通常配送無料 詳細
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 VALUE BOOKS
コンディション: 中古品: 良い
コメント: シミあり。中古品のため商品によっては多少の汚れやキズがある場合がございます。プロダクトコード、DLコード、帯、応募ハガキ等は付属しません。管理ラベルは簡単に取れます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

卑怯者の島: 戦後70年特別企画 単行本 – 2015/7/17

5つ星のうち 4.4 99件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 490
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 卑怯者の島: 戦後70年特別企画
  • +
  • ゴーマニズム宣言SPECIAL 新戦争論1
総額: ¥3,780
ポイントの合計: 115pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本人よ、これが戦争だ!

『ゴーマニズム宣言スペシャル戦争論』で戦後日本人の戦争観を覆した小林よしのりが、戦後70周年の節目に、初の戦場ストーリー巨編に挑む。舞台は天皇皇后両陛下も訪問したパラオ・ペリリュー島を想定した南の島。玉砕戦に臨む日本兵を主人公に、壮絶な戦闘シーンと極限の人間ドラマを描ききる。日本の戦争ドラマにありがちな「反戦平和」や「お涙頂戴」などのお約束をすべて排除し、戦争のリアルだけを追及したこの作品は、『プライベートライアン』や『地獄の黙示録』といった戦争映画に比肩するスケールと迫力を持つ。究極の戦争ドラマに、血湧き肉躍り、心震える!


登録情報

  • 単行本: 493ページ
  • 出版社: 小学館 (2015/7/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409389759X
  • ISBN-13: 978-4093897594
  • 発売日: 2015/7/17
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 99件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 90,377位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
戦争に行くということがどんなことなのか、想像もできない。
大げさなのか、もっとひどいのか、ただ悲惨なことにはかわりない。
ただ、こういうことが起こりうるということを知るということは必要であると思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 オーネスト. H. トップ100レビュアー 投稿日 2016/12/22
形式: 単行本 Amazonで購入
本作品の感想・解説は、南雲氏の記した説明に尽きると思う。

著者、小林よしのり氏は真言宗寺院の娘を母親に持ち、祖父の寺に預けられ幼少時を過ごしている。祖父は大東亜戦争中ニューギニア島へ派遣され、小林はその祖父等の戦地での話を聞きながら育った。この寺で体験を通して、人種差別が渦巻き、帝国主義が世界を制覇した過酷な時代を生きた先人たちが、文字通り命をかけて、現在の我々に命のバトンを手渡してくれた現実を認めず、彼らに感謝せず、現在の価値を持って、安易に彼らの行為を断罪する戦後から現在に続く風潮に疑問を持ち、そのことを作品として世に問うてきた。

その意味で、本作品はまさに、小林よしのり氏のこれまでの主張をもとに、渾身の力で描きぬいた漫画といえる。

是非、読者には、自分が明日戦地に赴いたらどうするのかということを、自分の心の中にある卑怯な部分を直視しながら、作品の登場人物の一人として、筆者が描いた戦争を体験してみてほしいと思う。

ただ、当時の日本人は今の私達よりも遥かに、卓越した克己の人であり、我々が命のバトンを受け継いだという意味では地続きでも、彼らの強靭な克己心や死生観を含む精神世界においては、実は大きな断続があるように思われる。
その意味で、戦前の兵士の精神を、私のような戦後の教育の中で卑怯
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
すごくよく分かる。
自分もその場にいたら、こういう行動をとってしまうだろうと思えた。

建前の正義と、自分の中にある正義。
でも本流の流れには贖えない主人公の葛藤が心に迫る。
すごい作品を残されたなと思いました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
いやー!おもしろかったよ、小林よしのり氏の
描写力はさすがだな
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
死地に臨んで竦み上がり、敵前逃亡し、汚名をそそぐチャンスだった最後の作戦でもついに体が動いてくれず、一人生き残った主人公。
軍神として隊員の信望を集め、全員に戦って死ねと命じながら、自分の弟だけは敵兵と密約してでも救おうとした隊長。
果ての無い飢餓に耐えかね、仲間を襲い、大事な食料を奪った隊員。
この作品の登場人物は、多くが己の中に卑怯な部分(と、各キャラは思っている)を抱え込んでいる。しかし読後、彼らを唾棄すべき卑怯者であると感じる読者はそれほどいないだろう。作者の圧倒的な情念が、彼らが背負った壮絶な運命を、葛藤を、極限の状況を見事に描き切っていて、生半可な思い付きの揶揄を許さない。
しかし実は作中、明確に卑怯者であるというスタンスで描かれているキャラが一人だけいる。安全地帯から「御国の為(自分達の為)に存分に戦ってください」と言って若者を戦地に送り出し、彼らが帰ってきたら厄介者のように扱った大多数の日本人の内の一人である。
あのキャラクターは、そのまま戦後~現代の私達日本人の姿でもある。作者はあの島で戦った者たちを卑怯者として描いてはいないし、あの島を「卑怯者が集まった島」として描いてはいない。
では、タイトルにもある「卑怯者の島」とは本当は一体何を指していたのか?
この作品は、当時の戦争を圧倒的な情念を持って描くと同時に、明確に現代の日本人に向けて強烈な問いかけを放っている傑作である。
1 コメント 256人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
この作品には戦争を賛美するような表現や、戦争を否定するような表現、軍人を擁護するような表現すらもありません。

なんとも言えない、生温い何かを押し付けられたような「嫌な」読了感は、作者があらゆる感情を消し、ひたすら描いたことによるものなのかなぁと感じました。

日本兵が大事にしていたモノと、アメリカ兵が大事にしていたモノの差、この戦いの意味を考え、その結果死ぬことを決意したモノ、軍神になれなかったモノ、戦争に負けた日本が失ったモノ。。。

心に残っている「モノ」がとても多い漫画です。名作です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この平和な日本でも働き過ぎて亡くなってしまう「過労死」が世界でも有名な日本人

その根底には愛国心と公(社会や会社)への強い忠誠心があるように感じます

それが世界標準からすると異常におもえるのでしょう、このマンガにもあるように日本人は泥水をすすりながら我慢を強いられても日本を守ろう年、一方で米軍は夜にはパーティーをするといった楽しみも忘れない。

戦争というのは最前線に行って突撃した人(勇敢な人)ほど亡くなることが多い、過労死もしかりでまじめな人に亡くなる人が多いのでは亡いでしょうか?

あの人はいいひとだった

と、無事帰還した人が言えるというのは運がいいと言うこともある一方で上手に危機を逃れてきた人だったのでしょう。

戦後70年を超えて忘れられかけていた過去の犠牲の上に今を生きる自分があり、日本社会があるのだと思うと普通の生活がありがたいと思える本で読み入ってしましました。

ただ、内容が過激で子どもには勧められないので★4つにさせてもらいました
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー