通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
半端者(はんぱもん)―ススキノ探偵シリーズ (ハヤ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 基本的にキレイな物を出品しております。中古品の為、多少の使用感のある物もございます。在庫が無い場合や、不備がございましたら返金にて対応させて頂きます。ご注文確認後、迅速に配送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

半端者(はんぱもん)―ススキノ探偵シリーズ (ハヤカワ文庫JA) 文庫 – 2011/3/10

5つ星のうち 3.6 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 半端者(はんぱもん)―ススキノ探偵シリーズ (ハヤカワ文庫JA)
  • +
  • 旧友は春に帰る (ハヤカワ文庫JA)
  • +
  • 探偵、暁に走る―ススキノ探偵シリーズ (ハヤカワ文庫JA)
総額: ¥2,851
ポイントの合計: 88pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

授業にも出ないで昼間から酒を飲み、思い通りにならない現実に悩みながらも、また酒を飲む。ひょんなことから知り合った謎のフィリピン女性、フェ・マリーンと恋に落ちた大学生の“俺”は、行方不明となった彼女を捜して、ススキノの街をひたすら走り回る。若き日の“俺”、高田、そして桐原の人生が交錯し、熱く語らい、ときに本気で殴り合う。デビュー作『探偵はバーにいる』の、甘く切ない前日譚が文庫オリジナルで登場。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

東/直己
1956年札幌生まれ。北海道大学文学部哲学科中退。北の歓楽街ススキノでその日暮らしの一方、家庭教師、土木作業員、ポスター貼り、カラオケ外勤、タウン誌編集者などあまたの職業を経て、92年『探偵はバーにいる』で作家デビュー。2001年には『残光』で第54回日本推理作家協会賞の“長編および短編集部門”賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 431ページ
  • 出版社: 早川書房 (2011/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150310254
  • ISBN-13: 978-4150310257
  • 発売日: 2011/3/10
  • 商品パッケージの寸法: 16 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 359,311位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ススキノ探偵シリーズの主人公(名前は不明。自称”桑畑三十郎”)が若い時の話です。一応、メインプロットらしきものはあるんだけどふにゃふにゃした結末。帯にあるとおり第一作「探偵はバーにいる」の前日譚で、このシリーズのファンにはニヤリとさせられるシーンが多々出てくるけれども、初めて読む人にはちょっと物足りないかも知れません。ただ、まだこのシリーズを読んだことがない人には、読んでくと主人公の人間関係や性格などがよく分かるので入門編として良いかなとも思います。少し前あたりの作品テーマが解決しようがない社会の暗部であったりして、読んでてこちらも精神的にドンドン落ち込んでしまい、東直己作品からしばらく離れていた私ですが、久々に「面白い!」と思える作品を読むことができてとても良かったと思います。畝原ものでも感じるけど、東直己って人の「痛み」に関する表現は具体的で読んでるこちらも痛くなりますね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 
 この『半端者』は、デビュー作『探偵はバーにいる』(早川書房,1992年)の前日譚を描いた文庫オリジナル版で、主人公の《俺》は24歳という設定だ。この作品において、例えば、相棒の《高田》と「そもそも知り合ったきっかけが、遊楽地下(映画館名)じゃなかったろうか」(p.111)といった具合で、共に“映画好き”だったことが発端となっていることが分かる。また、インテリヤクザの《桐原満夫》や、メディア事業に打ち込む《篠原》などとの関わりも、当書で明らかとなっている。こうした《俺》を取り囲む個性的な主要登場人物たちを、さらに“肉付け”しているのが、このオリジナル版の特徴だろう。従って、本書はある意味で
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/8/1
形式: 文庫
<ススキノ探偵シリーズ>長編第9作の本作品は、原点回帰とも言うべき作品となっています。

シリーズ第1作の「探偵はバーにいる」は、数行の0章から始まる、1980年頃のススキノを舞台にした作品ですが、本作品も同じように0章から開始。
「著者あとがき」にもあるとおり、第1作の「前日譚」となっているのです。

興味深いのは、巻頭の登場人物欄で、主人公の<俺>は、「ススキノの便利屋」と紹介されてきていましたが、本作品では、「北大の学生」となっており、サブストーリーとして、これまで住んでいたアパートから出て行くことになり、ススキノの片隅に住むまでが描かれています。

<俺>の友人で、ススキノに店を構える人物が、こんなセリフを吐きます。
「お前らは、永遠に、客なんだ。客は客で、威張って酒飲んでりゃいいんだ。俺らが遊ばせてやる。」
−−そう、歓楽街というのは、外の人間にとっては、なにがしかのお金を払うことで、遊ぶ時間を過ごすことのできる場所であり、ずっと居続けることはできないものなのです。

本作品の<俺>は、まだ「ススキノの外の人間」。
本作品は、そんな彼が、「ススキノの住人」になっていく過程を描いた作品と感じました。
単なる「半端者」が、「ススキノの便利屋」にどのように変貌していくのか、めくるめく展開が、読者を待ち受ける、快作です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ススキノ探偵シリーズですが、
これまでの時系列を飛んで、
学生時代の“俺”。

高田や松尾、
桐原や、
桜庭といった、
シリーズでレギュラー的な人たちとの、
出会いのような場面が多く、
常連には楽しめる内容。

以前にちょこちょこと触れられたエピソードが、
リアルに登場してくるのも、それ。

特に、
桐原とのエピソードが印象的。
微妙なやくざの親分と堅気の男という、
ドラマの中心の一つである関係が、
なんとなく納得させられる。

若さを感じる部分もあるが、
やはり、
金を稼ぐ行為に関して、
今一つリアリティを感じない。
まぁ、それは、
この作品だけではないが。
それによって、
物語であることを強く感じてしまうが、
ある意味作者の狙いかもしれない。

なんとなく漂うフレッシュさは、
悪くない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック