中古品
¥ 1
+ ¥ 255 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品になりますので、使用感・経年による傷み(ヤケや折れ等)がございますが、 本文に書き込みや重度の傷みはございません。簡易クリーニング済み。 日本郵便のゆうメールにて発送します。帯は付属していないものとお考えください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

卑弥呼は何を食べていたか (新潮新書) 単行本 – 2012/12/15

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 11,230 ¥ 1
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

日本人の祖先は何を食べていたか? 卑弥呼の食卓を飾った料理とは? 仁徳大王、文武天皇、長屋王など古代の大和王朝の宴にあがった人気のメニューとは? 木簡などの遺物から、その食世界を覗いてみると…… アワビ、エビ、カニ、焼肉、鴨、スッポン、フグ、チーズ、サラダ、そして美酒やデザートなど……。新鮮で豊かな医食同源のメニューが浮かび上がってきた! 邪馬台国で卑弥呼に捧げられたご馳走、古代の宮廷料理、遣魏使の御弁当など、垂涎の美味なる「古代の食卓」が今、よみがえる!

内容(「BOOK」データベースより)

日本人の祖先はどんな物を食べていたか?「邪馬台国の食卓」を飾った料理とは?仁徳、文武、長屋王など古代天皇家の晩餐とは?木簡などからその食世界を覗いてみると、新鮮で豊かな医食同源のメニューが浮かび上がってきた。卑弥呼に捧げたご馳走、大和王朝の宮廷料理、遣魏使の弁当など「古代の食卓」が今、甦る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 新潮社 (2012/12/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106104997
  • ISBN-13: 978-4106104992
  • 発売日: 2012/12/15
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 738,689位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

ベスト500レビュアー2012年12月21日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
形式: 単行本
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年1月23日
形式: 単行本
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告