半沢直樹 -ディレクターズカット版- Blu-ra... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【Amazon配送センターより発送】帯、東京中央銀行通帳型メモ、ディスク、ブックレット、付属。BOXケース、ブックレットに多少のスレがございます。しかし、全体的に概ね良好な状態です。中古品の為、検品には万全を期していますが、付録が付いていない場合など、状態説明に錯誤がある場合は対応させて頂きます。お手数をお掛け致しますが、ご連絡はメールにてお願い致します。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 20,462
通常配送無料 詳細
発売元: Asleep
カートに入れる
¥ 23,400
通常配送無料 詳細
発売元: よろずや JAPAN
カートに入れる
¥ 23,998
通常配送無料 詳細
発売元: アルファバリュー
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

半沢直樹 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX

5つ星のうち 4.5 114件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 31,104
価格: ¥ 20,464 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 10,640 (34%)
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 20,462より 中古品の出品:16¥ 15,640より コレクター商品の出品:6¥ 16,400より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 半沢直樹 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX
  • +
  • 下町ロケット -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX
総額: ¥42,237
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 堺 雅人, 上戸 彩, 及川光博, 北大路欣也, 香川照之
  • 形式: Color, Limited Edition
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • ディスク枚数: 7
  • 販売元: TCエンタテインメント
  • 発売日 2013/12/26
  • 時間: 594 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 114件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00G5ZCD8G
  • EAN: 4571390734838
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 11,926位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介


★封入特典★
ブックレット(20P予定)

★特典映像★ 総計103分
未放送シーンを含む全話ディレクターズカット版! 合計20分超の追加シーンを収録!
◆半沢直樹の裏側 ~メイキング・NG集・クランクアップ~ 【25分】
これまで見ることのできなかった半沢直樹の裏側を公開!
◆半沢直樹ナビ 【20分】
林修先生による銀行やお金に関する特別講義!
◆「王様のブランチ」独占 キャストインタビュー 【28分】
堺雅人、上戸彩、及川光博、片岡愛之助、北大路欣也、香川照之らによるスペシャルインタビュー!
◆福澤克雄ディレクターインタビュー 【25分】
チーフディレクター・福澤克雄によるドラマ制作秘話!
◆スポット集 【5分】
入魂の番宣スポットを一本化!

今世紀NO.1視聴率(最終回視聴率42.2%)をたたき出し、日本中が夢中になったドラマ!

未放送シーンを含む全話ディレクターズカット版!

「やられたらやり返す! 倍返しだ! ! 」


★瞬間最高46.7%の高記録! 関西ではなんと瞬間最高50%超えを達成! ! 初回放送から1度も視聴率を落とさず右肩上がりに上昇し、今世紀NO.1ドラマに!

★連日各メディアに取り上げられ、全国に「半沢直樹現象」を巻き起こし「倍返し! 」は2013年流行語大賞の最有力候補に!

★直木賞作家、池井戸潤の話題作! 原作は異例の250万部突破(2013年10月現在)!

★放送終了後も「半沢直樹」熱は冷めず、TBSには続編を求める視聴者からの声が殺到!


【作品内容】
東京中央銀行大阪西支店・融資課長の半沢直樹(堺雅人)は、バブル経済末期に銀行に入行したいわゆる「バブル入行組」。それから20年ほど経過した現在、行内では業務の中心的役割を担う世代になっていた。
東京本店融資部に勤務する渡真利忍(及川光博)は、半沢と同期入行組であり、入行以来の親しい仲。頻繁に助言をし、半沢をフォローし続ける。一方家庭では、妻の花(上戸彩)が、文句を言いながらも明るく実直な性格で夫を支える。
そんな半沢に、ある日突然支店長の浅野(石丸幹二)から強引な指示が下り、西大阪スチールから5億円の融資契約を取り付けることになった。しかも、新規の融資先にも関わらず条件は「無担保」。
この融資によって営業目標を達成した大阪西支店は、名誉ある最優良店舗賞を初受賞すことになった。しかし、一見優良企業に見えた西大阪スチールは陰で莫大な負債を抱えており、それを隠すために行っていた粉飾決算が発覚。
融資からたった3か月後、西大阪スチールはあっけなく倒産した。この結果、東京中央銀行は融資額5億円全額を騙し取られることになってしまった。

出世に執念を燃やす浅野支店長は、その全責任を半沢一人に負わせようと画策。東京中央銀行で異例のスピード出世を果たし、常務にまで上り詰めた大和田(香川照之)にまで根回しをする。
東京中央銀行は、バブル期の膨大な不良債権に苦しんだ都市銀行が合併して出来上がった「メガバンク」。行内には、合併後も「旧・産業中央銀行」出身者、「旧・東京第一銀行出身者」の派閥に分かれ、熾烈な権力争いを繰り返していた。
大和田常務は「旧・産業中央銀行」出身、浅野支店長も同行出身である。そんな中にあって「旧・東京第一銀行出身者」の中野渡頭取(北大路欣也)は、行内融和を唱え、派閥対立を鎮めるために苦心していた。
融資失敗の責任に関して、東京本店に呼ばれ聞き取り調査に出席した半沢は、全責任を自らに負わせようとする上司たちに真っ向から反発し、取られた5億円を取り戻すと宣言する。
何故ならそれが、半沢がバンカーとして生き残るための、唯一の道だったからだ─。

