通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
千葉県謎解き散歩 (新人物往来社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

千葉県謎解き散歩 (新人物往来社文庫) 文庫 – 2011/10/7

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 792
¥ 792 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 千葉県謎解き散歩 (新人物往来社文庫)
  • +
  • 千葉県謎解き散歩 2 (新人物文庫)
  • +
  • 千葉「地理・地名・地図」の謎 (じっぴコンパクト新書)
総額: ¥2,520
ポイントの合計: 60pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

千葉の魅力の一つは、なんといっても海。伊勢エビからクジラ!まで、海の恵みを堪能できる。釣りやサーフィンのポイントが多いのも、人をひきつける大きな要因といっていい。もちろん海のほかにも誇れるものはある。サッカーなら、柏レイソルとジェフユナイテッド市原・千葉のJリーグ2チーム。プロ野球なら、ファンを大切にすることで知られる千葉ロッテマリーンズが君臨する。新しいものと自然や伝統がうまく共存するのが千葉。そんな千葉へ散歩に出かけませんか。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

森田/保
1932年千葉県生まれ。千葉県立美術館副館長、千葉県立中央図書館副館長などを経て、和洋女子大学、江戸川女子短期大学講師を歴任。現在、船橋市文化財審議委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 285ページ
  • 出版社: 新人物往来社 (2011/10/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4404040792
  • ISBN-13: 978-4404040794
  • 発売日: 2011/10/7
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 504,915位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
千葉県民を35年以上やっているが、典型的「千葉都民」で、房総方面はとんと馴染みがない。なので、故郷という感覚は正直薄い。
それでも、見聞きしたことがある話も少しは入っているから、その合間に初めて知った“謎”が出てくると、なかなかに興味深く、つい引き込まれる。

文庫本には珍しい白色度の高い用紙にカラー写真を数多く掲載し、それでこのお値段とは、非常な割安感お得感がある。
それはいいのだが、それぞれの話題が2〜3ページの分量に凝縮され、しかも執筆者に、「文化財審議委員」といったお堅い肩書を持つ、お年を召したひとが多いせいか、文章に“あそび”や“ゆとり”が感じられない。まるで学術論文のような硬直した印象が拭えない。
だが、執筆者の中でひとり飛び抜けて若い方が執筆したコラムでは、千葉のプロスポーツ、千葉が発祥の地とされる事柄、千葉出身の著名人、などのライトな話題が紹介され、よいアクセントになっている。

各項目の並べ方も、歴史の流れや地域のつながりにあまり配慮がされておらず、やや散漫な印象がある。話題があっちに飛びこっちに飛び、脈絡や関連性を捉えづらい構成には、一考の余地があったと思う。
先に触れたコラムも、ページ数の関係からか、取り上げた項目数が少なく中途半端。なぜこの記述がないか、と残念に思うことがあった。
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告