4インチネル ロックマン ノンスケールPVC&ABS製塗装済み可動フィギュア

5つ星のうち4.7 6個の評価

在庫状況について
ブランド 千値練(Sentinel)
材質 ABS, ポリ塩化ビニル
商品寸法 (長さx幅x高さ) 14.2 x 16 x 8.1 cm
商品の重量 0.44 ポンド

この商品について

  • 本体サイズ :約10cm
  • 主な製造国 :中国
  • (C)CAPCOM CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED
ホビー商品の発売日・キャンセル期限に関して: フィギュア・プラモデル・アニメグッズ・カードゲーム・食玩の商品は、メーカー都合により発売日が延期される場合があります。 発売日が延期された場合、Eメールにて新しい発売日をお知らせします。また、発売日延期に伴いキャンセル期限も変更されます。 最新のキャンセル期限は上記よりご確認ください。また、メーカー都合により商品の仕様が変更される場合があります。あらかじめご了承ください。 詳細はこちらから

キャンペーンおよび追加情報

  • 《ご注意ください》Amazon.co.jpが発送する本商品を、お客様都合により返品されますと、全額返金できない場合があります。詳しくは、こちらをご確認ください。

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

登録情報

  • Is Discontinued By Manufacturer ‏ : ‎ いいえ
  • 製品サイズ ‏ : ‎ 14.22 x 16 x 8.13 cm; 199.58 g
  • 発売日 ‏ : ‎ 2016/8/31
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日 ‏ : ‎ 2016/4/17
  • メーカー ‏ : ‎ 千値練
  • ASIN ‏ : ‎ B01EFDGMYA
  • 商品モデル番号 ‏ : ‎ SE88242
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.7 6個の評価

商品の説明

Dr.ライト カラ ノ メッセージ デスヨンインチネルガ カンセイシタ! ヨクウゴキ ショウスペース デタノシメテ アツメヤスイ ゾ!

千値練の新ブランド「4Inch-Nel (ヨンインチネル)」とは4inch(約10cm)に千値練の可動ギミックが詰まった珠玉のアクションフィギュアです。「よく動き、省スペースで楽しめて、集めやすい! 」4インチネルシリーズにロックマン登場! カプコン社徹底監修による一切妥協ナシの仕上がり! 魅力的なラインナップでシリーズ続々登場予定!

原型製作:木下 貴雄(イクリエ)

[セット内容]・差替え用ハンドパーツ(左右) ・ロックバスター ・表情パーツ ・専用台座

(Amazon.co.jpより)


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
6 件のグローバル評価
星5つ
67%
星4つ
33%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年1月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2016年9月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 いつもの千値練
ユーザー名: K2、日付: 2016年9月3日
細かい可動とプロポーションの維持の上手さは流石の千値練。
ただ品質や耐久性はちょっと不安なのもやっぱり千値練。

可動プロポーションには文句ありません。
遊んでいても特にストレスを感じず、思ったポーズを簡単に決めれる。特に首がほぼ真上を向く事も出来るので匍匐前進みたいなポーズも決めれるのは素晴らしい。

問題は品質ぐらいで、他の方も言っていますが私の個体にも二の腕ロールのガタつきと肩スイングの左右のズレがあります。
ただ二の腕ロールのガタつきはガタガタする訳ではなく、少し遊びがあるという感じで触っていてきにはならないと思います。
肩スイングは左肩が渋く胴体と干渉してる感じだったので、温めてからスイングパーツを外し、胴体を軽く揉んでから付け直した所だいぶ改善したので問題はありませんでした。

それと本体の話ではありませんが、本体に対して付属の台座がやけにデカイ。
ねんどろいどの台座の4個分はある。
たぶん単体で飾るのではなく2人ぐらいのキャラを一つの台座に飾るように作ってあると思うのですが、それはまた別の商品に付けてロックマンのはもっと小さくして欲しかった。

不良箇所があるなら交換もしてくれるだろうし、興味ある人はとりあえず買ってみても後悔はしない良い商品だと思います。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2016年9月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 関節の調整が必要(サポート対応は良しです)
ユーザー名: cooper-red、日付: 2016年9月1日
4インチネル=約10cmとの事でフィギュア単体としては少し小さめですが、
D-Artsのロックマンと並べて比較したところとほぼ同じ高さです。
D-Arts版のラッシュなどArtsのオプション等と並べたり流用するにはアリかと。
ちなみに初代ロックマンは設定だと人間年齢で10歳前後の身長が139㎝。
他作品のフィギュアと並べてもスケールは合っているかと思います。
レビュータイトル通り関節の調整が必要なようで、その説明をレビュー後半に
長く書いたのでかなりの長文となりますが、興味のある方は気長にお付き合いください。

まず可動域の紹介からですが、肘は110度程度でロックマンとしては必要充分。
肩の引き出しは非常に優秀で正面にまっすぐロックバスターを向けられます。
デザイン上、前腕の膨らみで難しいですが腕組みに挑めるほど引き出しは優れています。
手首は前腕側にボール受けがある球体ジョイントで、そこから伸びる丸軸で接続。
握り拳は前腕部曲面に吸い付くようにグリグリ可動します。
胴体は胸部がボールジョイント接続で前屈・反り・捻りとどれも非常に優秀。
腰にも捻り・前後可動があるので、胸部可動と合わせて胴体可動域は凄まじいです。
腿上げは87度前後と並みですが、股間パーツは軟質で多少の融通は利きます。
股開きなど開脚は優秀で、腿は横ロール軸で捻る事が可能。
首は引き出し二重関節に、後頭部の分割可動も加わり上下に深く可動。
耳部分から軸棒が伸びて頭部を固定する構造で、両耳を引き抜く事で頭部が外れます。
ヒザはふくらはぎの独自可動ギミックがなくとも180度曲がりますが、
ふくらはぎギミックを使えば腿からスネまで、より自然なラインで曲げられます。
足首はダブルボールジョイントで接地性が高いです。
ちなみに同時発売のエグゼと違いバスターの左右付け替えに少し難ありです。
構造的に肘関節の前腕部への軸位置が左右で違うので、左腕用に軸穴調整された
ロックバスターを右腕に差し込むとバスターが外側に少しズレてしまい、
奥まで嵌めようとすると破損を招く可能性があるので少し手前で止めましょう。

D-Artsではスネが大きいなど、造形も災いしてスライディングがイマイチだったりしましたが
今商品は造形も関節も洗練され優秀。ゲーム内やイラストのポーズのほぼ全てが再現可能。
しかも無理なく自然なポージングによる再現が可能で感嘆しました。
プロポーションや顔のデザインなどD-Artsに比べてロックマンシリーズの中でも
担当デザイナーが変わる前の7までのデザインに近く、個人的にはストライクでした。
ちなみにエグゼのエリアパネルを模したスタンドがそのまま付属します。
公式スタッフブログにスタンドのアレンジの仕方が紹介されていたので
興味のある方は覗いてみて下さい。添付写真のようにする事が出来ます。
   *              *             *
先述の通り、以下は関節の不具合・調整に関するレビューとなります。
まず修正が簡単な部位から挙げていきますが、股関節のボールジョイントは
左が固かったので湯煎で温めてから動かしたら改善されたので
PVC素材同士による軽い癒着だったようです。
次に最大の難関となるであろう肩関節ですが胴体側の前後スイング機構が
各所報告によると癒着している個体が多いようです。
また症状は癒着だけではなく干渉・緩みなど個体によってバラつきもあるようです。
私の個体は右関節が癒着していたので湯煎したのですが完全には改善せず。
試行錯誤した結果、どうやら癒着の他に成型不良による干渉か、
スライド部分への塗装の厚みによる干渉も併発している可能性があるようで。
ですので再度温めてスライド受け口が一時的に柔らかくなっている時に前に引出し、
背中に隙間が出来た所で適当な棒を差し込み、破損させないよう気を付けながら
テコの原理で外し、干渉部位と思われる箇所を削り改善しました。
用心して潤滑剤(代用でメンソレータム)を塗布し滑らかに動くように調整。
ちなみに肩や上腕の保持力は低めで、肩と上腕ロール軸は接合部の
擦り合わせ精度が低くて僅かにガタつき、さらにパーツが小さく強度が低いです。
雑に扱うと上腕ロールの軸棒は楊枝程度の細さで長さも3mmくらいしかなく、
接合の甘さで可動の際に歪み、軸穴に負荷がかかる事で徐々に消耗していきます。
肩もBB弾を3枚に下ろしたような極小関節で接合の擦り合わせも甘いです。
同様に可動の際の負荷で接合部を頻繁に歪ませると劣化を早めまうので注意。
可動させる際は肩と上腕接合部を指で挟み、歪まないように固定してから動かすと
関節への負担がかなり軽減されるので気を付けて扱うのをオススメします。

取説用紙はなく、パッケージの蓋を開けた時の耳?部分に写真説明ですので
片側しか開封しないなど、人によっては気づきにくいですね。
関節パーツの精度・量産品質に難ありですが塗装の品質は非常に良く、
自身で関節の調整さえ出来れば完成品・模型ともにロックマンの立体物の中で
トップレベルの可動域とプロポーションを兼ね備えているので私は非常に気に入りました。
個体差もあるので計りかねますが、当たりハズレで評価は割れそうですね。

*追記:同社・同時発売のエグゼに修復不能な不具合があったので
初期不良と判断しサポートに連絡、交換を願い出たので
その件の対応について記述。対応が非常に良かったので評価を修正しました。
内容に関しては不良部位(ヒザ)を申告したところ即座に「右足を送ります」との事。
ちなみに不良部位の返送は必要はないそうで電話後の手間はないです。
不良部位が多く本体全ての交換を願い出た時は対応も異なり、
手元の商品を梱包し直して返送する手間が発生するかもしれませんが、
対応は良かったので、今商品もお手上げな不具合がみられたら連絡しましょう。
ちなみに本体交換ではなくパーツ交換の対応に不安のある方は
自身によるパーツ交換に自信がない等、その故を伝えた方が良いかと。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2016年12月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入