この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

半島有事〈4〉漢江(ハンガン)の攻防 (C・NOVELS) 単行本 – 2011/4

5つ星のうち 2.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

韓国全土は北朝鮮軍に掌握され、「ブラックアウト・コリア」と呼ばれる占領状態が続いていた。一週間前まで対馬で死闘を繰り広げていたものの一時講和し、共に戦うこととなった日韓―。そしてついに、海兵隊OB、韓国陸軍空挺部隊、陸上自衛隊のコマンドからなる合同チームがソウルに降下潜入。しかし、わずか五〇名足らずの兵士を、万を超える北朝鮮軍が包囲する。絶対絶命の状況を救えるのは外部からの救援のみ。対馬から飛び立った日韓空挺団は、果たして間に合うか!?―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大石/英司
1961年生まれ。鹿児島県鹿屋市出身。1986年『B‐1爆撃機を追え』で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 228ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2011/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4125011486
  • ISBN-13: 978-4125011486
  • 発売日: 2011/04
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 324,409位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
このシリーズを4巻まで読んでの感想になるが、この作者には国レベルでの現代戦を
描く技量が既になくなっていると結論せざるを得なくなった。

補給線を無視して縦横無尽に動き回る師団規模の機甲部隊、対応訓練も受けていない
海自のヘリを地上攻撃に投入して大丈夫と思う感覚、航続距離や開発目的を誤解して
いるとしか思えないC−1,C−2に対する言及など、おかしな点は多々あるのだが、
なにより、師団より上レベルに関する描写が全くなく、国レベルでの紛争である
にもかかわらず、全軍での統制・指揮がまったく行われている様子がないことが
読んでいて異様に思える。シビリアン・コントロールどころではなく、果たして
コレは組織として機能してるのか?関東軍だって、ここまで酷くなかったであろう。

例えるなら、社運を揺るがせないプロジェクトに、社長や取締役会の指示が全くなく
課長以下が勝手に相手会社と話を進めてしまうような異様さがあるのだが、作者は
気がつかないのだろうか?

このシリーズの終わりを仮想戦記作家キャリアとしての終わりにしたくなければ、
軍事知識・社会常識を一度立ち止まって再学習するべきだろうと思う。
1 コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
前巻の発行が1ヵ月遅れ、しかも内容が徐々に破綻し始めたので、今巻も予定より1週間遅れの入荷と同時に入手しました。(4月2日)
それから3週間。読み進みに連れて半ば以降は読むこと自体が苦痛になり、読了したときには既に半額以下の中古本が出ているのも納得です。

前巻までは、所謂「ドンパチ」部分はソレナリに面白かった。マンガ的スターシステムでキャラクターを描く、というのも、サザエさん的な
存在(例:サイレント・コアの構成メンバーの階級がそのまま、サザエさんと同じに歳をとらない)と見れば、フィクションエンタメ作品
としては楽しめた。

ところが、今巻はメタメタです。まず冒頭から輸送機C−1の航続距離がギリギリ、なんて記述があるけれど、結局は陽動なので空荷で済む
から、たかがプサン・対馬間の距離は、この機体の性能上、まず問題になり得ない。初手の掴み部分なんで、なんか緊迫感出してみましたぁ、
いう感じ。

本格的にコケたのが、前シリーズからの「竹島奇襲」の黒幕が、実はサイレント・コアのボスの年来の知己だった、というあたりから。「コリア
を一度リセットしたかった」なんて台詞も出てくる反面、その所在の秘密シェルター基地「ハルラ」は、「コンドル」なるインテリジェント部隊が
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 東天 投稿日 2011/4/2
形式: 単行本
今回も地理的な位置関係がよく分からず、面白さも半減です。

しかし、今度の震災をどう扱うかは悩ましいところでしょうね。
全く無視すると現在の日本と乖離していくし、取り入れたとしても、今までの話とすり合わせが大変そう。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 xyz333 投稿日 2013/7/11
形式: 単行本 Amazonで購入
近年注目を浴びる時事をテーマにしており、なかなか興味深い。たら、ればという設定ではあろうが、こういうかたちで日本が関われるといいなと感じさせる内容。ただ半島の方々の感情を勘案すると?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 oxide 投稿日 2011/5/17
形式: 単行本
敵・味方それぞれの人間性の描写があり、それぞれの人間が戦いを演じていて、単純に一方的に味方が
勝利するということで、胸がすくということありません。そのかわり、物語に深く入り込んでしまいました。
物語の展開として1〜3話の続きでいよいよ挽回する場面の中で、それぞれの個人の戦闘がスピード感を
持って進んでいきますので、一気読みをしてしまいました。次巻が楽しみです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック