通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
十蘭万華鏡 (河出文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

十蘭万華鏡 (河出文庫) 文庫 – 2011/2/4

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 269

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 十蘭万華鏡 (河出文庫)
  • +
  • パノラマニア十蘭 (河出文庫)
  • +
  • 十蘭レトリカ (河出文庫)
総額: ¥2,463
ポイントの合計: 59pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

フランス滞在物、戦後世相物、戦記物、漂流記、古代史物…。華麗なる文体を駆使して展開されるめくるめく小説世界。「ヒコスケと艦長」「三笠の月」「贖罪」「川波」など、入手困難傑作選。

内容(「BOOK」データベースより)

パリ滞在に材をとった西洋読物、大戦後の世相小説、古代史物語、幕末物、戦記物…。痛快無比の傑作群。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 320ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2011/2/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309410634
  • ISBN-13: 978-4309410630
  • 発売日: 2011/2/4
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 336,308位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
現在刊行中の久生十蘭全集はコレクター向きの値段で、一般人にはそう簡単に手を出せるようなものではない。かといって、これほどの作家ならばもっと読まれていいはずだ。ならば、現在手に入りやすい短篇を除いて、比較的入手困難なものを集めた短篇集を出して行こう。もし河出文庫の気概がこれくらいのものであるならば、私は本書をもう二冊くらい買って応援する用意がある。そして、さらなる短篇集を期待したいところだ。

昨年同文庫から出た『ジュラネスク』には短篇が10篇収められていたが、今回の文庫には12篇が収められている。値段を考えれば、良心的な数である。また、12篇とも30頁前後の長さで、うまく並べたものだと思う。バランスが非常に良く、リズム良く読み進めることができる。また、これらの短篇群は、他社の文庫に入っている作品とくらべると、やや地味かもしれない。ところが、丁寧に読んでみると、どれ1つとして緩慢な作品がないということに気づかされる。このことは、十蘭作品の質の高さを物語っているといってもよいだろう。

個人的には、「雲の小径」という作品が傑出していると思った。まず、冒頭の2段落(231頁)が絶妙である。十蘭は、この冒頭部分に、ほぼ同じ意味合いの「曖昧」「模糊」「濛気」「溷濁」という4つの言葉を意図的に配置し、このあとの展開で夢と現実のあわいが文字通り曖昧模糊にな
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 どこからともなく漂ってくる異国情緒(あるいは、異世界情緒、と言うべきか)の風と、語り物(たとえば、落語や講談)を思わせる軽妙な語りがあいまって、独特な世界が立ち上がってくる。軽い紹介しかしないが、冒頭に配された「花束町一番地」、その語り出して間もない箇所を引用しよう。

うるさい親爺やおふくろばかりではない、お嬢さんたちはいろいろなものを岸壁へ残して行く。/そういう花々しい船が出帆した後で、波止場人足が妙なものを岸壁で拾った。あまり可笑しな恰好をしているので、それをある物識に見せたら、これは貞操帯という格別なもので、ザラには落ちていぬものじゃと仰言った。

 こんな作品を残した作家がいたなんて! 顔がほころんでくるのは、気のせいだろうか?
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一学徒 投稿日 2013/7/26
形式: 文庫
本書も珠玉の名編揃い。とはいえ、いささか習作的な作品も混じっているように思われる。
「川波」はパノラマニア十蘭所収の「巴里の雨」のバリエーションであるが、後者の方が重層的であり、読み甲斐がある。
ただしラストシーンは映画タイタニックを彷彿させる川波の方が私は好きだ。
最後の「一の倉沢」は、例によってラストをすぱっと放り出してあるのでストーリーは物足りないが、主人公の状況と心理描写だけで読ませてしまうのは流石といえましょう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック