青年でもイチコロでしょうね・・・)

情事を重ねる二人にある変化が訪れます。父とロビンソンの同意の元で紹介された、
ロビンソン夫人の娘エレン(キャサリン・ロス)を、ベンジャミンは本当に好きになってしまう。
エレンもまたベンジャミンを愛してしまうのです。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー