中古品
¥ 258
中古品: 良い | 詳細
発売元 zakka cozy cafe
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 経年程度の使用感があります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

千円札は拾うな。 単行本 – 2006/1/20

5つ星のうち 3.3 138件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 47
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「これはこうするもの」「こうやれば得をする」
そんな既存の常識にとらわれたあなたの固い頭を解き放ってくれる、
新しいビジネスバイブルがついに登場です。

累計35万部を超えるベストセラー
『採用の超プロが教える~』シリーズで話題となった、
著者のユニークな戦略や経営哲学、そして人材育成に対する考え方。
その根幹にあるものはこれだったのかと、読む人は目からウロコ。
見えてる人には見えている、新しくて本質を突く内容に、思わずうなってしまうはずです。
若いビジネスマンや経営者はもちろん、ひとりでも部下を持つ人ならぜひ読んでほしい一冊。
頭の固い上司のデスクに、こっそり置いておくのもいいかもしれません。

出版社からのコメント

「成長とは、何かを身につけることではない。何かを捨てることによって初めて、人は成長できる」
という著者のメッセージに、私自身とても感銘を受けました。
この『千円札は拾うな。』という言葉を切り口に仕事や人生を見直してみると、
いまよりももっと豊かで、心地いい毎日が送れるはず。
あなたがこれまで拾っていた「千円札」はどんなものでしたか?
それを捨てることで、どんなことが見えてきましたか?
みなさまからの感想をお待ちしています!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 160ページ
  • 出版社: サンマーク出版 (2006/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4763196804
  • ISBN-13: 978-4763196804
  • 発売日: 2006/1/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 138件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 434,250位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
間違いなく潰れると思う。
ていうかタイトルは全く関係ない。
もしタイトルに惹かれたなら読まないほうがいいだろう。
私は図書館でたまたま見つけて読んでみました。
全ての企業に通じはしないです。
1 コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
●導入

題名に惹かれて本を開く。

・勤勉は悪、努力は報われない
・優秀な人材には仕事をさせない
・彼氏は「彼女がいる人」の中から選ぶ
・自分の給料を下げる努力を

すると中には気になる項目がずらっと並ぶ。
これは 面白そうっ! と思い内容を一読。

フムフム、中々読みやすい文章。

ほほ〜、興味を惹く内容。

そ・し・て

いつの間にかレジにてお金を払っている自分。

De・Mo

●本を読み始めると

読者を煽る(あおる)内容が沢山。
なるほどと思う内容もあれば、納得出来ない事もかかれている。
後者の量が次第に増えていきじわりじわりと立腹していく自分。

●本の終盤

自社の経営方針、自慢話、社員に対してのメッセージ。
こんな事が延々と書かれている。
「自慢話なら、知り合いにでもやってくれ!」
そう心で叫んでしまう。
だけど、残りわずかなので無理して完読する自分。

●完毒後

苦い後味。何だか思いっき
...続きを読む ›
コメント 160人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ワイキューブが民事再生法の適用申請(社長はこの本の著者(2011/03/31))。木村剛氏の小説ペイオフ―通貨が堕落するとき (講談社文庫)も合わせて是非!
1 コメント 119人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者は、1990年に人材コンサルタントの株式会社ワイキューブを
設立し、その取締役社長を務めてこられたことや、著書の『採用の
超プロ~』のシリーズでも著名な方である。ただ、このワイキューブ
は、2011年3月に負債を約40億円抱え、民事再生法の適用申請を
することになった。

本書は、著者の経営観、ビジネス観をまとめたものである。「千円札
は拾うな」という何とも目を引くタイトルであるが、これは、常識を捨て
ることを説いたメタファーとして用いられている。
変化の激しい時代では常識にとらわれることが足かせになること、
長期的な得を取るためには短期的に損を取ることも必要であること、
ビジネスをしていくのにリスクがあることは当たり前であること、
お金は自己投資に充てること等々が書かれ、参考になることも多い。

ただ、他のレビューにあるように、本書に書かれていることは、著者
らしいベンチャー精神に溢れたことが多く、全ての社会人に通用する
かどうかは各自が慎重に読み進めなければならないことだろう。
また、2014年現在から見てみると、やはりワイキューブの倒産という
「事実」が本書の主張の説得力を下げていることは否めな
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
株式会社ワイキューブ、民事再生法の適用を申請、負債40億円
(この時の社長はこの本の著者)。だそうだが、報道によればリーマンの影響と言うが、知っている人は知っている、

リーマン以前に資金繰りが怪しい会社だった事を。

マネジメント、「会社の経営」と言うのは未来の数千億ではなく、
目の前の資金繰り、毎日毎日、地道に千円札を拾うことなのである。

この最低限の原則が行動できなければ採用の超プロを自称しても
組織はバラバラになる。

本社に、バー、ワインセラー、ビリヤード、カフェがあり、
恵比寿支社にはバカラの1500万円のシャンデリア

当時マスコミの脚光と人気就職先ランキングに顔を出す一方
軍隊主義的な社員教育で若手が疲弊している様子もちょくちょく報道された。

哲学的に見せる思索と読者への煽りを入れながら好奇心を満たすこの本のやり方は
まさに新興宗教などによく見られる手法、

この思索を現実で実践していると思えず、離職率の高さもこの本とあいまって
いわゆる、迷いがある人(普通の人間の大部分)を煙に巻いて
マネタイズの兵隊にする実戦本としては有益であるとも言える。

経営者の対外イメージアップ戦略の一環としてこの様な本は定本として
残っていくだろう。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー