¥ 8,100
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
千古の流れ―近世神宮考証学 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

千古の流れ―近世神宮考証学 単行本 – 2016/7/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/7/1
¥ 8,100
¥ 8,099 ¥ 3,782
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

式年遷宮の興隆はいかにもたらされたか

20年に1度行われる伊勢神宮の式年遷宮は、戦国時代の120年以上に及ぶ中断や幾度かの延期などはあったものの2013年の第62回まで、およそ1300年にわたって続き、現代でも遷宮年に限らず神宮は毎年800万人前後の参拝者を集めています。
このような興隆は、近世神宮考証学の基礎を築いた江戸時代後期の中川経雅、それを大成した幕末から明治に生きた御巫清直によってもたらされました。
経雅の『大神宮儀式解』『慈裔真語』、清直の『神朝尚史』『御饌殿事類鈔』などの著作を詳細に分析し、内宮と外宮の巨人の事蹟と思想の背景を丹念に考究した大作です。

《主要目次》
●第一編 近世神宮考証学成立の過程(総論)――神宮古典系譜図について――
『神宮古典系譜図』

●第二編 中川経雅の儀式研究
第一章 経雅の『大神宮儀式解』執筆
第二章 経雅著『慈裔真語』について

●第三編 御巫清直の研究
第一章 清直の神宮観――神朝廷論を中心として――
第二章 清直著『神朝尚史』の研究
第三章 神宮常典御饌考――清直著『御饌殿事類鈔』を通して――

補論 御巫清直考証神宮神事絵画について

内容(「BOOK」データベースより)

式年遷宮の興隆はいかにもたらされたか。近世神宮考証学の基礎を築いた中川経雅、大成した御巫清直、その事蹟と思想の背景を丹念に考究する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 546ページ
  • 出版社: 弘文堂 (2016/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4335160836
  • ISBN-13: 978-4335160837
  • 発売日: 2016/7/1
  • 梱包サイズ: 22 x 15.8 x 3 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,284,818位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。vitamin c