中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

千年、働いてきました―老舗企業大国ニッポン (角川oneテーマ21) 新書 – 2006/11/9

5つ星のうち 4.3 70件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 3,288 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

千年以上続く会社は、ここ日本にあった!

日本には創業100年を超える会社が、10万社以上ある。驚くことに、日本以外のアジアの国々ではほぼ例がない。なぜ日本にこれだけ老舗の企業が生き残ったのか? 大宅賞作家・野村進がめぐる、老舗企業の旅。

福原義春(資生堂名誉会長)氏 感動!

「日本には老舗がとても多い。老舗企業は時代の変化に強いばかりか世界の最新技術を支えていると言う。非常に面白かった」



日本には創業100年以上の老舗企業が10万社以上あると推定されている。これほど老舗が多い国は世界でも例がない。本書は特に老舗製造業に焦点を当て、職人集団としての製造業が、どのように生き続けてきたのかを追う。
老舗製造業に共通するのは、時代の変化に柔軟に対応してきた点だと指摘する。例えば、1885年の創業以来、貴金属の売買を手がけてきた田中貴金属工業は現在、携帯電話の振動モーター用に小さな金属製ブラシを製造する。300年以上の歴史を誇る福田金属箔粉工業は、携帯電話の配線基板などに使う電解銅箔を製造している。両社は、長年築いた技術を生かし、時代の要請に応じて新分野に進出している。

一方で、創業以来の家業を頑固に守り抜く面も持つという。呉竹は、液体墨や筆ペンのほか、微粒子分散技術を活用した融雪剤なども製造している。墨の売り上げは全体の5%程度に過ぎないが、墨作りの工房を社内に設け、墨職人の育成も続けている。利益には直接結びつかなくても、「ここだけは譲れない」という意思、理念を受け継いでいると解説する。

「血族に固執せず、よそから優れた人材を取り入れる」「“分”をわきまえる」など、老舗製造業のその他の共通項も明らかにする。


(日経ビジネス 2007/02/19 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)

内容(「BOOK」データベースより)

会社の寿命は何で決まるか?潰れない会社の持続力の源を探る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 239ページ
  • 出版社: 角川グループパブリッシング (2006/11/9)
  • ISBN-10: 4047100765
  • ISBN-13: 978-4047100763
  • 発売日: 2006/11/9
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 70件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,262位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 san-GI7 VINE メンバー 投稿日 2007/1/25
形式: 新書 Amazonで購入
読みやすい本です。それもそのはず。「野性時代」平成十八年一月号〜六月号「千年、働いてきました〜日本の不倒企業」の題を改め、加筆修正したものだと巻末に断り書きがある。

始まりは、世界中で使われているケータイに日本の老舗の技術がたくさん使われているという印象深い話で始まる。読者は飽きることなく夢中で読んでしまうでしょう。

中国進出にまつわる話も、よい面も、問題のある面も両論併記。

また、創業以来の本業は大切にしつつ、培って来た技術を応用して新たな技術を開発する。企業としての「人格」が一貫しているという印象を受けた。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer VINE メンバー 投稿日 2006/11/26
形式: 新書
世界最古の企業は1400年の歴史を持っている。

まったく実感のわかないスケールでの展開に、

興味を抱いて手にとってしまいました。

そして1000年とまでは行かなくても、

日本には創業数百年という企業がごろごろしている事に、

また驚かされる。

世界の中でも特異的な現象だということも本書を読むことにより、

教えられる。

なぜ日本でそのような企業が生まれて引き継がれているのか。

"伝統を守る"という言葉だけでは成り立たない歴史。

時代に合わせて変わる部分と変わらない本業の部分が、

老舗企業に対するインタビューの中で、

ひしひしと伝わってくる。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Avalon VINE メンバー 投稿日 2006/11/11
形式: 新書
世界一古い会社って、どの会社かご存知?

この本によると、それは関西にある「金剛組」。

日本書紀にある難波の四天王寺の建築に携わった会社(!)だそうである。

この会社に寄らず日本には老舗と言われる創業が古い会社が突出して多い。

しかも製造業が。それは、職人を尊ぶ文化的な背景があるという。

老舗と呼ばれる企業を実際に取材した内容で構成されていて、

何故その企業が生き残ったのか、今老舗といわれる企業は何を作っているのか、

何故海外で(特にアジアで)老舗が少ないのか、などが述べられています。

とにかく読んでいて新たな発見がある楽しい本。

ちなみに日本で職人が尊ばれる理由は、古事記の影響なのでは?

日本古来の神様は、全て手に職を持って、みんな働いてますもの。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
○第1章のなぜ日本にTime-honored companyが多いのかの分析は、筆者独自のものもあるかもしれないが、Insightful。

○第2章以降で取り上げられている会社も、伝統工芸をどう残すかを考えているかという会社というより、攻めに出て、新しい分野を開拓した会社について書かれており、学びが多かった。

○文章が、堅苦しくなく一気に読める。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2008/2/5
形式: 新書
内容は面白い。着眼点がいい。一気に読んだ。日本にはそう大きくなくても、世界に誇れる独自の技術力を持っている会社がたくさんあるが、本書はその中から100年以上の歴史を持つ企業に焦点を当てて紹介している。

特に、「伝統は革新の連続」というキーワードは心に残った。実際、本書に出ている老舗企業の多くはコア・コンピテンスを大切にしながら時代に合わせてそれをうまく新たなイノベーションにつなげていることが良くわかる。米国にはイノベーションに関して考察した優れた著作がたくさんあるが、本書の事例はそのようなビジネススクール向けの研究対象としても興味深いケーススタディになるだろう。クリステンセンやポーターや故ドラッカーなら、これらの企業の強さの秘訣や背景をどのように分析するだろうか。少し知りたい気もする。

ただ、本書のタイトルの「千年、働いてきました」というのは本書の19社中でただ1社だけである。ある程度印税を稼ぐことを意識しなければならないことは理解するが、誇張し過ぎない適切なタイトルは他にもある筈だ。100年以上の会社を集めたのだから、どうして正直に「百年以上、働いてきました」にしないのか。本文にこのような誇張はないと信じたいが。この点については、本書の著者は取材した老舗企業の方々の誠実さを学ぶべきだ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー