通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
十年ひと昔 田舎暮らしの風景 がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 てしまSTORE
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版本。カバーに傷み、ヤケ、ヨゴレがございます。アルコール除菌後、防水梱包を行い迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

十年ひと昔 田舎暮らしの風景 単行本 – 2014/7/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2014/7/1
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,009

booksPMP

【期間限定】書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME03」を入力すると最大10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容紹介

定年退職後、八ヶ岳山麓で田舎暮らし十余年の筆者が、ある時は新住民として田舎の風景を眺め、またある時は土地の人として身勝手な新住民の論理にあきれたり、田舎暮らしの虚と実を報告する。〈br〉田舎暮らし志向の中心となっているのが団塊の世代。十余年後の風景を想像すると高齢化社会の壁が立ちはだかる。都会への逆Uターン現象が起きるのではないか。〈br〉脱都会という田舎暮らしの現実見聞と、これから田舎暮らしをめざす人への参考書でもある。

著者について

丸山泰彦:早稲田大学第一文学部哲学科卒業後、朝日新聞社入社。取材記者として水戸、千葉、福岡、東京、札幌、福島などを転勤。1999年、定年退職後、八ヶ岳(山梨県)山麓で野菜づくり。著書に『怒りの時代 困民党始末』(近代文藝社)、『太田家系譜異聞 ある柳河藩士の風景』、『風の果て ―維新残映―』(さんこう社)など。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 238ページ
  • 出版社: さんこう社; 初版 (2014/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4902386631
  • ISBN-13: 978-4902386639
  • 発売日: 2014/7/1
  • 商品パッケージの寸法: 1.5 x 13.5 x 20 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,110,170位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう