通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
半魚人伝―水中写真家・中村征夫のこと がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 monnybook
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版。帯なし、カバー多少汚れあり。本文キレイです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

半魚人伝―水中写真家・中村征夫のこと 単行本(ソフトカバー) – 2010/11/19

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 250
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 半魚人伝―水中写真家・中村征夫のこと
  • +
  • 海への旅
  • +
  • 水中の賢者たち
総額: ¥5,672
ポイントの合計: 77pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

水中写真の第一人者を徹底解剖した「全・中村征夫」

「木村伊兵衛写真賞」「土門拳賞」のダブル受賞という快挙(受賞当時、史上2人目。2010年現在、3名)を成し遂げてもなお、感性と技術を研ぎ澄まし、「人間と自然」に迫りつづける水中写真家・中村征夫。しかし、そんな彼にはまだ埋めることができない、精神の空隙がある――。  本書は、中村征夫の、出生の謎に始まる全足跡をたどりながら、彼の執念の取材力や独自で培ってきた撮影技法、そして、つねに時代の半歩先を泳ぎつづける精神性など、中村征夫の人間的核心に迫ったノンフィクション作品です。
彼が齢六十半ばを過ぎた今でも潜りつづける理由、観る者の心を鷲づかみにする写真の力の根底には、波瀾万丈の人生から学び取った確固たる思想が流れていることを、著者は本書で見いだしました。
冒頭に触れた、中村征夫の心底にありつづける、「埋められない精神の空隙」とは何か――。その答えは、本書を構成する4つのエッセンスに集約されています。
 ①中村征夫の知られざる過去と人間性
 ②夢と仕事への執念
 ③独学で生み出した撮影技術
 ④環境への先見性とジャーナリスティックな思想性

内容(「BOOK」データベースより)

意志か?宿命か?「木村伊兵衛写真賞」を得て、「土門拳賞」も得て、それでも埋まらない精神の空隙。時代の半歩先を泳ぎつづける彼の先には何があるのか?日本人の根性を具現した、「全・中村征夫」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 414ページ
  • 出版社: 三五館 (2010/11/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883205193
  • ISBN-13: 978-4883205196
  • 発売日: 2010/11/19
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 932,202位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 dream4ever VINE メンバー 投稿日 2010/12/22
形式: 単行本(ソフトカバー)
藤崎さん(1968-)のノンフィクション作家としてのデビュー作との事。
400ページを超える大作である。
中村征夫氏(1945-)は多くの方が知っている水中写真家である。

半魚人というニックネームは中村さんに椎名誠がつけたのだそうだ。
さて、本書である。中村の八郎潟で遊んだ地元での生い立ちから、これまでの人生を藤崎氏が中村との対話と中村のこれまでの著作や活動を紐解きながら詳細に綴っていく。

見方によっては冗長にも感じないこともない。しかし、そこに藤崎の中村に対する深い思い入れと愛情があることが文章の節々に感じるのである。
地上と言う被写体はおそらく多くの人の目につきやすい、しかし水面下は通常簡単に見ることが出来ない。見るためには潜り、泳ぎ、写真や映像として記録して、初めて我々の眼に触れることになる。

東京湾、原油流出事故、諫早干拓、石垣島白保、一般の人々は海面上しか眺められない。
実はその下に事実があるのである。中村が撮り続けた海面下にこそ、私たちが向かい合わなければいけない現実がある。
藤崎氏はそのことを私たちにとつとつと語りかけているのだ。

ノンフィクション作家の佐野眞一は日本中を自ら歩いた民俗学者の宮本常一を「歩く巨人」と称した。
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 日本代表 投稿日 2010/11/25
形式: 単行本(ソフトカバー)
日本のネイチャーフォト界を牽引して来た中村征夫氏の文字通り熱い魂の記録。

一人の人間の生きざまの記録として非常に感動的であるだけでなく、特に写真やフォトジャーナリズムを志す若者にとっては、心の羅針盤になるような評伝ではないか。

自分が本当に人生を掛ける価値がある、と覚悟を決めたものに全てを打ち込むことの、勇気と難しさ。華々しい活動を続ける中村氏の活躍の裏に、これほどまでの苦労があったのか、と改めて『表現する者』としての厳しさを知らされる。

普段我々が良く目にする中村氏の、思わず頬が緩んでしまうようなほのぼのとした写真の裏に、中村氏の血の滲むような刻苦が浮かび上がって来る。

写真好き、海好き、自然好き、魚好き、そして評伝好きの方、全てにお勧め。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す