中古品
¥ 257
中古品: 良い | 詳細
発売元 兄丸
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2011年初版。帯付。/カバー裏表紙上部に軽いヨレがありますが、その他は良好な状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

半島有事〈3〉ソウル・レジスタンス (C・NOVELS) 単行本 – 2011/1

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

北朝鮮軍コマンドに占拠された韓国主要都市。ソウルでは、在韓日本大使と駐在武官らが中心となってレジスタンス組織を結成し、反撃の機会を窺っていた。彼らと合流すべく、在日韓国人からなる義勇兵部隊と陸自特殊部隊“サイレント・コア”が連携して市街へのパラシュート降下を敢行。しかし、三八度線沿いには、発射の瞬間を今か今かと待つ数千門の野砲が!韓国海軍も三八度線沿岸部には近寄れず、自衛隊の参戦は不可能。国連軍も未だ組織されない。奪還か、退却か…。怒涛の第3巻。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大石/英司
1961年生まれ。鹿児島県鹿屋市出身。1986年『B‐1爆撃機を追え』で小説家デビュー。C・NOVELSに著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 227ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2011/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4125011362
  • ISBN-13: 978-4125011363
  • 発売日: 2011/01
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 558,487位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
いよいよ釜山からの北上逆襲開始、一方では、ソウルでレジスタンスの攻防、という緊迫した展開の1冊です。
所謂、ドンパチの場面場面のみを見れば、この作者らしくスリリングで面白い。娯楽として読むなら単純に楽しめます。
ただ、1冊読み終えてから、あれ?というところが多々ありすぎることに気づくのも確か。記述が確実に粗雑になっている。

例をあげれば、「釜山に向かって北上」、とか、「(人民軍が)ソウルに向かった途中で密陽で足止め」、とか。
そして、攻防のひとつの要になっている密陽そのものが、半島地図にも戦況説明図にもない。このところ、必ず、主要戦場
の詳細配置は後付けで続巻に記載される傾向になっています(今回は、ソウル郊外の地図があるだけマシでしたが)。

筆者は、実生活でも防衛大綱のアドバイザー的な役割を果たしている、と個人ブログやメルマガで豪語していますが、
100両からのT-62戦車のアンブッシュについて、詳細配置は事前に察知できていない設定になっている。この数の戦車部隊
なら、支援部隊を含めれば相当の数の兵員や車両が動くハズで、筆者のお気に入りの秘密無人偵察機「天山」など使わずとも
衛星レベルの赤外線カメラや合成開口レーダーで容易に展開察知できる。情報センターとして「コンドル」
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 3巻を読んでいて疑問が生じたので1巻から読み返してみました。
韓国全土の警察・軍隊を混乱・消滅させてしまった北朝鮮特殊部隊の規模と侵入方法が
思い出せなかったからです。

 3巻の記述では、釜山だけで数千人規模の特殊部隊がいるらしいので、韓国全土だと
万単位の特殊部隊が侵入してる計算です。もし工作船で1隻20人運んでも千隻以上が
必要です。ソウルと釜山の間には「たかだか」百台程度の北朝鮮戦車がいるそうですが、
戦車1台とそれを行動可能にする物資を考えると、もはや工作船って規模の話じゃありません。
 リッター数百mしか進まない40トン超の鉄の塊を百台を半島の真ん中にどうやって
持ってきたのしょうか?まさか将軍様の縮地法?

 1巻を読み返えして確認すると、潜入していた工作員+38度線下のトンネルを通って来た
数百人に加えて貨物船に忍んだ数千人が港から侵入したとのこと、戦車はどこから来たか
書いてませんが、38度線で大規模な侵攻があったとも書いてないので、港からでしょうか?
 従来から、対峙する北朝鮮に18万の特殊部隊が存在することも、38度線でトンネルを
掘ってることも知られており、対策が検討されていたはずなのですが、韓国の警察・軍隊
...続きを読む ›
1 コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 xyz333 投稿日 2013/7/11
形式: 単行本 Amazonで購入
大石作品のファンです。近年注目を浴びる時事をテーマにしており、なかなか興味深い。たら、ればという設定ではあろうが、こういうかたちで日本が関われるといいなと感じさせる内容。ただ半島の方々の感情を勘案すると?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック