通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
千歳ヲチコチ 7 (IDコミックス ZERO-SU... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに擦傷、折れ等ありますが、その他は綺麗な状態です!!
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

千歳ヲチコチ 7 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) コミックス – 2015/7/25

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 144
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 千歳ヲチコチ 7 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
  • +
  • 千歳ヲチコチ 6巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
  • +
  • 千歳ヲチコチ 5巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
総額: ¥1,911
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 175ページ
  • 出版社: 一迅社 (2015/7/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 475803088X
  • ISBN-13: 978-4758030885
  • 発売日: 2015/7/25
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
4
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
秋風の君を探すため、チコがついに自ら動きだす巻です。これからの展開に期待です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2016/3/29
形式: Kindle版 Amazonで購入
時代物 面白かったです!
ちょっと のんびりした 進行
恋愛、仕事、平安時代がバックですが
身の振り方に悩むのはいつの時代も
同じだと思いました!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
ゼロサム系は書店の在庫数も少なく、数件回っても見つからなかったのでアマゾンで初版が見つかって良かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「舞の中で、最も華やかな番舞です」
と説明を受けたものの、ずっとピンときませんでした。
こういう場面で貴族の子弟などが舞うのか、とようやく納得。
舞の解釈も添えてあり身近に感じることが出来ました。
今なら古典芸能ですが、当時は「ライブ」感覚なんですね。
改めてきちんと舞を見てみたいな、と思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告