【仕様】
2013年/日本/カラー/全10話/本編594分+特典映像/16:9 LB/
片面1層/日本語字幕(本編のみ)/7枚組(本編Disc6枚+特典Disc1枚)/音声:リニアPCM 2.0chステレオ
※仕様は変更となる場合がございます。


(c) TBS

発売元:TBS
販売元:TCエンタテインメント

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

社会現象を巻き起こした堺雅人主演のTVドラマのBOX。バブル期に大手銀行に入行した半沢直樹が銀行の内外に現れる敵と格闘していく様子を描く。原作は直木賞作家・池井戸潤。全10話を収録。TV未放映シーンを追加したディレクターズカット版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 レブロン トップ500レビュアー 投稿日 2015/1/23
形式: DVD
高視聴率を取り、「倍返し」の流行語も生んだドラマ。アクが強い印象があったが、DVDで観てみると、やっぱり面白い。
銀行という巨額の資金が動く組織を舞台に、虚々実々の駆け引き、野心、復讐、友情、モラル、正義といったものが、強烈に描かれる。ドラマの展開もスリリングで目が離せない。
また、キャストの(良い意味で)”濃い”演技も見ものだ。堺雅人はもちろんのことだが、歌舞伎の素養を生かしたようにも思える片岡愛之助の強烈な演技。そして、香川照之は、やっぱり上手い役者だと思った。凄みと迫力と余裕。ユーモアさえ感じさせる複雑なワルさ。よくぞこの場面でこの表情をやってくれた…と思うシーンが、あちこちで見られる。

半沢vs黒崎、半沢vs大和田といった強烈な対立の構図がこのドラマの見どころだが、それゆえに同期の二人、渡真利や近藤との友情が印象的に残る。特に近藤というキャラクターは秀逸だった。脆さ、弱さのある人物だが、それでいて、芯には強い部分もある。家族思いで、そこを付かれると弱い。見ていて、共感できる人物で、彼がいることで、半沢や他のキャラクターも際立っていたのだと思う。

全部観終わると、第二部の印象が強いが、第一部のキャストも光っていた。赤井秀和の街工場の親爺っぷりはハマっていたし、宇梶剛士のワンマン社長ぶり、檀密のクールな愛人ぶりも印
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あゆた 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/11/23
形式: Blu-ray
この作品がドラマ化決定したときに
他の新作ドラマと違い主題歌をアイドルとかが
歌わない=相棒のようにテーマソングだけで
シンプルにまとめると発表され、
清々しい決断だなと思ったら、それが見事に
大成功でしたね。

ここ最近のドラマは作品イメージに全然似合わない
出演者の誰かが歌った曲を強引に
主題歌とつかうタイアップの色が濃くて
それが逆に作品イメージを台無しにしていることも
多かったのだと、改めてこの作品で
気づかされました・・・。
コメント 107人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
初回を見逃したので、そのまま見なかったら大ブームになってて、最終回を見ました!

これはおもろい!

ってことで、Blu-rayを購入して初回から見てみました。

発売までに書籍版も購入して、その後にドラマを見たんですが、どちらも本当に面白い。

原作本が面白いとドラマ版にがっっかりってことがよくありますが、このドラマはドラマとして面白い作りになってましたね。

堺雅人さんや香川照之さんをはじめ、登場人物のキャラが本当に良かった。

見てない人は、購入するのが高いとおもわれるならレンタルでもいいので見てみたほうがいいと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
やられたらやり返す!倍返しだ!皆がやりまくってましたが全く知らずにやってました(笑)
友達が面白いから絶対見ろ!と言われてたんですが、元々ドラマとか見るのがしんどいというか見るまでが億劫だったのですが、これは凄いです!
いや、何で今まで見なかったのだろうと後悔してます。
徹夜してまで見たい勢いですね(笑)
迷ったら見て損はないですよ!おすすめです!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
これまで見たドラマの中で、最高の一本と言って過言ではないでしょう。
主演の堺さんをはじめ、配役もいうことありません。
ほぼ毎回、しびれるような逆転の展開は、見る者の日頃のストレスを発散させてくれるような爽快さがあります。
ただ、ディレクターズカットとの割には、放映時との違いがあまりありませんでした。
でも、おまけのボーナストラックDVDは結構面白かったです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/1/14
形式: DVD
TV放映時に一度も見たことがなかったのですが、肩身が狭かったですね。
ようやく見ることができました。
そうはいっても原作は読んでいましたので、まんざら知らないわけでもありませんでした。
映像と原作を比べてみて、ヒットするドラマは原作にない面白さが加わっているんだなと思いました。

原作では「倍返し」は、そう度々言いません。
ところがTVドラマになりますと一話に一回は決めゼリフとして使われ、それが流行語大賞にまでなるほど受けたわけですね。
これは、シナリオ側が加えた味付けだと思います。
ここがやはり違うところなんでしょう。
原作は2つの小説ですが、それを時系列的に再構成し、全12話で区切ってそれぞれにクライマックスが用意されています。
小説と比べるとディティールは不足感があるのですが、展開が早く一話一話にドラマが用意され、キャラもストーリーにあわせて微妙にアレンジされています。

堺雅人さんは素晴らしい俳優だということは知っていましたが、及川光博さんが見事でした。
原作だけ読んでいるという人も是非ご覧になっては、と思います。
1 コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック